コロナ禍で窓開けの機会増加! 注意!! 大根も切り落とすパワーウィンドウの危険性

 コロナ禍で、1時間に1回の換気が推奨されている。街中を走っているクルマでも、窓を開けて走っているクルマを以前よりも見かける気がする。

 そんな増える窓開けの機会だが、子どもがいる家庭では、意外に気を使うことでもある。それは子どもが誤操作をしたり、不意に動いて挟み込まれないかということだ。

 JAFのテストでは、パワーウィンドウは大根を軽く切り落とす力があり、成人女性でも片手では押さえることが難しいという検証結果が出ている。楽しいはずドライブで思わぬ事故が起きないように、気を付けたい注意点などを解説していく。

文/高根英幸
写真/Adobe Stock(bilanol@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】パワーウィンドウ以外にも気を付けたい! クルマで挟み込み事故が起きる部分


■コロナ禍で窓開け機会増 それに伴い増えるリスク

 コロナ感染拡大防止の感覚も、この頃は人によって差が感じられるようになってきた。神経質なほどウイルスを気にして行動している人も居れば、マスクをせずスーパーのレジ待ちでも間隔を空けることなく前の客に続いてしまう人も居る。

 そして、この猛暑のなかでも窓を開けて走っているクルマは多い。密室状態を避けるためにしている措置であり、安心するのであればそれは個人の自由だから構わない。

 窓を開けなくても換気はできることは、ほとんどのドライバーは知っているハズだ。それでも窓を開けて換気しなければ不安なドライバーはそうすればいいが、窓を開けることで今度は別のリスクに晒されることも知っておくべきだろう。それは排気ガスに含まれるPM2.5やその他の汚染物質の微粒子や花粉などが室内に入ってしまうこと。

窓を開ける回数が増えれば、それに伴うリスクも上昇する(bilanol@Adobe Stock)

 そしてもうひとつ、パワーウィンドウを開閉することでリスクが生まれる。それは誤操作による挟み込み事故だ。

 残念ながらパワーウィンドウによる挟み込み事故は、毎年のように起こっており、子供が指や腕、首などを挟まれて骨折など重症を負うケースが報道されているのだ。

 パワーウィンドウという機構は、重いガラスを自在に上下させるだけの力を備えており、ガラスは硬いので窓の開口部に挟み込めば大根やゴボウなどの野菜なら簡単に切断できる。子供の指であれば、切断されてしまう可能性は十分にあるのだ。

●大根もゴボウも切断!! JAFが行ったユーザーテストで「挟み込み事故」の怖さを知ろう

■パワーウィンドウによる挟み込み事故の状況は2種類ある

 パワーウィンドウの挟み込み事故は、「ドライバーが操作して他者が挟み込まれる事故」と「子供がイタズラして自らを挟み込ませてしまう事故」の2つに大別できる。運転席にはすべてのパワーウィンドウの開閉スイッチがあり、運転席以外のドアスイッチでは、異なるドアガラスのパワーウィンドウを操作することはないからだ。

 そこで挟み込み防止機構など、自動車メーカーもパワーウィンドウの安全対策を進めているが、すべてのパワーウィンドウ装備車に完全な挟み込み防止機構が備わっている訳ではない。

 挟み込み防止機構は、ワンタッチでウィンドウが閉まる機能が備わったため、作動後に目を離した際、何かが挟み込まれる事故を防止するために組み込まれたクルマが多い。つまり運転席のドアガラスにしかワンタッチ式パワーウィンドウを装備していないクルマも多く、したがって運転席のドアガラスにしか挟み込み防止機構を備えていない車種も多いのだ。

 さらにミドルクラス以上のクルマであれば、すべてのドアガラスのパワーウィンドウに挟み込み防止機構が備わっていることも珍しくないが、この挟み込み防止機構も、スイッチを引き続けていると機能しない車種もあり、危険に気付くのが遅れると挟み込んでしまうことになる。

プリウスはすべての窓に挟み込み防止機能が搭載されている。しかし、運転席のみというクルマも多い。自分のクルマがどうなのか? 今一度確認してもらいたい

 そのため、ドライバーが走行中に運転席以外のドアガラスのパワーウィンドウを操作した際、気付くのが遅れて後席の子供の手指などを挟み込んでしまうことがある。しかも最悪の場合は挟み込んだ状態で作動させた負荷によってモーターのコイルが焼き切れたり回路がショートする、ヒューズ切れやブレーカーが落ちて、作動不能になって挟み込まれた状態から解消することができなくなる可能性もある。

 そうなったらウィンドウガラスを粉砕して救助するのが、最速の方法だ。緊急脱出ハンマーは、このような事態にも役立つので、是非運転席に搭載しておくべきだろう。

■パワーウィンドウのイタズラ対策は環境作りから考え直すべき

 車内をリビングのように考える人が多くなった。それは、それだけ便利で広くて快適だからで、軽自動車でも室内が広々としているクルマも珍しくなくなった現在、あちこちに収納が設けられ、至れり尽くせりの装備を誇るクルマが多い。そんな車内なのだから、じっとしていられない子供がイタズラをしてしまうのは、仕方のないことという見方もできる。

チャイルドシートなどにきちんと座っていなければ、飽きてしまった小さい子どもはご覧のような行動にすることもある。この状態でパワーウィンドウを閉めたら…(anoushkatoronto@Adobe Stock)

 筆者の遠い過去の記憶を引きずり出させてもらうなら、あれは小学校2、3年生の頃のことだ。製麺業(うどんや蕎麦、中華麺を製造する工場)を営んでいた祖父の家には、初代トヨタ「コロナマークII」があった。当時はかなりの高級車だったことから、ドア内張にはパワーウィンドウスイッチが備わっていた。

 筆者はスイッチを上下させるだけでサイドウィンドウがスムーズに開閉される現象に、非常に魅せられたものだ。こうしたギミックとも言える装備が、子供たちの興味を引かない訳がないのである。

 走行中の停車中に存分に操作させて、興味を半減させることも有効な手段だ。あるいは「止まっている時だけ操作していい」という様なルール作りをするのも有効だろう。特例を作らないことも大事だ。

小さい子どもがいる場合、パワーウィンドウの操作にロックをかけることも勧めたい。これにより誤操作による挟み込みを防ぐことができる(Phuri@Adobe Stock)

 そもそもチャイルドシートにキチンと座っていれば、パワーウィンドウに挟み込まれる事故は起こりにくい。

「ドライバーが操作して子供など同乗者の手指などを挟み込んでしまうなんて、操作前に確認すれば起こらないハズ」。そう思うドライバーも少なくないだろう。

 確かにその通りなのだが、日常的に家族を乗せて運転していると、そうした安全確認がおろそかになってしまうことも多い。これが油断なのだが、そうした油断を気にも留めないドライバーになると、子供がチャイルドシートに座らず後席にベルトも締めず座っていたり、ドア内張に沿って立っていたり、あるいは運転席の後ろや側面に立ったりしても、「まぁいいか」と許してしまうのだ。

 それが交通事故時に子供だけ車外放出されて亡くなってしまったり、パワーウィンドウによる挟み込み事故につながる最初の原因であることに気付いて欲しい。本当にお子さんが大事なら、手間を惜しまずルールを徹底させるべきなのだ。

【画像ギャラリー】パワーウィンドウ以外にも気を付けたい! クルマで挟み込み事故が起きる部分

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ