量産世界初の3ローター搭載! マツダ ユーノスコスモの衝撃【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はマツダ ユーノスコスモ(1990-1995)をご紹介します。

【画像ギャラリー】圧巻のサイドビュー! ユーノスコスモの姿をギャラリーでチェック!!!

文:伊達軍曹/写真:MAZDA


■量産車として世界初 3ローターエンジンを搭載 ユーノスブランドのフラッグシップモデル

 バブル絶頂期のマツダが「ユーノスチャンネル」のフラッグシップとして開発した、量産車として世界初の3ローターエンジン搭載の大型高級クーペ。

 しかしあまりにも燃費性能が悪かったことから、バブル崩壊後の「失われた20年」の始まりとともに消えていった美しき名作。それが、ユーノス コスモです。

 ロングノーズ&ショートデッキの伝統的な2ドアクーペフォルムは、マツダの歴代コスモに通じるもの。

フロントビュー。当時、マツダは販売チャンネルの拡大戦略を図っており、ユーノスコスモはそのなかの一つ、ユーノスブランドのフラッグシップモデルとしてデビュー。エンジンは2ローターの13B型、3ローターの20B型を用意

 しかしユーノス コスモのプロポーションはとりわけ美しく、個人的には1967年発売の「コスモスポーツ」に次ぐと感じています。

 ボディサイズは全長4815mm×全幅1795mmと大柄で、特に1800mmに達しようかという全幅は、1305mmという低い全高との相乗効果で、この2ドアクーペに独特の威厳を与えていました。

 搭載エンジンは、2ローターの13B型ターボが最高出力230psと最大トルク30.0kg-mを発生。そして前述のとおり量産車としては世界初となる3ローターの20B型ターボは280psの最高出力と、41.0kg-mという怒涛の最大トルクを発生しました。

 3ローターの20B型はオーバー300psを目指して開発されたエンジンですが、運輸省(当時)の指導により280psに抑えられたといういきさつを持っています。そんなエンジンに組み合わされたトランスミッションは、全グレードとも4速ATでした。

 そしてユーノス コスモは、そのインテリアもなかなか素敵でした。フラッグシップ・クーペにふさわしい高級感たっぷりの本革やウッドパネルが多用され、「20BタイプS CCS」には世界初のGPSカーナビを搭載。

20Bエンジン搭載車にはCCS(カー・コミュニケーションシステム)と呼ばれるGPSシステムを世界で初めて搭載。本革シート、タッチパネルやウッドパネル(一部グレードのみ)らと合わせてマツダの本気が窺える

 これは、今で言うタッチパネル方式のマルチインフォメーション・ディスプレイの元祖といえるものでした。

 3ローター式となる20B型シーケンシャルツインターボエンジンは「レシプロのV型12気筒エンジンにも匹敵するスムーズさがある!」などとジャーナリストからは高く評価されましたが、販売は低迷。

 1995年8月には生産終了となり、翌1996年6月には在庫分も完売し、完全に販売終了となりました。

■わずか5年で生産終了…その背景は?

 素晴らしくパワフル&スムーズな3ローターエンジンと、妖艶きわまりないフォルムを有していたユーノス コスモが、あっけなく生産終了となってしまった理由。

 それは、まぁ言わずもがなですが「さすがに燃費が悪すぎた」「そして車両価格も高すぎた」という2点に集約されるでしょう。

 3ローターのツインターボエンジンを積む「20B タイプE CCS」のカタログ燃費は6.1km/L。

 このカタログ燃費だけでも相当なモノですが、実際の燃費は、状況によっては2km/L前後となってしまう場合も多かったようです。

 当時は「85Lの燃料タンクがみるみるうちに空になる!」「燃料計の針が下がっていく様が目で見てわかる!」などという悲痛な叫びが飛び交っていました。

リアビュー。わずか5年で生産終了したものの、発売から30年を経てもそのデザイン、エンジンフィールに魅せられる人は今なお多い

 またユーノス コスモは手作業の部分が多いコスト高な生産体制だったため、車両価格もかなり高額でした。

 具体的には、R32型日産 スカイラインGT-Rが445万円だった時代に20Bの上級グレードが465万円で、2ローターの13Bでも370万円でしたので、「マツダのロータリーエンジンが好きで好きでたまらない!」という一部の人以外にとって、ユーノス コスモはかなり縁遠い存在であったことは間違いありません。

 まぁここまで燃費が極悪だと、仮に時代がどうであっても99%の確率で生産終了になるとは思うのですが、それでも、ドリフ大爆笑ではないですが「もしもバブルが崩壊していなかったら……」と夢想することはあります。

 ウソのような好景気の下でも、「リッター2kmの車」というのはそうそう売れるものではありません。しかしこれだけ(燃費以外は)素晴らしいエンジンと、素晴らしいデザインが採用されたラグジュアリークーペなのですから、もしもあのままウソのような好景気が続いていたならば、一部のモノ好きなお金持ちに、この車は長く愛され続けた可能性もあったのです。

 とはいえ景気というのは必ず循環しますので、永遠に続く好景気などありません。

 1980年代後半からのバブルはご存じのとおり破裂しましたし、直近の比較的バブリーだった景気状況も、COVID-19の発生とともに終わりました。

 それゆえ、これはもう「言っても仕方ない」という話であり、ユーノス コスモの極悪燃費が正当化されるというわけでもありません。

■ユーノス コスモ 主要諸元
・全長×全幅×全高:4815mm×1795mm×1305mm
・ホイールベース:2750mm
・車重:1640kg
・エンジン:直列3ローター ツインターボ、1962cc
・最高出力:280ps/6500rpm
・最大トルク:41.0kgm/3000rpm
・燃費:6.1km/L(10モード)
・価格:530万円(1990年式20 B タイプE CCS)

【画像ギャラリー】圧巻のサイドビュー! ユーノスコスモの姿をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ