次期エクストレイル登場秒読み 北米版ローグ全情報判明で新型のすべてがわかる

 日産は北米で販売するミドルクラスSUVのローグの新型モデルを、2020年6月15日に世界初披露すると同時に車両スペックなどを公表。

 その後、9月下旬にローグの生産などについての情報をアップデートしていたが、10月5日に車両価格、発売開始時期について正式発表。これで、新型ローグについての情報はすべて揃ったことになる。

 新型ローグは北米で3代目となるが、ご存じのとおり、ローグは日本で販売されているエクストレイルだ。

 つまり、新型ローグを研究することによって、日本仕様のみに設定されるものを除けば、日本で販売される新型エクストレイルのことがほぼわかる。価格が判明したことにより、新型エクストレイルの価格の目安にもなる。

 新型エクストレイルが北米で先行発売されるかたちとなった新型ローグの魅力に迫る。

文:ベストカーWeb編集部/NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型ローグの細部をチェックすれば2021年登場の新型エクストレイルが丸わかり!!


オフロード色を強めてタフさアピール

旧型はスッキリ系のデザインだったが、新型はフロントマスクを含めて厚みが増したことでタフさが強調されている

 新型ローグのボディサイズは、全長4648×全幅1839×全高1699mm(インチをミリに換算)で先代ローグと比べると、全長で1.5インチ(約38mm)、全高で0.2インチ(約5.1mm)抑えられていて全幅は同じだから、ほぼ同サイズと考えて問題ないだろう。

 ただし、運動性能、快適性、安全性能を高めるために新型のプラットフォームが採用されているので期待感も高まる。

 エクステリアデザインは、厚みを増したフロントマスク、力感溢れるVモーショングリル、前後フェンダーに装着される未塗装でブラックのフェンダーアーチにより、オフロードをイメージさせるタフなものとなっているのが最大の特徴だ。

非常に力強さがみなぎっている新型ローグのフロントマスク。個性的なヘッドランプ、大型Vモーショングリル、アンダーガードなどオフロード色が強い

 フロントマスクは、上下二分割されたヘッドランプにより、シャープな印象を与える。

 アーバンSUVからオフロードテイストを強めて大成功しているトヨタRAV4と同じ手法とも言える。日産は新型ローグのデザインに対して、Adventuer(冒険的)と称している。

未塗装でブラックのフェンダーアーチもカッコいい。大型のリアアンダーガードもタフな走りをイメージさせるアイテムだ

外観とは対照的な高級感のあるインテリア

 いっぽうインテリアは、オフロードテイストを増したエクステリアに対し、一転ラグジュアリー仕様で質感は高い。ファブリックシートと本革シートではイメージもかなり変わるが、本革シートの高級感はかなり魅力的だ。

 インパネのデザインも助手席側から運転席側にまで張り出した一体のパネルが特徴的で、これにより、運転席側は飛行機のコックピットを彷彿とさせる雰囲気に仕上げられている。

 フルカラーの10.8インチヘッドアップディスプレイと12.3インチのデジタルメーターを統合することで、車両情報を取得しやすくしている。そしてセンターには9.0インチのタッチスクリーンを装備する最新のインターフェイスを誇る。

インテリアは高級感満点。タン系カラーとブラックのコントラストが魅力的。シート座面のデザインにもこだわりを感じる

注目のe-POWERは日本のエクストレイル専用!?

 パワートレインは、先代ローグ同様に2.5L、直4DOHCが搭載されるが、改良を受けた新タイプとなり、最高出力181ps、最大トルク25.0kgmをマークする。これは旧型に比べて、11psアップとなる(最大トルクは同じ)。

 このエンジンに組み合わされるトランスミッションはマニュアルモード付きエクストロニックCVTで、パドルシフトも装備されているのは旧型と同じだが、バイワイヤー方式となっているのが新しい。

2.5L、直4DOHCに組み合わせされるマニュアルモード付きエクストロニックCVTはバイワイヤータイプに変更となって進化

 日本で販売されるエクストレイルには、e-POWERの搭載が有力視されているが、ローグのパワートレインはこの1種類の組み合わせのみで、全車共通だ。

 北米で販売される新型ローグは、S、SV、SL、Platinumの4つのグレードが用意され、駆動方式はそれぞれFFとAWDを選択することができる。

 走りの新装備としては、FF、AWD全車にビークル・モーション・コントロールが装備される。

コーナリングパフォーマンスを高めるために、FF、AWDともビークル・モーション・コントロールが標準装備され、路面状況、運転に合わせてモードが選択できる

 FFはスポーツ、ノーマル、エコの3モード、AWDはオフロード、スノー、スタンダード、エコ、スポーツの5モードがそれぞれ設定されている。

 なお、AWDシステムは新開発の電子制御クラッチを搭載することで、前後トルク配分の最適化、迅速化など大幅に進化しているという。

先進の安全装備と運転支援装置の充実が魅力

 新型ローグの目玉となるのが安全装備、運転支援装置だ。

 北米日産では、『歩行者検出機能付き自動緊急ブレーキ』、『ブラインドスポットアラート』、『リアクロストラフィックアラート』、『リア自動ブレーキ』、『車線逸脱警告』、『ハイビームアシスト』という6つの先進運転支援装置で構成される日産セーフティシールド360を順次標準採用すると公表していたが、新型ローグがその第1弾となる。

新型ローグにはパッシブセーフティ、アクティブセーフティとも日産の先進テクノロジーが投入され、今後日産車のスタンダードとなる

 そのほかスカイランに搭載されているプロパイロット2.0に相当するナビリンク付きのプロパイロットアシストは、最上級モデルのPlatinumに標準装備となる。

 新型ローグは全方位で進化しているので、新型エクストレイルにも期待がかかる。

 その新型ローグの価格は、日本円換算で約272万~約390万円と買い得感の高い魅力的な価格設定となっている。北米での発売は2020年10月下旬からとなる。

Platinumには、スカイラインに採用されているプロパイロット2.0に相当するナビリンク付きのプロパイロットアシストが標準装備(写真はスカイライン)
※1ドル=106円で換算

エクストレイルはリフレッシュしてまだまだ日本で売る!!

フロント周りでは、フロントグリル、フロントバンパー下部、ドアロアモールがダーククロームとなってシブさが増したエクストレイル

 新型ローグが2020年10月下旬から発売されるのに際し、価格も正式に発表されたわけだが、新型エクストレイルについては、2021年10月に日本デビューすることが有力視されている。つまり、新型ローグからほぼ1年遅れて登場することになる。

 そのエクストレイルだが、2020年10月に内外装のリフレッシュが行われた。これは、新型ローグは発表されたが、日本のエクストレイルは現行モデルをまだ売りますよ、という日産の意思表示だ。

 エクステリアでは、フロントグリル、フロント/リアバンパー下部、ドアロアモール、バックドアフィニッシャーが新たにダーククロームとなり、アウタードアハンドルはボディカラーと同色となる変更を受けた。

 インテリアの仕様向上は、一部グレードを除き、運転席・助手席パワーシートを標準化。また、本革巻きマニュアルモード付きシフトノブが全車標準となった。

一部グレードを除き運転席・助手席パワーシートが標準装備され、本革巻きマニュアルモード付きシフトノブは全車に標準装備となる
一部仕様向上を受けたエクストレイルの新価格
新型エクストレイルの日本デビューは新型ローグの発馬開始からほぼ1年遅れとなる2021年10月が有力。画像はベストカーの予想CG

【画像ギャラリー】新型ローグの細部をチェックすれば2021年登場の新型エクストレイルが丸わかり!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ