【シルビア、スープラ…】青春時代に心が躍ったスペシャルティカー5選


■マツダ ユーノスコスモ タイプE(4代目)

マツダ ユーノスコスモ。上位モデルには3ローターのロータリーエンジンが搭載されていた

 バブルの絶頂期、マツダは販売チャンネルを一新し、「EUNOS」を立ち上げた。そのリーダーとして、1990年春に送り込んだのがロータリーエンジン搭載のユーノスコスモである。

 贅を尽くしたプレミアムスペシャルティカーで、全幅は世界基準の1795mmだ。2+2レイアウトの高性能スペシャルティカーで、時代の先端をいくハイテク装備も数多く採用した。

 インテリアはゴージャスな造りだ。自発光式の電子アナログメーターを装備し、タイプEはオーストリア製の本革シートを奢っている。イタリア製の天然木をインパネの化粧板にあしらい、20BタイプE・CCSは量産車初のGPSナビを採用した。

 パワーユニットもすごい。ロータリーターボだけの設定とし、2ローター・ロータリーの13B-REWに加え、量産車としては世界初となる3ローターの20B-REWシーケンシャルターボを用意している。

 それまでに味わったことのない異次元の加速を見せ、高回転のパンチも格別だった。この感動と上質な走りをもう一度味わってみたい。今の技術で作れば、燃費だって悪くないはずだ。

■トヨタ スープラ(4代目)

トヨタ スープラ。「ハイパフォーマンス・スペシャルティカー」という名目で登場した

 スープラは、北米市場をターゲットに開発された直列6気筒エンジン搭載のスペシャルティカーだ。日本では第2世代となるA80系スープラは、1993年に誕生した。

 運動性能を高めるためにグラマラスなクーペボディを採用し、フェンダーもワイドだ。また、エアロダイナミクスも徹底的に磨き込み、エアロパーツもカッコいい。GZとSZでは脱着可能なエアロトップも選べる。

 パワーユニットは3Lの直列6気筒DOHCと、電子制御スロットルシステムを採用した2JZ-GTE型2ウェイツインターボだ。トランスミッションは、ゲトラグ社と共同開発した6速MTを主役とする。サスペンションは4輪ともダブルウイッシュボーンで、トルセンLSDも組み込んだ。

 自主規制のために最高出力は280ps になっているが、強烈な加速を披露した。マイナーチェンジ後のスープラは、17インチタイヤや大容量のブレーキシステムだから、自慢のハンドリングにも磨きがかかっている。

 サスペンションに手を入れた後期モデルは、コントロール性も大きく向上した。可変吸気システムなどの導入により、エンジンの洗練度も高められている。

 最新のスープラも魅力的だが、ドライバーが操っている実感が濃厚なのはA80系スープラだ。デザイン的な好感度も高いから、あえて今の時代に2代目スープラに乗ってみたいと思うのは、ボクだけだろうか!?

次ページは : ■スバル アルシオーネSVX(2代目)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ