パンク? 故障?? 不調のサインは五感で受け止めよ「クルマアラート」10選

なんか近くでヘリの音?? 後悔しちゃうその前に! 不調のサイン 「クルマアラート」10選

 季節を問わず、クルマは壊れる。本当に前ぶれなく、突然“ストン”と止まっちゃうこともあるけど(企画担当の愛車が以前東北道で燃料ポンプの故障で立ち往生しちゃった時は全く前兆なかった)、ほとんどの場合、異音がしたり、いつもと違う振動がしたり、変なニオイが漂ったりと、何らかの前兆を発するものだ。

 クルマが発するトラブルの前兆、つまり「アラート」はさまざま。音だったりニオイだったり、場合によっては「いつもとなんか違う違和感」みたいなものだったりする。見逃すことなくしっかり感じ取ってトラブルを未然に防ごう!

【画像ギャラリー】ドリル式でわかるクイックチェック!!! ギャラリー式クルマアラートQ&A!!!

※本稿は2020年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:Adobe Stock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■Alert01 なんか近くでヘリコプターが飛んでいるような音がする…?

 文字で表すなら“バババババッ”というか“バタバタバタ”といったほうがいいのか、とにかく、「あれ、ヘリコプター!?」と思うような音。

 ただ、この音の周期が自車の車速の増減に合わせて早くなったり遅くなったりするから、「なんか違うなぁ……」となるわけです。

 これ、タイヤのエア圧が急激に減って、タイヤが波打って路面をたたいている音。ズバリ、パンクです。

 エアが残ってギリギリ走れているけど、かなり危険。前輪だったらハンドルに違和感を感じるはずだが、一般道で速度が遅いと、意外と気が付かないこともある。

 安全な場所にクルマを止めて目視点検すべし。

【Alert01】エアの減ったタイヤが路面を打つ音は、まるでヘリコプターが飛んでいる時のような“バババババッ”という音なのだ

■Alert02 ブレーキ踏むと“チィー”と何かがこすれる音

 ブレーキを操作した時に“チィー”とか“シャー”といった高周波の音が聞こえたなら、ブレーキパッドの摩耗限界が近づいている、まさにアラートだ。

 これは、パッドの摩耗を知らせるために装着されているもので、パッドが一定の厚さを下回ると、薄い金属のプレートが露出してローターに接触することで音を発生するという仕組み。

 ある程度の余裕をもってアラートが出るようになっているので、なる早で整備工場に行って点検してほしい。ブレーキパッドを使い果たしちゃうと、いうまでもないけど制動力が得られなくなってしまう。パッドのなくなったブレーキの台座がローターに直接当たればローターも傷つき使用できなくなる。

 インパネのブレーキ液面低下を示すウォーニングランプは、パッド残量の減少に伴い、キャリパーピストンの繰り出し量が大きくなった場合にも点灯する。いずれにしても、ブレーキのアラートは待ったなしで工場行きだ。

【Alert02】ブレーキパッドの残量が少なくなると音が出るのだ

次ページは : ■Alert03 アクセルを踏み込むとエンジンルームから“キュルキュル”音が出る