愛車のハンドルは軽いor重い? 「ハンドルの重さ」は何で変わるのか


 ドイツ系の外国車はハンドルが重たい、国産車はハンドルが軽い、アメ車のハンドルは軽すぎる……。

 現在、主流となっている電動パワーステアリングでは、国によって操舵力の違いはほとんどありませんが、油圧式パワーステアリングが主流だった20年ほど前には、そのクルマが開発された国によって操舵力に違いがありました。

 なぜ油圧パワステでは、国によって操舵力の違いがあったのでしょうか。そして電動パワステのデメリットとは?! また、クルマの駆動方式によって操舵フィールが違うというのは、本当なのでしょうか?

文/吉川賢一(M3プロダクション)
写真/ベストカー編集部 

【画像ギャラリー】どちらがいい? 油圧パワステと電動パワステの違いとは?


欧州車の油圧ステアリングが重たい事情とは?

BMW3シリーズは、ステアリングを切った時に即パッと反応するのではなく、一瞬のタメがあってそこからリニアに反応する(ラック&ピニオン式、サーボトロニック車速感応式電動パワーステアリング標準装備、Mスポーツはバリアブルスポーツステアリング標準装備)

 操舵力にはトレンドがあります。近年のトレンドは「据え切り時は軽く、車速が高いときには操舵力を増し、補舵力は軽くする」という設定です。

 一部のスポーツカーを除いて、特に、BMWやメルセデス、アウディ、フォルクスワーゲンなど、長距離移動を前提とした欧州メーカーは、電動パワーステアリングが主流となった現在は、どこもこのトレンドに乗っています。

 しかし、油圧式パワーステアリングでは、ハンドルの重さ(操舵力)はある程度セッティングできる幅が決まってしまっていたため、重くならざるを得なかったのです(※操舵力は、サスのジオメトリの影響も大きいのですが、ここでは割愛)。

 一般的な油圧式パワーステアリングは、ドライバーがステアリングを回すと、ハンドルから前方に伸びているトーションバーという接手にトルクがかかり、捩じれによって生じた隙間にパワステオイルが流れ、ピニオンギアの回転力をアシストし、ラックギアを摺動させます。

 このオイルの流路が広ければアシスト力を大きくでき(=ハンドルは軽くなり)ますが、トーションバーを大きく捩じることになるため、今度はハンドル操作のダイレクト感が失われてしまいます。

 そのため、ハンドリングを優先するようなクルマでは、むやみにトーションバーのねじり剛性を落とすことができませんでした。

 そのため、高速道路を200km/h近い速度で飛ばしたり、路面が荒れたカントリー路をハイスピード走行する場合に、微妙な修正操舵が効くよう、ハンドル操作のダイレクト感を優先していた欧州車は、ハンドルの操舵力は重たくならざるを得なかったのです。

 それが、電動式パワーステアリング(以下EPS)の登場によって、車速やハンドルを切る速度に応じて、油圧パワステと比べ、より広く操舵力特性を味付け(チューニング)できることとなったのです。「どのような設定にするのか」は、各メーカーの腕の見せ所となっています。

電動パワステのメリット、デメリットとは?

レクサスLC500に採用されたジェイテクト製の電動パワーステアリング、RP-EPSが採用されている
ジェイテクトの電動パワーステアリング、DP-EPSの仕組み(出典/ジェイテクト)

 EPSは採用された当初、クルマ好きの間で「操舵フィールが悪い」、「違和感がある」などと、ネガティブなイメージを持たれていました。

 しかし自動車メーカーは、電動にこだわって採用し続けてきました。なぜならEPSは燃費向上アイテムでもあるからです。

■電動式パワステのメリット
【1】燃費改善には必須のアイテム
【2】車速ごとに操舵力・補舵力を自由に設定できる。スポーツモード用の設定も可

■電動式パワステのデメリット
【1】油圧パワステのマネはできてもその特性にはなれない。
【2】(油圧に比べて)コストがやや高い

 操舵感が重要な高級車においては、つい10年ほど前まで、油圧式パワステが採用されていましたが、より剛性感の高められるラックアシスト式電動パワステが登場し、油圧パワステに近い操舵感を達成できるようになったことで、高級車にも、ようやく電動パワステが採用されていくこととなりました。現在では、完成度の高い電動パワステが多く登場しています。

 例えば、レクサス「LC」に採用されたJTEKT(ジェイテクト)製のラックパラレルEPS(RP-EPS)は、ステアリングフィールの向上と、クラス最小のパッケージングを目的に採用されました。

 また、V37スカイラインには、ステアバイワイヤ(商品名はDAS)を世界初搭載したことでも話題となりました。

 ステアリング操作は適切にタイヤへ伝えながらも、路面から受ける振動やキックバックを排除でき、これまでにないすっきりとした操舵感が得られます。

 メーカーはKYB製、2ピニオン式のEPSです。さらにCセグメントで世界一売れているVWゴルフに採用されているDP-EPSは、コンパクトカーに多いコラムアシストタイプのEPSに対してステアリング操作時の剛性感が高く、切れ味鋭いハンドリングを実現しています。

次ページは : FFや4WDはステアリングが重い、FRは軽いって本当?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ