ニッポン人もびっくり! 知られざるトラック大国インドはエネルギッシュな市場だった!

ニッポン人もびっくり! 知られざるトラック大国インドはエネルギッシュな市場だった!

 インドは、年度によって変動はあるものの、中大型の販売台数は日本の3倍~4倍といった規模の巨大トラック市場だ。

 10年ほど前に訪れた際は、そのトラック事情に衝撃を受けた。

 手づくりの木製キャブ、ヒンドゥー教などの神々に由来するという原色の派手なボディの装飾もさることながら、追い抜くときはホーンを鳴らし、パッシングをかますのがルールでありマナーであるという、日本人には信じられないようなカルチャーショック! 

 しかも、都市部でも信号がない道路には人があふれ、しかも野良牛に野良ヤギ、犬やニワトリ、猿まで道路にはみ出してくるのだ。

 そんな道路を「われ先運転」「スピード命」「譲り合いなどクソ喰らえ!」とばかりにホーン連打で突っ走るのがインドのトラックの流儀なのである。

 そんなハチャメチャな、よく言えばエネルギッシュな国がインドである。さぞやトラックも元気印に違いない。

 トラックに詳しいフリーランスの緒方五郎氏にインドの主要メーカーのトラック事情をレポートしてもらった。

文/緒方五郎 写真/インドの各メーカー
*2020年9月発行トラックマガジン「フルロード」第38号より

【画像ギャラリー】中国に迫るもうひとつの巨大トラック市場! インドのトラックメーカーを大特集(16枚)画像ギャラリー

■インドのトラック事情

 インドも古くから自動車産業があり、多くが財閥など地場の大資本傘下である。

 中大型トラックメーカーとしては、タタ、アショク・レイランド、アイシャー、マヒンドラがあり、外資系ではバーラト・トベンツ(ダイムラー)、合弁企業ではSMLいすゞ(中型以下のみ、旧スワラジマツダ)がある。

 インドではGVW(車両総重量)16.2t以上が大型、GVW7.5~16.2tが中型、GVW7.5t未満が小型に分類される。

 車格に対してエンジン排気量・出力が小さめないっぽう、排ガス規制は、10年からBS3(ユーロⅢ相当)が導入され、一部都市でBSⅢ(同Ⅳ相当)を導入。

 17年から全土に「Ⅳ」が適用されたが、20年から「Ⅴ」をスキップしてBSⅥ(同Ⅵ相当)を施行するなど、急速に規制値を強化しており、日本や欧米のクリーンディーゼル技術の導入が相次いでいる。

 最新モデルでは、コネクティビティの導入が始まっているが、安全装備はまだまだ未整備。キャブ設計も古いものが多い。

 フロントパネルのみの裸シャシーから地場製作のキャブを架装する独特の文化もあり、仕様装備面では日米欧に比べると依然遠く(エアコンもない)、車両価格の低さが重視されている。

■商用車市場最大手のタタ(TATA)

 タタ・モータースは、インドの三大財閥・タタグループ傘下の自動車メーカーで、中大型トラックは4~5割ものシェアを占めており、商用車市場では最大手である。

 前身は、タタが1945年に設立した機関車製造会社・テルコで、54年にダイムラー・ベンツと業務提携し、3.5t積トラック・L3500の現地生産を開始した。

 69年以降はメルセデスの小~大型車のライセンス生産へ移行し、2007年まで提携関係が続いた。

 現行モデルの多くは、70~80年代のメルセデストラックのタタブランド車を改良し、BS Ⅵ規制適合エンジンを搭載したモデル(テレマティクスも導入されている)である。

 いっぽう、2004年に韓国のトラックメーカー・大宇商用車(現・タタ大宇)を買収、タタ大宇で開発された大型トラック「プリマ」は、インド市場でもプレミアムトラックとして展開している。

 14年には、次世代小中型トラック「ウルトラ」を発表、半世紀に及ぶメルセデス系プラットフォームを刷新することになりそうだ。

キャブは70年代のメルセデスベンツNGの血を引く大型モデル「シグナ」。出力レンジは187~300hpで、カミンズISBe系エンジンを搭載する

次ページは : ■こちらも財閥系のアショク・レイランド(ASHOK LEYLAND)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ