王者に挑め!! 三菱エクリプスクロスPHEVはトヨタRAV4 PHVに喰らいつけるのか!??

 トヨタRAV4 PHVの受注殺到ぶりを、三菱はどのような思いで見ていただろうか――。

 三菱が誇る「アウトランダーPHEV」は、プラグインハイブリッド世界累計販売台数ナンバー1(2019年5月末時点)となったクルマだ。プラグインハイブリッド車としては、トヨタのプリウスPHVよりも認められてきた実績を持っている。

 ハイブリッド車ならいざ知らず、より高額なプラグインハイブリッド車で、ここまで受注が殺到したことに、三菱はさぞかし焦りを感じたことだろう。

 先日、三菱はクロスオーバーSUV「エクリプスクロス」をマイナーチェンジし、プラグインハイブリッドモデルを追加する、と発表した。ディーゼルエンジンモデルとの入れ替わりで登場するエクリプスクロスPHEVは、12月より発売される。

 三菱として2車種目となるプラグインハイブリッドモデルだが、その売れ行きは未知数だ。果たして、エクリプスクロスPHEVは、RAV4 PHVに、どれほど食らいつけるだろうか。

文:吉川賢一
写真:MITSUBISHI、TOYOTA

【画像ギャラリー】新旧エクリプスクロスのデザインをギャラリーで比較!!


新型エクリプスクロスPHEVはコスパ最高!!

 新型エクリプスクロスのエクステリアデザインは、デリカD:5と同じくダイナミックシールドのコンセプトに沿った厳つめの顔つきになり、なおかつ全長を140mm伸ばしたことで、クーペSUVらしい流麗なエクステリアになった。リアデザインも、左右を繋げていたテールライトを左右独立したデザインにしている。

新型エクリプスクロスのエクステリアデザインは、デリカD:5と同じくダイナミックシールドのコンセプトに沿った厳つめの顔つきになった

 また、ダブルウインドウであったテールゲートも、一般的なシングルへと変更した。インテリアでは、センターディスプレーが7インチから8インチへと大型化されている。

ダブルウインドウであったテールゲートも、一般的なシングルへと変更。テールランプも左右独立タイプとなった

 そして、プラグインハイブリッドシステムは、アウトランダーPHEVで実績のあるEVベースのツインモーター4WDだ。

 2.4リッターエンジンに前後1基ずつの高出力モーターと、大容量の駆動用バッテリーを組み合わせている。絶対的な加速パフォーマンスはRAV4 PHVに届かないものの、比較的コンパクトなボディによる身のこなしは、相当高いダイナミクスレベルといえるだろう。

 価格帯は、プラグインハイブリッドモデルで、約385万円~約450万円(参考:アウトランダーPHEV 約394万円~529万円)。RAV4 PHVが、約465万円~539万円であることから、最低価格で約80万円もエクリプスクロスのほうが安い、ということになる。

 しかし、ベースモデルの装備に差があることを考慮し、実質60万円程の価格差だと、とらえていだろう(RAV4のベースモデルに標準装備される「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ」が、新型エクリプスクロスのベースモデルには非装着の見込)。

 どちらにせよ、新型エクリプスクロスPHEVはコストパフォーマンスが非常に高いといえる。

 しかし、バッテリー容量は、RAV4 PHVの圧勝だ。アウトランダーPHEVにも採用されている、エクリプスクロスPHEVの駆動用リチウムイオンバッテリーの総電力量は13.8kWh、EV走行可能距離は57.6km であるのに対し、RAV4 PHVはバッテリー総電力量18.1kWh、EV走行距離は95kmと、なんと約4割以上も多い。

新型エクリプスクロスPHEVは、急速充電を標準装備し、充電時間は200V充電で約4.5時間(満充電)、急速充電で約25分(80%充電)だ

文句は「価格だけ」の、RAV4 PHV

 RAV4 PHVのシステム最高出力は225kW(306ps)。時速0-60マイル(0-96km/h)加速は6.0秒と、RAV4 PHVはRAV4史上、最速のモデルだ。燃費も、RAV4ハイブリッドの20.6km/L(WLTCモード燃費)に対し、RAV4 PHVは22.6km/Lと、10%近く改善をしている。

 GA-Kプラットフォーム採用による走りの質感と、本来のRAV4が持つ、オンオフ問わずにどこまでも走れそうな逞しさ、そしてハイブリッドを超える燃費、そして圧倒的な加速力。マルチパーパスビークルとして、RAV4 PHVは、重箱の隅の欠点さえ、見つけるのが難しい仕上がりのクルマだ。

RAV4 PHVは、年度内の生産分が終了しており、2020年10月20日時点でも、受注再開の目途は立っていない

RAV4以外にも「脅威」がある?

 新型エクリプスクロスPHEVの魅力は、「ダイナミックフォースのコンセプトに沿った、厳つい顔ながら流麗な、クーペデザイン」、そして「ツインモーター4WDのPHEVシステムによる走り」 「プラグインハイブリッドにしては比較的安い」ことだろう。

 プラグインハイブリッドのなめらかな走りは、エクリプスクロスPHEVも、RAV4 PHVも同条件となる。また、4WD制御も、システムの中身は違おうが、RAV4 PHVにも「ダイナミックトルクベクタリング」が仕込まれており、どちらが圧倒的に優れているか否かは、同条件で入念な比較テストしなければ、判別できない。

 となると、新たなデザインと約60万円の価格差、これがユーザーにどれだけ受け入れられるか、が、新型エクリプスクロスPHEVがどれほどRAV4 PHVに食らいつけるか、を占うポイントとなる。

 しかし、価格差に関しては、約500万円もするRAV4 PHVが、受注目標300台/月と少量ながらも、あっという間に年度内生産分の受注が埋まってしまったことを考えると、残念ながら、約60万円安い新型エクリプスクロスPHEVに、圧倒的なアドバンテージがあるとはいえない。

 残るはエクステリアデザインだが、新型エクリプスクロスPHEVが「クーペSUV」であるのに対し、RAV4は、野性味あふれるSUVだ。ここは、テイストが違うため、ダイナミックシールド顔のクーペSUVを好むユーザーには、新型エクリプスクロスPHEVのほうに軍配があがる可能性は高い。

 しかし、ここにも、脅威がある。「クーペSUV」の王者、ハリアーのプラグインハイブリッドモデルの可能性だ。

今大人気のハリアーに、もしプラグインハイブリッド仕様が出てきたら、RAV4 PHVに続いてヒットする可能性は大きい

 ご存じの通り、ハリアーは、RAV4とプラットフォームを共有している。ということは、近い将来、ハリアーにも、プラグインハイブリッドが設定される可能性がある。もしそうなってしまうと、「(仮)ハリアーPHV」が、クーペSUV+プラグインハイブリッドカテゴリでも、頭角を現す可能性が大きい。

 もしそうなったとき、三菱に次の一手はあるのか、もしくは、協業関係にある日産が新型プラグインハイブリッドのSUVを出してくるのか。いずれにせよ、トヨタ一強をこれ以上許すわけにはいかない国内各社は、やるしかないのだ。

 プラグインハイブリッドはこれから拡販期を迎える。各社の勢力争いは、さらにヒートアップしてくることだろう。

【画像ギャラリー】新旧エクリプスクロスのデザインをギャラリーで比較!!