オデッセイ、シャトル、CR-V、レジェンド…さようならホンダの名車たち5台の功罪

さようならホンダの名車たち  生産終了した5台の功罪 ーインサイト、CR-V、シャトル、オデッセイ、レジェンドー

 2021年から2022年にかけてホンダは販売車種の再編を進め、かつて時代を築いた名車たちもひっそりと姿を消すことになった。その理由はさまざまだが、それぞれが自動車史の中で大きな意味を持ったクルマであったことは間違いない。

 今回は、惜しまれながらも生産終了が決まったホンダの5車種を振り返ってみよう。

文/入江凱、写真/ホンダ、トヨタ

【画像ギャラリー】姿を消すには惜しすぎる! ホンダの名車たちをもっと見る(14枚)画像ギャラリー

ハイブリッドカーの可能性を追求した「インサイト」

さようならホンダの名車たち。姿を消した5台の功罪
今回生産終了が決まった3代目インサイト。完成度は高かったが、価格が前モデルよりもアップ。それが低迷の一因となったことは否めない……

 初代ホンダ インサイトは1999年、ライバルとなる世界初の量産型ハイブリッドカープリウスの発売から2年後に販売が開始された。
 
 当時の開発目標は「低燃費世界No.1」。その目標を達成するため、世界初の量産アルミボディを採用したNSXの経験を活かした新骨格軽量アルミボディ、「まず第一に空力ありき」と言われるほどエアロダイナミクスを追求したスタイリングを採用。その言葉通り、量産ガソリン車で当時世界No.1の低燃費35km/L(10・15モード、5速MT車)を実現した。

 ファミリーユースを想定したプリウスに対して、走る楽しさと環境性能の両立を目指したインサイトは、2シーター、リアホイールスカートなどを採用し、よりスポーティなハイブリッドカーというアプローチで、ハイブリッド車の新しい在り方を開拓した。

 今回生産終了が決まった現行のインサイトは、2018年に登場した3代目モデル。「時代に流されないクルマの本質的な魅力」を追求した上質なミドルセダンへと変貌を遂げたモデルだ。

 シンプルながら上品な内外装、1.5リッター DOHC i-VTECエンジンと、モーターによる駆動を基本としながら、シチュエーションに応じてエンジンを始動するシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の組み合わせ、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を標準装備するなど、走り、デザイン、安全装備など、すべてにおいて抜かりなしの出来だった。

 その結果として価格は335万~372万円と、初代の210万円、先代となる2代目の189万円~221万円と比較して大きく値上がりしている。

 この割高感が仇となったのに加え、昨今のセダン人気の低迷も追い打ちとなり、販売状況は決して好調なものとは言えなかった。そして遂に、2022年をもって国内での販売終了が発表されることとなってしまった。

RAV4とともにクロスオーバーSUV市場を盛り上げた「CR-V」

さようならホンダの名車たち。姿を消した5台の功罪
最終モデルの5代目CR-V。CR-V初となる7人乗り3列シート仕様車も設定された。取り回しの良い、使い勝手の良いクルマだった

 CR-Vは1995年、初代オデッセイに続いて「生活をより楽しく大きく豊かに広げていけるクルマ」を目指した「クリエイティブ・ムーバー=生活創造車」の第2弾として登場した。

 車名の由来はComfortable(快適な)、Runabout(自由に走り回る)、Vehicle(乗り物)の頭文字を取ったもので、セダン同等の快適性能、ワゴン並みのユーティリティスペース、クロカン4WD車に匹敵する機動性のすべてを満すことを目指して作られた、なんとも贅沢なクロスオーバーSUVだった。

 特に話題となったのは、ステッキ式のパーキングブレーキを採用することで実現したセンターウォークスルー。また、フルフラットにもできる多彩なシートアレンジも好評を博し、ライバルであるトヨタ RAV4とともにクロスオーバーSUV市場を盛り上げた。

 その後、三度のフルモデルチェンジを行ったものの、初代の販売台数には遠く及ばず、2016年には日本での販売を終了した。

 2022年で生産終了が予定されている現行型の5代目は、海外での発売より2年も遅れて国内に投入された。ハイブリッドモデルに加え、専用開発のターボチャージャーを採用した1.5リッター直列4気筒 直噴DOHCターボエンジンを搭載したガソリンモデルを設定、CR-Vで初となる7人乗り3列シート仕様も用意されるなど、力の入った一台だった。

 しかし、巻き返しはならず! 日本自動車販売協会(以下自販連)の乗用車ブランド通称名別順位(軽自動車および海外ブランドを除く)によると、販売開始された2018年8月以降、上位50車種の中にいたCR-Vは翌2019年7月には圏外へと姿を消している。

 CR-Vが生産終了すると、ホンダのSUVカテゴリーでの選択肢はヴェゼルのみとなってしまうのはなんともさみしいかぎりだ……。

次ページは : 絶妙なサイズ感で安定した人気を誇った「シャトル」

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ