正式発売直前の新型レヴォーグ 本気の試乗で実力判明!走りが絶品!!

正式発売直前の新型レヴォーグ 本気の試乗で実力判明!走りが絶品!!

 2020年10月15日に正式発表、11月に発売開始となる予定のスバル「新型レヴォーグ」。先行予約は、すでに8月20日から全国のスバルディーラーで開始されている。

 新型はSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用し、新世代の運転支援システム「アイサイトX」の搭載、大幅な進化を遂げていることで注目を集めている。

 そんな新型レヴォーグの走りの実力はいかほどのものなのか!? 歴代レガシィツーリングワゴンを初代〜4代目まで乗り継いだ国沢親方が判定する!

※本稿は2020年9月のものです
文/国沢光宏
写真/小林邦寿、SUBARU
ベストカー2020年10月26日号

【画像ギャラリー】すべてにおいて進化していた! 新型レヴォーグの詳細をチェック!


■スバルのDNAをしっかりと注入するための”こだわり”

 ユーザーからすれば試乗できていないだろうし、情報もアイサイトX(エックス)&チョイ乗り記事くらいしか出ていない。にもかかわらず新型レヴォーグの売れゆきが順調だという。スバル、やっぱり期待されているかもしれません。

 そんななか、新型レヴォーグの試乗会を袖ケ浦サーキットで行うという。走りの楽しさを前面に打ち出すスバルながら、考えてみたらサーキットでの試乗会は長いことしていないです。

 まず、決して安い価格といえないのに売れ筋になっている『STI Sport(STIスポーツ)』から。このグレードの特徴は世界で最も優れていると評価されている「ZF」製ダンパーを採用している点にある。ZFよりザックス、と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

2020年8月20日に先行予約を開始し、2020年10月15日発表予定の新型レヴォーグ(写真はSTI Sport)
2020年8月20日に先行予約を開始し、2020年10月15日発表予定の新型レヴォーグ(写真はSTI Sport)
STI Sport EXのインテリア。インパネ中央には11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイを採用し、メーターには12.3インチフル液晶タイプを採用。いずれも国内でのスバル車では初めての採用となる
STI Sport EXのインテリア。インパネ中央には11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイを採用し、メーターには12.3インチフル液晶タイプを採用。いずれも国内でのスバル車では初めての採用となる

 なんたってF1をはじめ、競技用ダンパーじゃ圧倒的なシェアである。メルセデスやBMW、ポルシェなどの乗り味もザックスのダンパーによるものが大きい。なら日本勢も使えばいいじゃない、と思うだろうが、絶品と言われるドイツ本国製ダンパーは高価でなかなか使えないのだった。

 なぜ新型レヴォーグに採用したのかといえば、正直なところわからない。

 開発チームに聞くと「スバルのDNAが入った青い血が流れていると自称する五島さんの決断」という人もいれば「五島さんはコスト管理が厳しい」という人もいる。いずれにせよ、最終的に判断したのが開発責任者の五島賢さんであることは間違いない。そんなザックスの素晴らしさを味わうなら、街中でもサーキットでも「コンフォート」でしょう。

次ページは : ■コーナーでのスタビリティの高さは「猫や魔法の絨毯」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号