スカイラインクロスオーバー、プレリュード…走りが個性的なクルマたち 5選


 直線で、コーナリングで……。走りに個性がにじみ出るモデルは数多ある。そんな星の数ほどのクルマたちのなか、自動車評論家であり、そしてまたレーシングドライバーでもある松田秀士氏がうんうん悩みぬいた末に選出してくれた「走りが個性的なクルマたち」5台がこれらだ!

【画像ギャラリー】思い通りのハンドリング、コーナーリング…楽しくも深き印象を刻んだ5台をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
選出・文/松田秀士、写真/ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■どうしてこんなにも楽しいのか? スカイラインクロスオーバー

 今でも、どうしてこんな楽しいクルマができてしまったのか不思議な1台が、スカイラインクロスオーバーだ。

日産 スカイラインクロスオーバー(2009年)…いきなり挙がったこのモデル。しなやかで怒涛の走りだ!

 2007年に北米向けインフィニティ・ブランドのEX35が発売されたが、2年後に日本国内向けとして発売。ベースはセダン&クーペと同じEプラットフォーム。しかも、当初予定はなく、急きょSUVブームに乗るべく開発された。

 セダン&クーペよりホイールベースを短くしてデザインを優先。330psを発生するVQ37VHRエンジンをそのまま搭載。FRと4WDの2モデルあった。

 サスペンションはしなやかなのにハンドリングは正確そのもので、FRゆえのアジリティ健在。パワーもあるし素晴らしいクロスオーバーだった。

■踏むほどにグイグイ曲がる! ホンダ 3代目/5代目プレリュード

 1996年発売の5代目プレリュードType S。このモデルに採用されたATTS(アクティブトルク・トランスファーシステム)によるハンドリングは忘れることができない。

 FFは駆動と操舵の両方をフロントタイヤが行う。このためアンダーステアになりやすい。より速いコーナリングをするにはアクセル全開で、できるだけステアリング切り角を減らしたい。

ホンダ 5代目プレリュード(1996年)…スポーツグレード「Type S」限定で個性派走りモデルに選出。220psの走りは快感

 そのATTSは旋回外輪の駆動力を最大80:20まで高めるのだ。ちょうど紙コップを倒して転がした時を想像してほしい。アクセル踏めば踏むほどグイグイ曲がるのだ。

 まるでオーバルコースを走るインディカー。ショボいタイヤでも恐ろしく速いコーナリングスピードだった。

 同じくプレリュード3代目に採用された後輪操舵の4WSも少ない操舵角でよく曲がり込むFFだった。でもATTSのほうが凄かったね。ATTSの技術は、後にレジェンドのSH-AWDへと進化していった。

ホンダ 3代目プレリュード(1987年)…スタイルは2代目のキープコンセプトながら、走りが進化。後輪操舵の4WSも少ない操舵角でよく曲がり、個性が光る

次ページは : ■SUVの皮を被ったランエボVI トミー・マキネン

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ