ロードスターにはすべての楽しさが詰まっている【徳大寺有恒の名車リバイバル④】

 Web世代の若い読者にも好評を得ている「名車リバイバル試乗記」、第4回めはマツダ・ロードスター(NA6CE型)が登場します。デビューは1989年9月。

 ライトウェイトオープン2シーターの世界に革命を起こしたと言われている。
この名車中の名車の登場時、徳大寺有恒氏は何を想い、何を語ったのか。当時の筆致を振り返りたい。

※本稿は1989年9月に執筆されたものです
文:徳大寺有恒
ベストカー2015年4月10日号「追悼特集 徳大寺有恒スペシャル」より
「徳大寺有恒リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です


■ユーノス・ロードスター出現の意味

 スポーツカーの楽しさのなかで、比較的小ぶりなパワーユニットのクルマを速く走らせようとすることは、本格派に属するものだ。

 小型スポーツカーを操る楽しさは、いくつになっても楽しいものなのだ。それはヨットに例えるならばディンギーのようなものなのかもしれない。

 ブレーキ、シフト、スティアリング操作という、クルマを走らせる上での基本的な動作を体得し、次のステップではハイスピードでのクルマの挙動を察知し、その対応を覚える。

 これをマスターしてこそ、スポーツカードライヴィングは完成するのだが、その教材として、ライトウェイトスポーツカー以上のものはない。

 もうひとつ、ライトウェイトスポーツカーの「徳」は、ある種の人間には、こいつを普段の足にできることにある。

 スーパースポーツカーにはそいつができない。ライトウェイトスポーツカーは、フトコロの軽い、それでいてとびっきりクルマの好きな人間のためのものだ。

ロードスター

■バランスに優れたユーノス・ロードスター

 この楽しくて当たり前のライトウェイトスポーツカーが、ユーノス・ロードスターの出現まで、何故途絶えていたのであろうか? 

 ’70年代、’80年代という時代は、自動車の生産技術の大幅な進歩の時代であったと考えられる。その牽引力は、ことによると日本であったかもしれないが、その進歩した生産性は大幅な投資を必要とした。

 もとより生産型小型車のパーツを可能な限り流用し、スポーティなボディと軽快なハンドリングを与えて成立したライトウェイトスポーツは、この新たな生産法ではできなかったのである。

 同時に’70~’80年代の小型車が、ほとんどFF化したことも、この種のライトウェイトスポーツカーを阻んだ要因だろう。

 ’80年代の終わりにマツダがユーノス・ロードスターを登場させたのは、かつて数多く存在したライトウェイトスポーツカーの楽しさをそのままに、

 それよりもパワフルなエンジン、進歩したシャシーとタイヤ、そしてかつてのモデルが望み得なかった数々の快適システムを持つ〝現代のライトウェイトスポーツカー〟を作ろうと思ったからにほかならない。

 そして、ユーノス・ロードスターには、かつて存在したイギリスのMGやロータス、イタリアのアルファ・ロメオといったオープン2座が持っていた楽しさがすべて詰まっていると考えていい。

 この種のクルマに望まれるのは高いバランスである。かつてライトウェイトスポーツカーのナンバーワンといわれたロータス・エランは、このバランスという点で最高だった。

 ユーノス・ロードスターはその点、バランスを重視し、慎重に開発されていると思う。自然吸気エンジンを選んだのは、そのためだろう。

 このエンジンは低速もトルクが厚く、鋭くかつ自然な加速を得んがために、ギアレシオを下げている。

 クロスレシオの5スピードミッションで、そのシフトタッチは軽く正確。これはかつてのライトウェイトには望むべくもなかった。

徳大寺有恒氏

■940㎏という軽さの意味

 現代のクルマは必然的に重くならざるを得ない。590㎏というロータス・エランの車重は、現代では望むべくもない。

 クラッシュテストやエアコン、パワースティアリングなどを与えることが必要になった現代では1000㎏を割ることが相当難しい。

 しかし、ライトウェイトスポーツカーは軽いことがなによりも高バランスを得るための第一条件なのである。

 しかも軽量化はコスト高にもつながる。そう考えるとユーノス・ロードスターの940㎏という車重はまあ立派というほかない。

 ユーノス・ロードスターは昔のライトウェイトスポーツカーを知らぬ人々にも自動車の新しい喜びを知らしめてくれるだろう。スポーツカーの楽しみは、けっして絶対的な加速やスピードだけではないことも理解させるに違いない。

 ユーノス・ロードスターをドライヴィングした時の感動は、きっとこの種のクルマが生まれてくることを触発させるだろう。

 それは、我々にとっては楽しみなことに違いない。すべてはユーノス・ロードスターにより始まったのだ。

上から撮ったロードスター
車内の様子がよくわかる

【MAZDAユーノス・ロードスター(NA6CE型)】1989年9月発売

 MGを代表とするブリティッシュライトウェイトスポーツカーをマツダのテイストで作り上げたのがユーノス・ロードスターだ。

 社内の有志によって試作車が作られた話は有名。フロントマスクは能面、シートのパターンは畳表など、日本の伝統的なものからインスパイアされている。

 エンジンはファミリアの1.6Lをリファインし縦置きとしているが、サスペンションはマツダ初の前後ダブルウイッシュボーンだ。

 このクルマがメルセデスベンツSLKに、あるいはポルシェボクスターに、大いに影響を与えた。

 初代が登場してから28年後の現在、いまもロードスターはマツダのシンボルであり続けている

ロードスター

◎ユーノス・ロードスター(5MT)テスト結果
0~400m加速 16秒37
0~1000m加速 30秒50
筑波サーキットラップタイム
1分16秒63

クリックすると、 徳大寺有恒氏の試乗記がまとめて読めます

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ