ベストカー増刊『FENEK(フェネック)』が12年ぶり復刊!! アウトドアの最先端をキャッチ!!


 2022年6月29日、講談社ビーシーから『FENEK(フェネック)』が12年ぶりに復刊し、発売された。「懐かしいな」と思ってくれる方もいれば「何それ?」と思う方もいるだろう。復刊した『フェネック』については、のちほど説明するにして、「そもそも『FENEK』とは何ぞや?」を話しておきたい。

文/FENEK編集部、写真/FENEK

【画像ギャラリー】撮りおろし写真満載!! クルマでアウトドアへ出かける際に必携の一冊!!(11枚)画像ギャラリー

クルマだけでもキャンプだけでもない「遊び」の専門誌

 いまから約30年前、『FENEK』は「RVで野遊びを楽しむ!」というコンセプトで1991年に創刊された。当時はオートキャンプブーム全盛期で、1996年にはオートキャンプ人口がなんと1580万人に達している。それほどの隆盛を迎えていながら、キャンプのその先にあるアクティビティ(『FENEK』では野遊び)をRVとセットで特集するという雑誌はあまりなかった。

 オートキャンプで満足ということもあったろうし、キャンプや釣りや料理、トレッキングなどのアクティビティはそれぞれ専門誌があったという事情もあったろう。

 もうひとつ、当時の『FENEK』の特徴は、拾い物や探し物、いわゆる「捕り物」にこだわったこと。年がら年中、編集部員が砂金採りやヒスイ拾い、ヘボ(はちのこ)獲りや天然ウナギ釣り、自然薯掘りにオオクワガタ採りなどを体験し、ページを作っていた。

 編集長が厳しい方で、「手ぶらで帰ってくるな」という編集方針だったこともあり、当時「不夜城」と呼ばれ、徹夜続きだったベストカー編集部員よりも、追い込まれていたという証言も残る(笑)。

北アフリカや中東の砂漠地帯に生息する世界最小のキツネがフェネック(英名ではFENNEC)だ

 ところで、「フェネック」(英名はFENNEC)は北アフリカや中東の砂漠地帯に生息する世界最小のキツネの名前で、大人になっても40cmくらいにしかならないから小型犬とほぼ同じ大きさ。その一方で耳が約15cmとやけにでかく、そのアンバランスさが可愛さにつながっている。

 サハラ砂漠に取材に出かけた初代編集長が、たまたま出会った愛くるしいキツネに一目ぼれして作ったのが『FENEK』だったわけだ。

クルマはEV、PHEV&HV 給電機能を重視!

 RVブームが去り、休刊していた初代『FENEK』から12年、今夏に生まれ変わった今回の『FENEK』の大きなテーマは「手軽にクリーンにクルマでアウトドア!」だ。

 アウトドア遊びのベースとしてクルマは欠かせない道具である。ただし、SDGsの流れもあり、クルマはクリーンなEV、PHEV、そして給電できるハイブリッド車を中心にカタログを作った。

外部給電機能を持つソルテラなどEVならイベントステージの電気を賄うこともできる

 EV、PHEVは補助金情報を掲載し、給電機能は1500Wまでか? 家庭に電気を送れるV2H機能はあるのか? などにこだわった。

 自然災害の多い日本にあって、クルマは家族にとっての避難所にもなればいい。だから、クルマでスマホの充電はもちろん、家電も使え、温かな食事が作れる給電機能を持つクルマをお薦めしている。

 そして、家族や夫婦で手軽に、お金をかけずに車中泊旅行を楽しみたいという方には軽キャンパーを特集し、柔道家の小川直也さんが試乗してレポート。

ビッグマン小川直也(193cm・110kg)は軽キャンパーをどう扱う? 軽キャンパーはギブアップするのか? 注目の一戦をお届け

 ちょもかさんと森風美さんのお二人が、車中泊やキャンプの魅力をたっぷり語る女子トークもありますよ! でも、車中泊ってどこですればいいの? という人には全国にあるRVパークと車中泊可能なキャンプ場を100カ所紹介しているので参考にしてほしい。

 また、初心者が最も気になるグッズ選びはどうすればいい? テントやチェア、食器にコンロ、シューズに自転車などアウトドアを楽しむこだわりのアイテムをたっぷりと20ページにわたって特集している。

 そしてふるさと納税の返礼品としてアウトドアグッズがもらえる自治体があり、意外に凝ったものがあるので、こちらもぜひご覧ください。

軽バンに乗る車中泊女子二人が、その魅力をたっぷりと教えます

次ページは : 自由で多様なアウトドア遊びのススメ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ