風水気学指導鑑定士 藤洸瑛の幸運をゲットする 自慢の愛車でパワースポット巡り! 〜東国三社編〜

風水気学指導鑑定士 藤洸瑛の幸運をゲットする 自慢の愛車でパワースポット巡り! 〜東国三社編〜

 風水気学指導鑑定士の藤 洸瑛(ふじ こうえい)です。

 現在、Yahoo!占いサイトでの鑑定や、カルチャースクールで占い全般について教えています。特に方位についての鑑定依頼が多く、ご自分の凶方位、吉方位を知ることで、幸運を手に入れることができることをお伝えしてきました。

 そこで今回は新型コロナウイルスの影響で生活が一変してしまった皆さんへ、少しでも幸運を引き寄せ、お役に立てればと思い、連載企画を始めさせていただくことになりました。

 私も車が大好きで、前回の車は5年で10万キロ走り、今の車は4年目で9万キロになります。ディーラーさんからは乗り換えを勧められていますが、愛車ですからなかなか手放せませんよね。

 是非、皆様の自慢の愛車とともに、パワースポット巡りをしたいと思っていますので、よろしくお願い申し上げます。

1回目の記事はこちら!│ 〜大宮八幡宮編〜
◎2回目の記事はこちら!│ 〜田無神社&井草八幡宮編〜
◎3回目の記事はこちら!│ 〜日光東照宮&日光二荒山神社編〜
◎4回目の記事はこちら!│ 〜箱根神社&九頭龍神社編〜
◎5回目の記事はこちら!│ 〜三峯神社&秩父神社編〜
◎6回目の記事はこちら!│ 〜榛名神社&水澤観世音編〜

【画像ギャラリー】茨城県から千葉県にまたがる関東屈指のパワースポット! 東国三社を巡る旅をギャラリーでチェック!

文・写真:藤 洸瑛/白地図:世界地図|SEKAICHIZU(http://www.sekaichizu.jp)


■まずは吉方位(運気が上がる方角)を確認!

 まずはじめに、みなさんの吉方位の出し方をおさらいします。

 聞いたことがある人もいるかもしれませんが、誕生年によって九つの星(「一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星」)に分けられます。

「2020年の吉方位・凶方位」の表で九星の中であなたの星を確認しましょう。

2020年の吉方位・凶方位の一覧

 ただし、東洋の暦法では、立春を一年の始まりとするため、立春から翌年の節分までを一年とします。そのため、1月1日から節分までに生まれた方は、前年の九星となります。

 自分の住んでいるところから、吉方位の範囲内でパワースポットがあったら是非とも良い日や時間を選んで行ってみてください。

■東国三社(鹿島神宮〜息栖神社〜香取神宮)編

 パワースポット巡りの第7回目は、「東国三社(とうごくさんしゃ)」をご紹介します。

 東国三社とは茨城県にある「鹿島神宮」と「息栖(いきす)神社」、千葉県にある「香取神宮」の三社をまとめた呼び名です。

 明治時代までは「神宮」という名の付いている社は、全国でも三重県の「伊勢神宮」、茨城県の「鹿島神宮」、千葉県の「香取神宮」の3つしかありませんでした。

 この2つに「息栖神社(いきすじんじゃ)」を加えた3社が「東国三社」と呼ばれています。

 これらの3つの神社を地図上で繋ぐと現れる直角二等辺三角形の内側は、強力なパワースポットとして知られており、伊勢神宮に行けなかった人も、この三社参りをすれば伊勢神宮を参拝するのと同じくらいのご利益があるとされています。

3つの社を線で結ぶときれいな直角二等辺三角形が現れる ※地図データは「白地図:世界地図|SEKAICHIZU(http://www.sekaichizu.jp)」より

 運気を上げたい人にはピッタリで、関東随一のパワースポットとして、連日大変多くの方が参拝しています。

 東国三社巡りには、この流れで参拝しなければいけないという正式な順番はありません。

 しかし、三社の中でも鹿島神宮は、武士たちが武運を祈願してから出発したことから、「鹿島立ち」という言葉の元になっているといわれています。

 そのため物事を始めるのにふさわしい場所だということから、1番目に鹿島神宮を参拝するのをお勧めします。

 また、東国三社を巡る時にぜひチェックしておきたいお守りが、「東国三社守(とうごくさんじゃまもり)」です。

東国三社守

 東国三社の位置関係を表すかのように、三角柱の形をしており、木でできたお守りで、鹿島神宮・息栖神社・香取神宮のそれぞれの御神紋のシールを各面に貼ることで完成します。

 1つ目の神社で忘れずに本体を買い、残り2つの神社でそれぞれの御神紋のシールを買うのがよいでしょう。

 東国三社、全て参拝して初めて完成する貴重なお守りです。

次ページは : ■東国随一の古社 鹿島神宮(かしまじんぐう)