熱中症を防げ!! 調子が悪くなったら飲むのは水よりオレンジジュース

熱中症を防げ!! 調子が悪くなったら飲むのは水よりオレンジジュース

 暦の上では立秋を過ぎていても、まだまだ暑い日が続く日本列島。この季節に注意しなければいけないのが「熱中症」だ。「クルマにはクーラーがついているから大丈夫」と油断めさるな。車内熱中症、けっこう頻繁に起こっています。ドライブ中は水分補給を欠かさずに。自分だけでなく同乗者にもご注意を。もし「これはまずい」となったときのために、本記事をご一読しておいてください。

文/照井資規(元陸上自衛隊衛生官)
写真・スライド/照井資規、Adobe Stock(アイキャッチ写真:Adobe Stock@奈津子 川上)

【画像ギャラリー】熱中症の分類から経口補水液の作り方まで! 医師監修の熱中症対策をギャラリーでチェック!!


■車内ほど環境管理が重要

熱中症、屋外だけでなくクーラーがつく車内でも油断はできない(Adobe Stock@あんみつ姫)

 英語ではHeat can kill(熱中症は死にかねない)と注意喚起のポスターが貼られるほど熱中症は命に関わる。車体が金属製で空間が狭い自動車内は、特に環境が変化しやすいため屋内よりも注意が必要だ。一般的に、環境が身体に与える影響では、

気温が高く湿度も高い状態
気温が低く湿度も低い状態
 が最も危険であるから
「高い高い、低い低いは危険」と憶えておく。

 2019年の7月1日~8月18日、東京23区内で熱中症による死者数が101人となった。その90%が65歳以上の高齢者。死亡例のうち90%以上が屋内で確認されたものだ。年代別では70代が42人と最多で、次いで80代が31人。屋内で死亡していた94人のうち40人が冷房設備のある部屋にいたが、そのうち38人は冷房を使用していなかった(東京都監察医務院)。

 冷房は身体に負担がかかるため、冷房を避けたがる高齢者ドライバーは多い。しかし図「SARS-CoV-2・インフルエンザウイルスの感染リスク特性」にある環境管理温・湿度計を用いて観察してみると、高齢者のほとんどが熱中症危険ゾーンの環境で過ごしていることが判る。高齢化すると暑さ、寒さの感覚が鈍化するためだ。

SARS-CoV-2・インフルエンザウイルスの感染リスク特性(筆者作成)

 就寝前にエンジンを切り冷房を止め、寝ている間に車内気温が上昇、熱中症になっていることに気づかずに死亡するおそれがあるため、感覚に頼らず環境管理温・湿度計を用いて車内環境管理をすることを推奨したい。適切に温度・湿度を管理することは感染症対策の効果も大いにあるため、習慣づけることが望ましい。また、車内は家屋よりも遙かに速く暖まりやすく冷えやすいという意識に乏しいことが、子供の車内放置による死亡の主な原因となっている。

 新型コロナウイルス感染症対策としての冷暖房と換気の併用については、二酸化炭素濃度測定器を用い表「二酸化炭素濃度 警告表示 基準値」を参考に換気を行う。警報音で換気のタイミングを知らせてくれるので大変便利であると共に、満員乗車の車内では意外と酸素が薄くなることに気付くようにもなる。換気不足はドライバーの脳の働きにも影響するため、コロナ禍を安全運転のための換気を意識づけるきっかけにすべきだ。

二酸化炭素濃度 警告表示 基準値(筆者作成)

■熱中症が運転に及ぼす影響

 図「熱中症の4分類」にあるように「熱中症」には4種類あり、軽症の熱失神でも運転に大きな影響を及ぼすため、予防が極めて重要である。

熱中症の4分類(筆者作成)


熱失神
 人体は血液の循環により体温の調節を行っている。体温が上がると放熱の効率を上げるため、皮膚の下にある血管が拡張し流れる血液の量が増える。体表面への血液の量が増えれば相対的に脳への血流が減るため、脳への十分な酸素の供給がなされなくなり、めまいや立ちくらみを起こしたり、意識を失うことがある。

熱疲労
 著しく体温が上昇する場合は、血液循環に加え、汗をかくことによる体表面の水分の蒸発により効率よく体温を下げようとする。1時間に1L以上の汗をかく場合に、水分の補給が汗をかく量に追いつかなくなると、身体が脱水状態になり電解質の異常をきたす。このことで頭痛、全身倦怠感、悪心、嘔吐などの症状が現れる。

熱疲労と熱射病の違い(筆者作成)


熱けいれん
 大量に汗をかいた時、水分とともに電解質も失われる。その中で最も失いやすいものはナトリウム(塩分)である。ナトリウムには筋肉の収縮を調節する役割があるため、汗をかいた時に、塩分を補給せず、水分のみを補給して血液のナトリウム濃度が低下した場合、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんを引き起こすことがある。

熱射病
 熱中症の最重症の状態。熱失神などに適切に対処しなければ、熱射病へと進行する。体温の更なる上昇のため身体の体温調整機能が破綻した状態になる。体温は細胞が破壊される温度にまで急速に上昇し、意識障害やショック状態、死に至るおそれがある。

トイレでチェック! 熱中症の重症度の見分け方

尿の色による脱水リスクと適切な水分補給量の判定(筆者作成)

 図の尿の色による判定を参考にトイレ休憩の度にチェックすることを習慣づけたい。熱疲労と熱射病の比較図にあるとおり、汗と尿が出ている間に対処すべきだ。肌が熱を帯びて乾燥している時は致命的な状態なので一刻を争う。

次ページは : ■環境面で注意すべきこと

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ