パンク? 故障?? 不調のサインは五感で受け止めよ「クルマアラート」10選


■Alert07 エンジンルームから“ボコボコボコ”とお湯が沸騰するような音がする

 これは、LLCが沸騰している音。「ALERT2」で説明したラジエターの減圧とも関連しているけれど、100℃で沸騰しているということは、オーバーヒートに直結する。

 水温系は高温を示していないだろうか? 車両を安全な場所に停止させ、エンジンを止めずにエンジンルームチェックしよう。

【Alert07】LLCのリザーバータンクの液面が減っているようなら、オーバーヒートの恐れあり。エンジンを止めて速やかにJAFを呼ぶべし

■Alert08 段差を越えると“バキっ”と大きな音がする

 そんなに速度を出していないのに、ちょっと大きめの段差を越えると“バキッ”といった嫌な音。

 クルマの異音ってのは、意外と発生源を突き止めるのが難しく、聞こえた方向からエンジンルームだな!? とか、これはリアサスのあたりから聞こえたな!? と思っても、違うことも多いのだ。

 特にサスペンション系の異音だと、取り付け部から車体に共鳴して発生源とは離れた場所から聞こえてくることもある。

 リアサスのダンパーからの異音が、Cピラーからルーフレールを伝わってドライバーの頭上から聞こえてくるなんてこともある。この“バキっ”音はサスダンパーが要因の音のケースが多い。

【Alert08】サスダンパーの劣化で音が出ることも

次ページは : ■Alert09 アクセルを踏んで加速状態になるとエンジンから“チリチリチリ”と音がする