クルマの「サブスク」って、レンタカーやカーシェアと何が違う? どれがお得?

クルマの「サブスク」って、レンタカーやカーシェアと何が違う? どれがお得?

 今、世の中は「サブスク」時代。月々の定額料金を支払えばサービスが使い放題というこのシステムは、いまやクルマ業界においても広がっている。自動車におけるサブスクとはどんなものなのか? どんな人にマッチし、お得になるサービスなのかを、改めて検証してみたい。

文/鈴木喜生、写真/トヨタ、日産、ホンダ、写真AC

【画像ギャラリー】あなたにとってサブスクは損か、得かをちゃんとチェックしよう(8枚)画像ギャラリー

「カーリース」「レンタカー」「カーシェア」との違いは?

クルマの「サブスク」って、レンタカーやカーシェアと何が違う? どれがお得?
ひと目で自分のクルマではないことがわかる「わ」や「れ」ナンバーを敬遠する人も多い。そういった人には、カーリースかサブスクをお薦め

 「サブスク」とは、サブスクリプション(subscription)の略であり、本来は雑誌の定期購読を意味していた。それが近年ではネットフリックス、アマゾンプライム、アップルミュージックなどに代表されるような、「月々定額を支払えば膨大な映画や音楽が自由に視聴できますよ」という「定額制サービス」を意味するようになっている。

 そしていまやクルマ業界でもサブスク方式が一般的になってきた。ではクルマにおけるサブスクは、「カーリース」「レンタカー」「カーシェア」と何が違うのか?

 大別すると、クルマを一定期間、自分の手元に置いておけるのが「カーリース」と「サブスク」であり、数時間から数日で返却する必要があるのが「レンタカー」や「カーシェア」と言える。

 ご存じのとおりレンタカーやカーシェアでは、必要な時に予約を入れ、数時間から数日内に返却し、その時間に見合った料金を支払う。レンタカーの場合はショップからクルマを借り、カーシェアでは他のオーナーとクルマを共有する、という点において違いはある。

 これに対してサブスクやカーリースは、一定期間そのクルマを占有する契約をし、月々一定の料金を支払い、その契約が切れたら車両を返却する、というサービスだ。

 カーリースの場合は中古車も多いことから「長く借りるレンタカー」という感が強い。いっぽう、サブスクでは3~7年程度の長期契約が一般的で、新車が納車されるプランが多く、「自分のクルマ」だという意識が持てるだろう。

 とはいえ、どちらも各社によってそのサービス内容に違いがある。そのため根本的にはサブスクとカーリースは、ほぼ同類のサービスだと言えるだろう。

「サブスク」のメリットとは何か?

 サブスクのメリットとして最初に挙げられるのは、初期投資が必要ない、ということだ。つまり、ウン百万円の車両を購入することなく、契約後にクルマが納車されれば、車両を購入するよりもはるかに安い定額料金でクルマを使用し始めることができる。

 その料金は、サブスク黎明期と比べると、さらにお手頃になってきた。

 業界最大手であるトヨタのグループ会社「KINTO」を例にすると、もっとも安い「ルーミー」(1000cc)で月額1万4630円から。「プリウス」(1000cc、1万8700円~)、「アクア」(1500cc、1万9910円〜)、「ノア」(ハイブリッド1800cc、1万9910円〜)、でも、それら最低価格は2万円を超えることはない(※料金はすべて7年契約・税込)。ちなみに同社では3・5・7年の契約プランが用意されている。

 そしてサブスク各社とも、かなり豊かな車種をラインナップしている。KINTOのウェブサイトを見るとその数なんと30車種以上で、カラーバリエーションも選択可能。そこにレクサスの3モデルも加わる。

 日産が運営する「クリックモビ」では、「セレナX」(1997cc、7件契約、2万5190円~)などの人気の7車種が揃う(ともに2022年4月2日時点)。

 さらに、それらの月々の定額料金のなかには、クルマに関する諸費用がほぼ含まれるのが一般的だ。つまり、車体価格、そのオプション料金、メンテナンス費用、車検代、保険、さらには各種税金まで含まれるケースが多い。先ほど列記した価格例には、すべてこれらの諸費用が含まれているのだ。

 契約期間が長いほうが月々の定額料金は安くなるが、例えば3年契約を選択すると、3年ごとに違うモデルの新車に乗ることも可能となる。この場合、新車を購入し、3年後にそれを中古として売りつつ、別の新車に乗り換える、という手間がない。同様な契約を更新さえすれば、ある日から最新モデルの新車に乗り換えることができるのだ。

 ほとんどの企業において、ウェブサイト上から申し込みできるというのも、大きな利点のひとつと言えるだろう。

【サブスクのメリット】
・初期投資・ローンの頭金が必要ない
・月々の定額料金が比較的安い
・定額料金のなかに、諸経費、保険、税金が含まれる
・車種選択の幅が広い
・多くの場合、新車が納車される
・契約が完了すれば、他のモデルへの乗り換えも可能

次ページは : デメリットはあるのか?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ