マークXジオ、R1ら、愛し愛された「マイナー車」たち 長所と消えた理由7選【第2弾】


華やかな新車が出れば、静かに新車市場から退場してゆく生産終了車があります。新車の紹介記事は多くのメディアで楽しめますが、消えていったクルマの記事は滅多に見ないもの。そこで先月「愛し愛された「マイナー車」たちの長所と消えた理由7選」という記事をお届けしたところ、多くの皆さまに反響をいただきました。
「あのクルマも取り上げてほしい」、「自分はあれに乗ってました」、「あのクルマにいつか乗りたいと思っていた」、そんな声を受けて、晴れて第2弾をお届けします。
去っていったクルマたちのこと、時々でよいので思い返していきましょう。
文:渡辺陽一郎


今回の「わたしの愛したマイナー車たち」には、スペース効率の優れた車種が多い。つまり売れ筋のカテゴリーとされるミニバンやSUVだが、いずれの車種も販売台数を伸ばせずに終わった。コンセプトが時期尚早で売れなかったが、今なら通用する掘り出しモノがあるかも知れない。そこで改めて取り上げてみたい。

■トヨタマークXジオ 2007年発売

◎よかったところ

マークXジオは、マークXのワゴン版として開発された。ただし駆動方式は異なり、マークXは後輪駆動のセダンだが、マークXジオは前輪駆動だ。当時のオーリスやヴァンガードと共通のプラットフォームを使った。

開発のテーマは「Saloon’s Future」で、車内の造りは「4+Free」とされた。サルーン(セダン)の将来像を追求したクルマで、4名の乗員が快適に乗車できる居住空間に加え、車内の最後部にフリースペースを備える。この部分には3列目のシートが装着された。

◎生産中止になった理由

3列目のシートを使うとミニバン、畳むとワゴン、デュアル・トノボード(専用の間仕切り)で荷室を区分するとセダンになるという、「3モードキャビン」が特徴だった。

しかし全高が立体駐車場を使いやすい1550mm(2WD)だったこともあり、3列目のシートが極端に狭く、ミニバンとしては非常に窮屈で使いにくかった。ワゴンとしても荷室が狭い。加えて内装の質感をセダンのマークXと同等まで引き上げたこともあり、直列4気筒の2.4Lエンジン搭載車としては価格が割高だった。そのために売れ行きは発売直後から伸び悩んだ。

■日産ムラーノ 2002年発売

◎よかったところ

北米向けに開発されたLサイズのSUVで、宇宙船を連想させる丸みのある外観、2825mmのホイールベース(前輪と後輪の間隔)が生み出す広い室内、優れた走行安定性などを特徴としている。

特に後席の足元空間の余裕が注目された。インパネなどの内装もていねいに造り込まれ、ゆったりと座れる前後席と相まって、上級ワゴンのような質感を味わえた。特に居住性は、当時のSUVではナンバーワンであった。

◎生産中止になった理由

全長が4825mm、全幅が1885mmのボディは、当時の国産SUVとしてはサイズが大きすぎた。しかも丸みのある外観は個性が強い。当時のSUVといえば、2000年に同じ日産から発売された初代エクストレイルがオフロードSUV風の内外装で絶大な人気を誇っていた。ムラーノはその陰に埋もれた印象があった。

しかし今はSUVが輸入車を含めて大型化され、オフロードSUV風の内外装は流行からはずれている。ムラーノのような個性派に、人気を集まる余地が生じてきた。

次ページは : ■三菱ミラージュディンゴ 1999年発売

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ