三菱エクリプスクロスPHEVはトヨタRAV4 PHVに喰らいつけるのか!??


 トヨタRAV4 PHVの受注殺到ぶりを、三菱はどのような思いで見ていただろうか――。

 三菱が誇る「アウトランダーPHEV」は、プラグインハイブリッド世界累計販売台数ナンバー1(2019年5月末時点)となったクルマだ。プラグインハイブリッド車としては、トヨタのプリウスPHVよりも認められてきた実績を持っている。

 ハイブリッド車ならいざ知らず、より高額なプラグインハイブリッド車で、ここまで受注が殺到したことに、三菱はさぞかし焦りを感じたことだろう。

 先日、三菱はクロスオーバーSUV「エクリプスクロス」をマイナーチェンジし、プラグインハイブリッドモデルを追加する、と発表した。ディーゼルエンジンモデルとの入れ替わりで登場するエクリプスクロスPHEVは、12月より発売される。

 三菱として2車種目となるプラグインハイブリッドモデルだが、その売れ行きは未知数だ。果たして、エクリプスクロスPHEVは、RAV4 PHVに、どれほど食らいつけるだろうか。

文:吉川賢一
写真:MITSUBISHI、TOYOTA

【画像ギャラリー】新旧エクリプスクロスのデザインをギャラリーで比較!!


新型エクリプスクロスPHEVはコスパ最高!!

 新型エクリプスクロスのエクステリアデザインは、デリカD:5と同じくダイナミックシールドのコンセプトに沿った厳つめの顔つきになり、なおかつ全長を140mm伸ばしたことで、クーペSUVらしい流麗なエクステリアになった。リアデザインも、左右を繋げていたテールライトを左右独立したデザインにしている。

新型エクリプスクロスのエクステリアデザインは、デリカD:5と同じくダイナミックシールドのコンセプトに沿った厳つめの顔つきになった

 また、ダブルウインドウであったテールゲートも、一般的なシングルへと変更した。インテリアでは、センターディスプレーが7インチから8インチへと大型化されている。

ダブルウインドウであったテールゲートも、一般的なシングルへと変更。テールランプも左右独立タイプとなった

 そして、プラグインハイブリッドシステムは、アウトランダーPHEVで実績のあるEVベースのツインモーター4WDだ。

 2.4リッターエンジンに前後1基ずつの高出力モーターと、大容量の駆動用バッテリーを組み合わせている。絶対的な加速パフォーマンスはRAV4 PHVに届かないものの、比較的コンパクトなボディによる身のこなしは、相当高いダイナミクスレベルといえるだろう。

 価格帯は、プラグインハイブリッドモデルで、約385万円~約450万円(参考:アウトランダーPHEV 約394万円~529万円)。RAV4 PHVが、約465万円~539万円であることから、最低価格で約80万円もエクリプスクロスのほうが安い、ということになる。

 しかし、ベースモデルの装備に差があることを考慮し、実質60万円程の価格差だと、とらえていだろう(RAV4のベースモデルに標準装備される「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ」が、新型エクリプスクロスのベースモデルには非装着の見込)。

 どちらにせよ、新型エクリプスクロスPHEVはコストパフォーマンスが非常に高いといえる。

 しかし、バッテリー容量は、RAV4 PHVの圧勝だ。アウトランダーPHEVにも採用されている、エクリプスクロスPHEVの駆動用リチウムイオンバッテリーの総電力量は13.8kWh、EV走行可能距離は57.6km であるのに対し、RAV4 PHVはバッテリー総電力量18.1kWh、EV走行距離は95kmと、なんと約4割以上も多い。

新型エクリプスクロスPHEVは、急速充電を標準装備し、充電時間は200V充電で約4.5時間(満充電)、急速充電で約25分(80%充電)だ

文句は「価格だけ」の、RAV4 PHV

 RAV4 PHVのシステム最高出力は225kW(306ps)。時速0-60マイル(0-96km/h)加速は6.0秒と、RAV4 PHVはRAV4史上、最速のモデルだ。燃費も、RAV4ハイブリッドの20.6km/L(WLTCモード燃費)に対し、RAV4 PHVは22.6km/Lと、10%近く改善をしている。

 GA-Kプラットフォーム採用による走りの質感と、本来のRAV4が持つ、オンオフ問わずにどこまでも走れそうな逞しさ、そしてハイブリッドを超える燃費、そして圧倒的な加速力。マルチパーパスビークルとして、RAV4 PHVは、重箱の隅の欠点さえ、見つけるのが難しい仕上がりのクルマだ。

RAV4 PHVは、年度内の生産分が終了しており、2020年10月20日時点でも、受注再開の目途は立っていない

次ページは : RAV4以外にも「脅威」がある?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ