センスいいね! と言われること間違いなし!! ほんとに”かっこいいクルマ”4選

センスいいね! と言われること間違いなし!! ほんとに”かっこいいクルマ”4選

 派手なとんがったクルマはなんとなくオラオラ感があって、お世辞にも洗練されているとは言えない……と、思っている人は多いのではないだろうか? そんな人たちが求めているのは、控えめながら、見る人が見ると「おっ!」と思ってくれるようなクルマではないだろうか。

 ここでは、「センスいいね」、「わかってるね」と思われること間違いなしの、埋もれがちだが、キラリと光るものが感じられるクルマを厳選。好みの一台探しに苦労している人は、候補車として考えてみてほしい。

文/藤原鉄二、写真/スズキ、ホンダ、マツダ、FavCars.com

【画像ギャラリー】センスが光る! かっこいいにはワケがある!!(29枚)画像ギャラリー

スズキ クロスビー(2017年~)

センスいいね! と言われること間違いなし!! ほんとに"かっこいいクルマ"4選
2トーンのボディカラーが目を惹く。カラバリひとつとってもセンスの良さを感じる

 遊べる軽クロスオーバーSUVとして登場したハスラーが人気を博すなか、2017年に登場したのが小型クロスオーバーワゴン、クロスビーだ。プラットフォームはソリオ/ソリオバンディット、イグニスとの共有。外観はハスラーを彷彿とさせるが、ハスラーとのメカニカルコンポーネントの共有はない。

 販売台数はライバルと言われることが多いトヨタ ライズには及ばないものの、アベレージヒッターとして、登場以来、安定したセールスを持続している。

 クロスビーのお薦めポイントは、見た目以上に広い室内空間だ。特に、室内長の長さが魅力で、片側シートのみ倒してサーフボードや家具などの長尺物を積載することができる。この使い勝手の良さは秀逸だ。オプションでベッドクッションを購入すれば、快適に車中泊を楽しむこともできる。

 エンジンは、スズキ初となる1.0リッター直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせ。レスポンスが良く、場所を問わずストレスを感じずに乗れるエンジンだ。

 また、最低地上高は180mmを確保。この雪道やラフロードでも安心して走れるゆとりのロードクリアランスもアウトドア派のユーザーにとっては心惹かれるポイントだろう。

 可愛らしいエクステリアデザインは女性に好評だ。また、2トーンルーフ6色、モノトーン3色に加え、ルーフとドアスプラッシュガードのカラーパネルを組み合わせた3トーンコーディネート2色、全11パターンからボディカラーを選べるという点もセンス重視派ユーザーの心を掴んでいる要因だろう。

 街乗りからアウトドアフィールドまで、幅広く使えてスタイリッシュ。クロスビーの販売が堅調というのもナットク!

次ページは : ホンダ e(2020年~)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ