日産の一流レーサーが教えるNISMO車限定の運転講座が超豪華な理由


 新型リーフなどEVのイメージが強まってきた日産だが、実はいっぽうでノート e-POWERやマーチ、ミニバンのセレナにもスポーツブランド「NISMO」モデルを設定するなど、走りに特化したモデルを積極的に拡大している。

 そのオーナーに向けて2017年から始まった運転講座がNISMOドライビングアカデミーだ。 その秘密は“超少人数で豪華”な点に隠されていた。

 文:ベストカーWeb編集部/写真:平野学


NISMOドライビングアカデミーとは?

左からマーチ、ノート、GT-R、フェアレディZ、ジューク、セレナのNISMOモデル。講師はスーパーGT等で活躍するプロドライバーだ
左からマーチ、ノート、GT-R、フェアレディZ、ジューク、セレナのNISMOモデル。講師はスーパーGT等で活躍するプロドライバーだ

 NISMO車のユーザーが自らの愛車を使って、運転のイロハを学べるドライニングレッスン、それがNISMOドライビングアカデミーだ。

 マーチNISMO、NISMO S、ノートNISMO、NISMO S、e-POWER NISMO、ジュークNISMO、NISMO RS、セレナNISMOを始め、NISMO車以外でもフェアレディZとGT-Rを持っているユーザーであれば参加可能。

 しかも、講師陣は超豪華! “校長”は、元スーパーGTドライバーのミハエル・クルムが務め、スーパーGTチャンピオンの松田次生を始め、同GT500の千代勝正など、日産/NISMO系ドライバーの指導を直に受けられる。

“走る、曲がる、止まる”を基礎から徹底的に

左上から時計回りにフルブレーキ、定常円旋回、Jターン、サーキット先導走行の様子
左上から時計回りにフルブレーキ、定常円旋回、Jターン、サーキット先導走行の様子

 今回体験したのは、3段階あるうちのステージ1と2(車はノート e-POWER NISMO)。ステージ1はサーキットで走ったことのない人向け、ステージ2はミニサーキットでサーキットの「走り方」を練習する半日プログラム。

 冒頭では「座学」で、適切なドライビングポジションや、実技メニューのポイントを解説。

 その実技は、全開加速、フルブレーキから始まり、コーンで作った円を回る「定常円旋回」、そしてヘアピンコーナーさながらにJの字にターンを行う「Jターン」まで“走る、止まる、曲がる”を、基礎から徹底的に学習。

 その後は、ショートコースでプロドライバーによる先導走行、同乗走行を体験し、順にステップを踏んで学べるところが一番の売りだ。

次ページは : 目アンダー?? 講師の助言は1人1人に細かく、的確

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ