愛車とじっくり向きあう好機 ステイホーム中にやっておきたい! 「クルマを長持ちさせる洗車とメンテナンス」


 コロナ禍感染拡大による緊急事態宣言が出されてから約1ヵ月が経とうとしているが、政府はさらに1カ月程度延長する方針を固めている。

 そして、今、GW(ゴールデンウィーク)の真っ只中。本来であれば行楽には最高の時期だが、残念ながら憎き新型コロナ禍のせいで、外出自粛を余儀なくされている人が大半である。

 そのため、愛車でドライブに行きたくても我慢しているドライバーも多いハズ。であればせめて、愛車とじっくり向き合う時間を過ごすのはいかがだろうか。

 普段ガソリンスタンドなどで洗車は任せている、という方や忙しくて洗車する時間がない、という方もこれを機にカーシャンプーを使って手洗いすることをお薦めしたい。

 手洗いでは、洗車機では落とせない汚れも落とすこともできるし、自分の愛車を細かくチェックする機会にもなる。

 そこで、洗車やコーティング、内装の掃除とクリーニング、エンジンオイルやクーラント液などの油脂類の点検、ヘッドランプなどの交換まで、ステイホーム中に自分できる洗車とメンテナンスを紹介していこう。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーWeb編集部 Adobe Stock

【画像ギャラリー】ベストカー的お薦めカー用品BEST5


GWがこだわり洗車に最適な時期の訳

普段洗車機任せにしている人もステイホーム中にぜひ自宅での手洗い洗車をお薦めしたい

 日頃は自動洗車機でサッと洗っている、あるいは自宅で手洗いしていても水洗いだけや水アカ取りシャンプーなどで手軽に洗車しているパターンが多いことだろう。

 ボディだけでも、キッチリと洗車して磨き上げるとなると1日作業になってしまうから、よほどの洗車好きでなければ、まとまった休みの中での1日でなければできない。よってGWは洗車しても、まだ日程には余裕がある好タイミングな休暇なのだ。

 また、GW前半の4月28日は洗車の日ということもある。これは一般社団法人 自動車用品小売業協会(APARA)が11年前に制定したもので、その所以は428=ヨイツヤ(良い艶)という語呂合わせによるものだが、スギ花粉も治まり、洗車したばかりなのに翌日には黄色い花粉だらけ、という状況からも解放された今日この頃。洗車するにも絶好の時期だ。

 それにGWからは紫外線が強くなる時期でもあるから、ボディの塗装面などを保護してやるにも最適のタイミングだ。また梅雨に向けた準備としても、メンテナンスには最適なのである。

ボディの洗車&コーティング

大判のセームタオルを用意したい。セームタオルは吸水力が高く、絞った時の水切れもいいので作業効率が非常にいい
折りたたんだ右側が毛先がループしたマイクロファイバー。左側は毛先が切りっぱなしになったマイクロファイバー.。細かい部分を拭く際は、マイクロファイバーのタオルで、毛先がループになっていない切りっぱなしの毛足の長いものを使う。滑りがよく、毛細管現象で細部の水も吸い出してくれる
さまざまな種類のコーティング剤が用意されている。写真のコーティング剤はこれ一本で、ボディ(全塗装色)からガラスまで強力な撥水コーティングをかけることができる優れもの。濡れたボディにバズーカ噴射することで時間短縮できる。実勢価格:約1600円
ザイモールは、カルナバ蝋の配合割合が他のワックスより断然高く、素晴らしいツヤと光沢をボディにもたらす最高級のワックス。写真のザイモール・チタニウムグレイズの実勢価格は9800円~。時間がある時にこうした高級ワックスをかけてはいかがだろうか

 洗車というのはクルマの汚れを洗い落とす作業だが、日常の洗車は単に洗って拭き上げるくらいのもの。だが連休で時間があるなら、塗装面の保護までを含めた完璧な洗車を施してやろう。

 まずはボディの汚れを洗って落とす。カーシャンプーをバケツに入れてホースの水を勢いよく注いで泡立て、泡をメインにスポンジにとって、水で濡らしたボディを優しく洗ってやろう。

 水アカ取りシャンプーなど、そのまま原液をスポンジにとってボディをこする使い方のシャンプーもあるが、水アカはシャンプー後の行程でキッチリ落とした方がいいので、シンプルなカーシャンプーがお薦めだ。

 ボディの上から洗って、シャンプーが乾かないように何度か部分的に流しながら洗ってやる。拭きあげはセームタオルで全体を、細かいところはマイクロファイバーのタオルで丁寧に行う。

 なおコイン洗車場などを利用する場合は新型コロナウイルス感染防止のため、両隣の利用者との距離を保つように気を付けよう。

 ワックスやコーティングを施すなら、塗装面に付着した汚れや異物を取り除かなければキレイに仕上がらないし、保護効果も完全とは言えない。よってシャンプー後に作業するのは、ボディについた異物の除去だ。

 鉄道のレール付近や建築現場などの溶接作業周辺などを通ると、ボディには鉄粉が付着する。また住宅の外壁塗装などを行なっていると、塗料がボディ表面についてザラついてしまうこともある。

 こうした異物は、粘土クリーナーや専用のケミカル剤を使って落としてやる。指で触ってザラザラしている塗装面も、粘土クリーナーを使って異物を除去するとツルツルになる。

鉄粉、塗装ミスト、ピッチなどを取り除き、ツルツルの塗装面を復活させる。コーティング剤などをかける前に使用すると効果的なロングセラー商品。実勢価格:約750円

 さらに水アカや磨きキズなどの微細なキズは、水アカ落としやラビングコンパウンドなどで塗装面を磨くことで落とす。これにより、濃色車はボディカラーが濃くなったと感じるほど平滑になり、塗装面の印象が変わる。

 そうしてキッチリと下地を仕上げてから、ワックスやコーティングなどで塗装を保護してやるのだ。コーティングは作業がカンタンで長期的な保護効果を発揮するが、価格は高めで被膜が薄いので光沢はそれなり。

 ワックスは塗って拭き取りが結構な労働(下地作りも同様だが)だが、被膜は厚く高い光沢が得られるが、耐久性は1~2ヵ月といったところ。どちらを選ぶかは、好みや目的で決めていい。

 なお、ワックスとコーティングの両方を施したがる磨きマニアもいるが、その場合はコーティングをして、その被膜が硬化した後にワックスをかけるようにすること。

 ワックスをかけてからコーティングする洗車好きもいるが、柔らかいワックス(しかも油膜)の上にコーティングを施すのは、ほとんど意味のない行為。

 コーティングの硬化を長持ちさせて、さらに深みのある艶を出したいなら、コーティング層の上にワックスをかけるべきなのだ。

次ページは : 内装の掃除とクリーニング

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ