シトロエンベルランゴ上陸&スペーシア改良ほか 初秋の最新情報!!


 シトロエンから3代目となるベルランゴのカタログモデルが登場。2018年の登場後、昨年秋にようやく日本導入がなされたものの、台数限定だったこともあり「即完」に。カタログモデルの導入で日本市場にどのように食い込むか楽しみなモデルだ。

 ほか、スズキ スペーシアシリーズの仕様変更など、国産車・輸入車の特別仕様車・モデルチェンジ・限定車の情報を一挙ご紹介!!!

【画像ギャラリー】カタログモデル導入のベルランゴを始め、注目車たちの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■シトロエン ベルランゴ(カタログモデル・8月27日発売

 昨年(2019年)10月、「デビューエディション」を台数限定で予約販売し、あっという間に完売したシトロエン・ベルランゴ。待望のカタログモデルが8月27日発売開始となった。

シトロエン ベルランゴ。フレンチユーティリティの定番モデル、ルノーカングーの牙城を崩せるか!!?
8速ATのシフトはセンターパネルのダイヤルで設定する方式

 いわゆるスペースユーティリティビークル。プジョーブランドで販売されるリフターはバッジ違いの兄弟車。1850mmという全高に、後席スライドドアというパッケージングは、同じフランス車のルノー・カングーによく似ている。

 ベルランゴ&リフターは全長4405mm、全幅1850mmでカングーよりもちょっと大きい。サイズ感はフリードの全長に、オデッセイの全幅といったイメージ。

2列シートの5人乗り。後席は3人掛けのスペースがはっきりと区分されている

 バックドアはカングーの観音開きに対し、一般的な跳ね上げ式で、バックウィンドウだけを開閉可能。

 荷室容量は後席使用時で597L、後席を倒せば2126Lとなる。さらに後席後方頭上に約60Lのボックスがあり、収納スペースは充実する。

 エンジンは直4、1.5Lディーゼルターボで130ps/30.6kgmで8ATの組み合わせ。1.2Lターボのカングーより強力だ。価格は312万~343万円となる。

バックドアは上部ヒンジの跳ね上げ式。荷室は後席を倒して最大容量2126L
バックウィンドウだけ開けて荷物の出し入れ可能

プジョーブランドからは「リフター」の名で販売されているが、フロントマスクのデザインや雰囲気は異なるものの、基本的にはバッジ違いの、中身は同じモデル

●シトロエン ベルランゴ主要諸元
・全長×全幅×全高:4405×1850×1850mm
・ホイールベース:2785mm
・車両重量:1610kg
・エンジン:直列4気筒DOHCターボ
・総排気量:1498cc、ディーゼル
・最高出力:130ps/3750rpm
・最大トルク:30.6kgm/1750kgm
・トランスミッション:8AT
・タイヤサイズ:205/60R16
・WLTCモード燃費:18.0km/L
・価格:FEEL=312万円、SHINE=338万円、SHINE XTRPACK=343万円

■スズキ スペーシア/スペーシアカスタム/スペーシアギア(一部仕様変更・8月20日発売)

 スズキのスペーシア/スペーシアカスタム/スペーシアギアが一部仕様変更された。

今回の仕様変更により価格は写真のスペーシアギアハイブリッドXZで4万2900円アップしている

 今回の一部仕様変更では予防安全&運転支援システムの機能を充実。夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートとSRSカーテンエアバッグを標準装備化したのに加え、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールを一部のグレードに追加。快適装備の充実化なども行われた。

●価格:138万500円~

次ページは : ■レクサスCT(一部改良・8月20日発売)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ