目の前に流血者が!! 覚えておけば止血できる ドライバーが修得すべき止血法


 物騒な凶悪事件が頻発しているなか、「もし目の前で血を流している人がいた場合どうするか」という知識は、案外知られていない。もちろんそんなケースはないにこしたことはないが、万が一ということもある。知っていれば救える命がある。本稿では、もしかして目の前に血だらけの人がいた場合どうすべきか、クルマを運転する機会が多い人は知っておいたほうがいいのではないか、という観点で、緊急時の止血法を紹介したい。

文/照井資規(元陸上自衛隊衛生官)
写真/照井資規、AdobeStock(アイキャッチ写真:Adobe Stock@Paylessimages)

【画像ギャラリー】ドライバーが知っておきたい止血法を画像でチェック(19枚)画像ギャラリー

ドライバーの活躍が救命に貢献したラスベガス銃乱射事件

 多数の負傷者が発生する状況では、すべてのドライバーは救命の鍵を握る「Immediate Responders(直ちに救命の手を差し伸べる人)」である。災害時に輸送手段を持つ人が救命技術を備えることがいかに重要であるか、そのことを筆者は2019年11月に現地で世界中の救急医療の指導者を集めて開催されたITLS High Threat course(※)を受講することで確信した。

災害時に輸送手段を持つ人が救命技術を備えることが重要となる

 アメリカ合衆国で2013年4月に発生したボストンマラソン爆破事件(図参照)では、自分で動ける軽傷者が直近の病院に集中してしまい、重傷者は遠方の病院に救急車で運ばざるを得ない事態となった。

 2015年7月1日にハートフォードコンセンサス第3勧告書が公表されて以降、突然死や外傷死の救命における市民の役割はこれまでの「By Stander(傍にいる人)」から先の「直ちに救命の手を差し伸べる人」へと大きく変わり、同年10月5日よりホワイトハウスからの通達によりStop the Bleed(致命的出血への止血教育)キャンペーンが開始され、毎年3月31日を「NSTBD:National Stop The Bleed Day」として定め、全アメリカ国民が学校や教会などで救命について学ぶ日となった。

 2020年はコロナ禍で3月31日にNSTBDを行えなかったが、5月22日に日程を変更して実施した。それほど重要なイベントである。ボストンマラソン爆破事件から5年後、2018年11月に発生したラスベガス銃乱射事件では、軽傷者は自ら救急処置を行い私有車に相乗りで遠方の病院に向かった。救急車で運ばれる重傷者のために近傍の病院を空けるためである。災害時にドライバーが何をすべきかを実証したテロ事件であった。

■日本に最も必要な意識改革

 救命できる出血の中で80%は診療資格の有無に関係なく、誰でも行える「直接圧迫止血法に持ち込む」ことによって「出血を制御」することができる。

 治療しなければ止められない出血であっても、様々な止血法を組み合わせ正しく直接圧迫止血法へと持ち込むことができれば、治療を受けるまでの間の時間を稼げるため、止血ではなく「制御」と表現される。

 軽傷者が時間を稼いでいる間に重傷者が優先的に救命治療を受けることができる。この処置や公共の考え方を「By the time(時間を買う)」と言う。

 ドライバーが80%を占める止血を自ら行えて、自分の車で運ぶことができるのであれば、現場近傍の病院は残りの20%の重傷者の治療に専念できる。しかも軽傷者が一斉に病院に押しかけず、重傷者は現場で処置を受けてから1人ずつ運ばれてくるのであるから、病院は治療能力を最大発揮できる。最近ではこのことを「triage(傷病者の選別)」と考えるようになった。

 日本ではコロナ禍でトリアージと言えば「命の選別」のような悲壮なイメージで語られ、医療ドラマでは現場で医師がタグをつけて回る姿が描かれる。しかし、アメリカ、フランス、ヨルダン、南アフリカで危機対応の取材をしてきた筆者が実感する「トリアージ」とは、軽傷者には市民自らが「命の急を救う」救急処置を行い、出来る限りの努力をして治療を必要とする重傷者を医師の手に委ねるという、前向きで積極的な当事者意識と姿勢である。救急隊員は市民による救急処置に応じて専門技術を以て病院までの命を繋ぐ、故に救急隊員が行うものを「応急処置」と言う。

 最近は現場に歯科医師であるDER:Dental Emergency Responder が駆けつけるようになり、外科的気道確保や麻酔などの「応急治療」により救命率の向上に努めるようになった。

 今回はドライバーが行える止血法について解説するが、自らできる限りのことを行い、時間を稼ぎ、重症者のために病院を空けるという考え方は、外傷に限らずコロナ禍にも共通する、災害大国日本で今、最も求められる意識改革だ。

次ページは : ■交通事故関連の出血部位と推定出血量