近年は平準化加速!車のハンドル 大きさによる長所と短所は?


 普段気にすることは少ないが、クルマのハンドルはジャンルや世代を問わないで見てみると、グリップ(握り)を含んだ直径が微妙に異なる。

 ハンドルの直径・大きさによって何が変わってくるのか? その設計意図やメリット&デメリットなどを改めて考えてみた。

文:永田恵一、写真:Daimler AG、HONDA、日産、プジョー、編集部

【画像ギャラリー】ティザーサイトがオープンした新型電気自動車 ホンダeをみる


ハンドルの大小によるメリット&デメリットは?

クルマを運転するには欠かせないハンドル。ハンドルの大きさによって何か変わってくるのか

 ハンドルを回すとタイヤが切れるのは、「ハンドルを回した力がステアリングシャフト、ステアリングギアボックス、タイロッドを通じて伝わりタイヤが切れる」という仕組み。

 これを頭に置いて、ハンドルの大きさによる長短をまとめてみた。

■小径ハンドルのメリット

・ステアリングギアボックスのギア比を小さくしたように、ハンドル操作に対し小さな操作でタイヤが切れるので、クルマがシャープに動く

・程度問題もあるが、特にスポーツ系のモデルだと、インテリア全体から見てハンドルも格好よく見える

■小径ハンドルのデメリット

・クルマの性格や相性もあるが、操作に対しクルマがシャープに動き過ぎる場合もあるため落ち着きに欠けるなど、操作に気を使う傾向となることがある

・ハンドルを回す際の操作力が重くなる

 そのためスポーツ系のクルマのハンドルは小さい傾向で、そのなかでもロータス エリーゼやケーターハム セブンといったピュアなスポーツカーのハンドルは特に小さい。

プジョーはメーターを見やすいように径の小さいハンドルを使っている

 また、現行のプジョーはメーターの視認性向上も目的に径の小さいハンドルを使っている。

■大径ハンドルのメリット

・ステアリングギアボックスのギア比も関係するが、ハンドル操作に対するクルマの動きが小さくなる傾向となりクルマの動きは落ち着く方向となるので、高速道路などをリラックスして運転するには向く

・ハンドルを回す際の操作力が軽くなる。

■大径ハンドルのデメリット

・ハンドルの操作量が多くなる

 代表的なハンドルの大きいクルマとしてはトラック全体、10年ほど前までのベンツが挙げられる。

 ともにハンドル操作に対しシャープな動きを期待しないクルマである点や、トラックに関しては「パワステ以外でもハンドルを軽くしたい」という意図がありそうなことを考えると、この2つのハンドルが大きい理由もよく分かる。

メルセデスベンツのハンドルは、10年ほど前までは大きくつくられていた

 また、ベンツのハンドルが大きかった理由には「走行中パワステが故障しても、ハンドルが大きい分で操作力を軽くしておけばハンドルが効く可能性が増えるから」ということもあったと言われている。

ジャンルによっても大きさに違い? ハンドルサイズの傾向

 昔は前述したように車種やメーカーによるハンドルの大きさの傾向もあった。

 しかし、近年は社内でのハンドルの共用化、パワステやサスペンションに代表されるクルマの進化もあり、現行車のハンドルの直径はトラックを除くとおおよそ360から380mmで平準化されている印象だ。

 ハンドルの共用化により「クルマごとの個性が薄れた」という点も否めないが、そのぶんハンドルの開発に費やされる開発資源も増えているため、ハンドルに対し不満を感じることが減っているのは歓迎すべきなのではないだろうか。

次ページは : なかには特殊な形のハンドルも! 自分で交換する場合の径は?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ