燃費規制or環境対応型に二分? “次世代の本命”日欧PHVの長短と実力


 ハイブリッドの主流はPHV(プラグインハイブリッド車)に!?

 日本ではすでに普及して久しいハイブリッドながら、近年増えているのが文字どおりコンセントから直接充電できるPHV。

 国産では先駆車の三菱 アウトランダーPHEVを筆頭に、今年発売されたRAV4 PHVなど車種が増え始めてきたほか、欧州車ではBMWやボルボなど多くのメーカーが矢継ぎ早にPHVを販売してきている。

 とはいえ、まだ浸透しきれていないPHV。実は大きく2タイプにわかれるという日欧の主要モデルを中心に、各車の特長、そして現時点での勢力図を国沢光宏氏が解説する。

文/国沢光宏、写真/三菱、トヨタ、BMW、奥隅圭之、池之平昌信

【画像ギャラリー】既存のPHVの一歩先をゆくクルマ、トヨタRAV4 PHVをみる


アウトランダーなど「環境対応型」PHVの特長

 今までPHVには2つのタイプが存在した。アウトランダーPHEVに代表される「環境対応型」と、BMW 330eのような「燃費規制対応型」です。

 しかし! ここにきてRAV4 PHVという全く新しく「もしかしたら決定的かな!」と思える新しいタイプも出てきている。以下、今後普及しそうなPHVについて具体的に紹介したいと思う。

環境対応型は、二酸化炭素の排出量削減を狙ったPHVである。代表作は三菱アウトランダーPHEV

 まず環境対応型。これは純粋に二酸化炭素の排出量削減を狙ったPHVだ。本来なら純粋な電気自動車が望ましいものの、航続距離を稼ごうとすれば大きくて重くて高価なバッテリーを搭載しなければならない。

 一方、500km走行できるバッテリーを搭載しながら1日50kmしか走らないのなら、450km分の重いバッテリーをムダに運ぶことになる。

「だったら50km分のバッテリーを搭載し、それ以上走るならエンジンで発電機を回しましょう」というのがアウトランダーPHEVです。

バッテリーの電気だけで50km近く走るPHVのことを「レンジエクステンダー」と呼ぶ。代表モデルは、BMW i3、プリウスPHEVなどがあげられる

 バッテリーの電気だけで50km近く走る。1日の移動距離が50kmに届かない人だと電気だけで走れてしまう。太陽光発電を組み合わせれば、走行エネルギーということで考えるとカーボンフリーです。

 このタイプのPHVを「レンジエクステンダー」とも呼ぶ。電気自動車の航続距離を伸ばす、という意味。BMW i3やクラリティPHEV、プリウスPHVなども同じ狙いだ。

 絶対的な性能はあまり追求しない傾向ながら、それでもバッテリー容量タップリ残っているときは、アクセル全開するとけっこう元気よく走ってくれる。

BMW 330eなど「燃費規制型」の欧州PHV 特長は?

 燃費規制型はCAFE(企業平均燃費規制)から始まった。ヨーロッパでは2021年からメーカーで販売しているクルマ全ての平均燃費をJC08換算だとおおよそ20km/Lにしなければならない(燃費悪いと罰則金を払う)。

 当然ながら高性能車の存続は難しくなります。そこで考えたのがカタログ燃費だけ改善させるためのPHVだったりする。

BMW3シリーズ(WLTCモード:13km/L、市街地モード:10.2km/L、郊外モード:13.9km/L、高速道路モード:16.2km/L)

 BMW3シリーズで見てみよう。標準的な2L/184馬力のエンジンを積む320iは16km/Lだ。同じボディに245馬力エンジンを搭載する328iだと当然ながら燃費が落ちて14,7km/L。これだとCAFE規制に遠く及ばない。

 そこで320iにモーターとバッテリーを組み合わせ、短い距離なら排気ガスを出さない電気自動車として走れるPHVを作る。

プラグイン・ハイブリッド・モデル BMW 330e M Sport(WLTCモード:13.1km/L、市街地モード:9.6km/L、郊外モード:13.2km/L、高速道路モード:15.4km/L)

 しかも、絶対的な動力性能はエンジン+モーターになるから一石二鳥。3シリーズだと320iと同じ184馬力のエンジンにモーターを組み合わせ、システム出力252馬力とした。

 結果的に328iよりパワフルだから330eとなり、価格だって328i以上で問題なし! CAFEをクリアできて高性能になることを考えたら一石三鳥か。

 バッテリーの搭載量はカタログ燃費を向上させられるための最低量でOK。したがって黎明期におけるヨーロッパのPHVはバッテリー走行距離が20km少々と短い。

 また、バッテリーの電力を使い切ったら燃費もそれほど良くない。ポルシェもベンツも含め、ヨーロッパのPHVはおしなべて「高性能車を存続させるため」の対策です。

次ページは : 既存のPHVから一歩抜きんでたRAV4 PHV

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ