マツダ車VSライバル車 全8対決! ライバル全メーカーと激突!! 買うならどっち?


 現在マツダがラインナップする8モデルと他メーカーの競合車、今買うならどっちがいいのか? ライバル車との8対決で、最新マツダ車の実力をチェック!

 判定するは、モータージャーナリストの片岡英明氏だ。

■対決ラインナップ
・マツダ マツダ2 VS トヨタ ヤリス
・マツダ CX-3 VS ホンダ ヴェゼル
・マツダ CX-5 VS スバル フォレスター
・マツダ CX-8 VS ホンダ CR-V
・マツダ CX-30 VS レクサスUX
・マツダ3(ファストバック) VS トヨタカローラスポーツ
・マツダ6(セダン) VS トヨタカムリ
・マツダ ロードスター VS トヨタ86/スバルBRZ

【画像ギャラリー】“好敵手”と書いてライバルと読め! マツダ車8モデルとライバル車8モデルをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:片岡英明/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月10日号


■マツダ マツダ2 VS トヨタ ヤリス

●マツダ マツダ2(価格:157万3000~266万7500円)

VS

●トヨタ ヤリス(価格:139万5000~249万3000円)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200410_mazda_vs_8model_Yaris.jpg

 マツダ2はデミオと外観が同じだから改良されても新鮮味は薄いが、走りのよさに磨きをかけた。1.5Lのディーゼルターボはヤリスの1.2Lターボより余裕を感じる。1.5Lガソリンモデルはハンドリングを含め、軽やかな走り味が自慢だ。ただし、乗り心地は今一歩。

 どちらも前席の快適性を優先した設計だ。後席はヤリスのほうが少し広く、荷室の使い勝手もいいなど、実用性はマツダ2の上をいく。また、ハイブリッド車は燃費でも優位に立つ。

 快適性と安全性を含めたトータル性能が高く、魅力的と感じるのはヤリス。

➡ ヤリスの勝ち!

■マツダ CX-3 VS ホンダ ヴェゼル

●マツダ CX-3(価格:216万7000~300万8786円)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200410_mazda_vs_8model_CX-3.jpg

VS

●ホンダ ヴェゼル(価格:211万3426~298万186円)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200410_mazda_vs_8model_Vezel.jpg

 マツダCX-3はデミオから生まれたBセグメントのスタイリッシュSUV。ディーゼルを1.5Lから1.8Lに拡大し、走りの余裕を増している。また、ガソリンエンジンも2Lだからパンチある加速を見せ、気になる燃費にも改善のメスを入れた。

 が、ヴェゼルも1.5Lとハイブリッド車に加え、1.5Lターボを積むツーリングを投入。ターボ化によって痛快な加速を手に入れた。また、ボディやサスペンションも強化するなど、ハンドリングにも磨きをかけている。

 走りの実力は互角だが、差がつくのはキャビンの広さと荷室の使い勝手だ。選択肢の多さを含め、家族が買いたくなるのはヴェゼル。

➡ ヴェゼルの勝ち!

次ページは : ■マツダ CX-5 VS スバル フォレスター

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ