武骨上等!! SUVはもの足りない…令和に残る骨太なお薦め国産クロカン3選

クロカンは絶滅危惧種じゃない!! 骨太なクルマに乗りたい人のための国産クロカンのすすめ

 90年代に巻き起こったクロカン(クロスカントリー)ブームはいつの間にやら終焉を迎え、今や、SUVやミニバンが台頭し、クロカンというカテゴリーは影のうす~い存在に……。

 しかし! どんな悪路も難なく突き進み、市街地でもスポーツカー顔負けの力強い走りを見せてくれる。そんなマルチで骨太なクロカンの魅力は捨てがたい。ランクルが超ロケットスタートを切ったことからも、まだまだ潜在的なクロカン好きは多いはず。今回は、逆境にもめげることなく頑張っているクロカンをピックアップ。その魅力を改めて考えてみたい。

文/藤原鉄二、写真/スズキ、トヨタ、Jeep(FCA)、ジャガー・ランドローバー・ジャパン、メルセデスベンツ、FavCars.com

【画像ギャラリー】頑張れクロカン!! 奮闘するのはランクルだけじゃない!(24枚)画像ギャラリー

クロカンとSUVの違いは?

クロカンは絶滅危惧種じゃない!! 骨太なクルマに乗りたい人のための国産クロカンのすすめ
岩などに接触してボディや足回りが破損したとしても、破損個所を載せかえれば問題なし。この堅牢さがクロカンの魅力

 本来は、街乗りも考慮されているSUVとは異なり、クロスカントリー車はあくまでもオフロード走行のために設計されたクルマ。

 なかでもクロカンの必須条件は、ラダーフレームと言われている。ラダーフレームとは、ハシゴのような形状を持ったフレームにエンジンやサスペンションなどを取り付け、その上に車体を載せる構造だ。とてもシンプルなしくみで、もともとはすべてのクルマがラダーフレームを採用していた。

 ラダーフレームのデメリットは、ボディ、フレーム、駆動系シャシーが別々のために構成部品が多く、生産工程も増えることから、生産コストがかかるという点だ。

 そのいっぽうで、ボディが損傷しても、フレーム自体に問題がなければ、ボディのみを交換すれば走行ができる。極端な話、足まわりを損傷しても、床に穴が空いたとしてもフレームさえ無事ならば損傷した部分のみを交換すれば走行できるのだ。この堅牢さが大きなメリットだ。それゆえ、いまだダカールラリーなどのタフなシーンでのラダーフレームの使用率は高い。

 しかし、近年ではラダーフレームを採用する量産車はごくわずかとなっていて、ほとんどはモノコックフレームを採用している。

 ちなみに、モノコックフレームとは、独立したフレームを持たず、シャシーとボディが一体化した構造。軽量さと剛性を両立できる、フレーム全体で衝突時の衝突を吸収できるといったメリットを持つ。ただし、どこかに強い衝撃が加わるとボディ全体に歪みが生じる可能性が高いというデメリットがある。

クロカンではいまだディーゼルエンジンが人気のワケ

クロカンは絶滅危惧種じゃない!! 骨太なクルマに乗りたい人のための国産クロカンのすすめ
ランドクルーザーは今回のフルモデルチェンジでディーゼルエンジンを復活させた。強大なトルクと高い環境性能とを両立させたクリーンなディーゼルエンジンに注目が集まる

 オフロードでは、スピードよりも悪路を力強く突き進めるパワーが重視される。そこで重視されるのがトルクのあるディーゼルエンジン。ディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりも低回転から強いトルクを発生させることが可能なため、低速でもラクに悪路を走破することが可能となる。

 こうした理由から、昔からのクロカン好きの間では圧倒的にディーゼルエンジンの人気が高い。

 ディーゼルエンジンと言われると、この脱炭素の時代に! と目くじらをたてる人も多いかもしれないが、近年では、低燃費・低排出ガスのクリーンディーゼルエンジンが開発され、搭載しているクルマも増えているため、以前ほど、ディーゼルエンジン=悪というイメージは払拭されている。

 ここからは、絶滅危惧種と言われるなかで奮闘する、いま新車で購入できる国産クロカンの魅力を探っていこう。

次ページは : スズキ・ジムニー&ジムニーシエラ(2018年7月~)