新型エルグランド発売 さらなるド派手顔へ 10年目のマイチェンで起死回生なるか

 日産はビッグマイナーチェンジモデルのエルグランドを2020年10月12日から正式に発売すると発表した。

 すでに2020年9月14日から先行予約が開始されているが、正式な発売日は10月12日となる。

 実に10年目の改良となる、今回のビッグマイナーチェンジ。どんな内容なのか、解説していこう。


文/ベストカーweb編集部
写真/日産自動車

【画像ギャラリー】歴代最強のコワモテ顔! 新型エルグランドを写真でチェック!


2010年8月に発売された現行エルグランドが2度目のマイナーチェンジ

マイナーチェンジ前のモデル
マイナーチェンジ後の250ハイウエイスターS

 2010年8月にデビューした現行3代目エルグランドが2020年10月12日にビッグマイナーチェンジした。

 今回のマイナーチェンジは2014年1月に行われたフェイスリフトを含む内外装の改良に続く、2度目の大がかりなマイナーチェンジとなる。

 今回のマイナーチェンジでは、グリルを中心としたエクステリアデザインを変更するとともに、全方向から運転をサポートする360° セーフティアシストを全車標準装備とするなど、先進安全技術を拡充させた。

 さらに、漆黒のフロントグリルやフォグランプフィニッシャーなどの専用装備に加え、存在感を際立たせる輝きと力強さを誇る特別仕様車のアーバンクロムシリーズも新たに設定。

漆黒のフロントグリルやフォグランプフィニッシャーなどが装備される250ハイウェイスターSアーバンクロム(特別仕様車)
250ハイウェイスターSアーバンクロム(特別仕様車)

エクステリア&インテリアのデザイン変更が中心

 エクステリアは、写真をひと目見てわかるとおり、マイナーチェンジ前のモデルよりもインパクトのあるド派手なフロントグリルを採用。

 マイナーチェンジ前のグリルは横桟グリルだったが、新型は緻密な造形で押し出し感とともに、高級感をも感じさせるデザインとなっている。

 グリルは高級感のあるエレガントなサテンクロームと精悍な漆黒のブラッククロームの2種類を用意している。

 ボディカラーは日産の新色であるピュアホワイトパール、ミッドナイトブラック、ディープクリムゾンなど2トーンを含む全5色をラインナップ。

350ハイウェイスタープレミアム/250ハイウェイスタープレミアムのコクピット。内装色はグランドブラック

 インテリアは、インパネからドアトリムにかけて水平基調に仕立てることでワイドな広がり感を演出。中央にはピアノブラックでまとめた10インチ(8インチから変更)の大型ディスプレイを配し、先進感とプレミアム感のあるインテリアに仕上げている。

 また、その先進感のあるコクピットに合わせたプレミアムシートは、連続したキルティングパターンに変更し、さらに高級かつモダンな印象に仕立てている。

350ハイウェイスタープレミアム/250ハイウェイスタープレミアムのインテリア。7人乗りのコンフォタブルキャプテンシート。トリプルオットマン+中折れ機能付きセカンドシートを装備
8人乗りの6:4分割ベンチシート。ベンチシートならではの使い勝手の良さはそのままに、大型アームレストを採用するなどキャプテンシートのような高い快適性を実現

先進安全装備は進化したがプロパイロットは装備されず

エルグランドに装備されているRCTA(後退時車両検知警報)

 今回新たに先進安全装備がバージョンアップし、各種の安全装備を組み合わせた最新の360° セーフティアシストを装備した。

 具体的には、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などにより、自車の回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」、走行中に隣接レーンの後側方を走行する接近車両との接触を回避するようステアリング操作を支援する「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)などの先進安全技術を標準装備

 さらに、標識検知機能は進入禁止標識検知機能に加え、最高車速標識検知機能と一時停止標識検知機能を追加した。

 ただし、プロパイロット、またはスカイラインに用意されるハンズフリーのプロパイロット2.0が装備されなかったのは残念だ。

 価格は2.5Lモデルが369万4900円から、3.5Lモデルが447万8100円からとなっている。4WDモデルは2WDモデルから29万7000円高となる。


■エルグランドの価格
●350ハイウェイスター プレミアム(7名):505万4500円
●350ハイウェイスター(7名):447万8100円
●350ハイウェイスター(8名):447万8100円
●350ハイウェイスタープレミアムアーバンクロム(7名):526万3500円
●350ハイウェイスターアーバンクロム(7名):468万7100円
●350ハイウェイスターアーバンクロム(8名):468万7100円
●250ハイウェイスタープレミアム(7名):444万9500円
●250ハイウェイスターS(7名):369万4900円
●250ハイウェイスターS(8名):369万4900円
●250ハイウェイスタープレミアムアーバンクロム(7名):465万8500円
●250ハイウェイスターSアーバンクロム(7名):398万900円
●250ハイウェイスターSアーバンクロム(8名):398万900円
※すべて2WDの価格。4WDは29万7000円高

もう1つの目玉はエルグランドAUTECH

エルグランドAUTECH。ダーククロムフロントグリルをはじめフロントプロテクター(メタル調フィニッシュ)、サイドシルプロテクター(メタル調フィニッシュ)、専用シグネチャーLEDなど専用フルカラードエクステリアとしている

 もう1つの目玉は今回のマイナーチェンジに合わせて新規設定されたエルグランドAUTECH。

 日産の関連会社オーテックジャパンが手がけるAUTECHブランドは、多種多様なカスタムカー作りで蓄積してきた伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感が漂うスタイリングが特徴。

 素材など細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしている。

 今回発売するエルグランドAUTECHは、セレナ、ノート、エクストレイル、リーフ、ルークスに続くAUTECHブランドの第6弾。

 日産は、このエルグランドAUTECHをエルグランドの最上級グレードとして、また、AUTECHブランドのフラッグシップモデルと位置付けている。

 エクステリアは、ダーククロームフロントグリルやメタル調フィニッシュの専用パーツを採用し、ノーマルグレードと差別化し、堂々とした風格のあるスタイルとした。

 また、フロントバンパーには専用ブルーに輝くシグネチャーLEDを採用し、昼夜問わず、ひと目でAUTECHとわかるフロントスタイルに仕上げた。

 インテリアでは、上質な本革と厚みのあるキルティングで仕立てたシートをはじめ、ステアリング、ドアトリム、シフトノブにブルーステッチを施し、細部にまでこだわりを尽くし、最上の質感を追求した室内空間とした。

エルグランドAUTECHのコクピット。ブルーステッチが入った専用本革巻き木目調コンビステアリングや専用本革巻きシフトノブなどクオリティの高いコクピット
ブラックレザーシート(AUTECH刺繍、ブルーステッチ、専用キルティング)をはじめ、ブルーステッチの入ったドアトリムやブラックウッドの木目調フィニッシャーなどが装備され、高級かつスポーティな印象

 ボディカラーは、AUTECHの専用色であるダークブルーを含めた全4色を設定。

 エルグランドAUTECHの価格は350ハイウェイスター(7人乗り)の2WDが542万800円、4WDが571万7800円。250ハイウェイスターS(7人乗り)の2WDが478万600円、4WDが507万7600円。

 また、今回のマイナーチェンジでは、ライフケアビークル(LV)シリーズ、VIPにおいてもベース車と同様にデザインを一新するとともに、先進安全技術を拡充させている。

後席は2人乗りとなるエルグランドVIP

 エルグランドVIPはエグゼクティブのための”走る執務室”をコンセプトにしたモデル。

 シートはギャザーを施した本革仕様とし、ブラックとホワイトから選択ができるほか、後席の読書灯や100V電源、乗降用のステップなどを装備。

 3列仕様(乗車定員7名)に加え、2列仕様(乗車定員4名)もラインナップし、さらに個別のご要望に応じた個別注文にも対応している。

 価格は、VIP 2列仕様車( 2WD)後席パワーシートパッケージが759万3300円。VIP 2列仕様車(4WD)後席パワーシートパッケージが789万300円。

※   ※   ※   ※   ※   ※

 新生エルグランドは今回のビッグマイナーチェンジによって巻き返すことができるのか? 

 2020年1~8月の販売台数を見ると、エルグランドの月販平均台数は299台。それに対して、アルファードは月販平均6519台、ヴェルファイアは月販平均1652台。

 2002年8月の販売台数を両方合わせると8329台に達する。実にエルグランドの約22倍もアルファードが売れているということになる。

 今回、e-POWERとプロパイロットの搭載が見送られたが、フェイスリフトと安全装備の充実、そしてAUTECH追加がエルグランドの販売に奏功すると期待したい。

【画像ギャラリー】歴代最強のコワモテ顔! 新型エルグランドを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ