どれだけ低燃費に? 走りに影響は? 最新エコタイヤの性能と実力

 クルマに環境性能の高さが求められているが、そのなかでも路面に接地しているタイヤが重要な役割を占めている。タイヤの進歩は日進月歩だが、エコタイヤはなぜ「エコ」なのか?

 正直クルマにあまり詳しくない人では、「エコ」と言われてもピンとこないタイヤ。エコタイヤを装着すると、どうお得になるのか? そしてどれほどの効果があるものなのか? またクルマに詳しい人では、エコタイヤだと走行性能を低下させるのではないか? という点を気にする人もいるだろう。

 今回はエコタイヤは、どんなカーライフを送る人にエコタイヤは向いているのか? を解説していきたい。

文/斎藤聡
写真/ヨコハマタイヤ、編集部

【画像ギャラリー】省燃費に貢献! 純正でも低燃費タイヤを装着してる最新モデルたち


■エコ=低燃費? 意外に知らないタイヤの基礎知識

 最近よく耳にする「エコタイヤ」っていったいどんなタイヤなのでしょう? なんとなく燃費がよくなるらしいという話は聞いたことがあるけれどホント?
というわけで、ここでは低燃費タイヤについて解説してみたいと思います。エコタイヤを「低燃費タイヤ」と言い換えたのは、後述する理由で、公式に低燃費性能を持っていると認められたタイヤを低燃費タイヤと呼ぶことになっているからです。

 さて低燃費タイヤ、ほんとに燃費ってよくなるの? という疑問を持っている人は案外少なくないのではないかと思います。低燃費タイヤは転がり抵抗が少ないので、そのタイヤに付け替えるだけで燃費がよくなることが多いと思います。
というのは、最新のクルマは純正装着タイヤの転がり抵抗を少なくする傾向にあるからです。

最新のクルマは純正装着で低燃費タイヤを装着している。路面に唯一触れている部品だけに、その重要性はメーカーも熟知している

 一般的にはタイヤのグリップ性能と転がり抵抗はトレードオフの関係にあり、転がり抵抗を少なくするとグリップ性能が悪くなる傾向にあります。これまで(10年以上前の話ですが)、タイヤで多少燃費をよくするなら操縦安定性のほうが大事という考えかたが大勢を占めていました。

 CO2削減が世界規模での問題になり、近年では自動車メーカーも燃費性能に力を入れていて、タイヤメーカーも本腰を入れて転がり抵抗の少ないタイヤの開発に取り組み始めます。

 2005年前後、省燃費タイヤが注目を集めるようになると、タイヤメーカーは各社独自に低燃費タイヤの発売を始めます。他メーカーと比較することはできないので、「当社比」として、転がり抵抗30%低減とか50%低減といった具合に、基準のあやふやな数字の競争が始まります。

 これと時期を同じくして、欧州で転がり抵抗とウェットグリップ性能、通過騒音をタイヤに表示するタイヤのグレーディングシステム(等級制度)の導入が検討され、2011年から施行されました。

 これは、一定の基準を満たしていないと販売ができないという厳しいもので、国内タイヤメーカーも欧州でタイヤを販売していますから、基準に適合した新しいタイヤの開発でてんやわんやでした。ちなみに欧州のタイヤグレーディングは、燃費や転がり抵抗には幅が持たされていますが、通過騒音の項目があり、これが各メーカーを悩ませていたようです。

 話がそれましたが、日本でも消費者の混乱を招かないよう、欧州タイヤグレーディング制度を参考にして、2009年に「低燃費タイヤ等普及促進に関する表示ガイドライン」を日本タイヤ協会(JATMA)が発表します。じつは欧州より約2年早い2010年1月から始まり段階的に表示されることになりました。

 ちなみに、日本のタイヤグレーディングは、転がり抵抗とウェットグリップに関する評価で、転がり抵抗はもっとも転がり抵抗の少ない「AAA」から、「AA」「A」「B」「C」と5段階に分類。

 ウェットグリップは、グリップ性能の高い順から「a」「b」「c」「d」の4段階で表示。このうち転がり抵抗がAAA~Aで、なおかつウェットグリップがa~dのものを「低燃費タイヤ」と定義しています。

 転がり抵抗とともにウェットグリップ性能が表記されることになったのは、2つの性能を両立するのが難しいからです。

購入時の参考になる、低燃費タイヤのラベリング制度。転がり抵抗性能の等級がA以上で、ウェットグリップ性能の等級がa~dの範囲内にあるタイヤを低燃費タイヤと定義

■走りにはどんな影響がある!? 気になる低燃費タイヤの実力

 では、低燃費タイヤをつけるとどのくらい燃費がよくなるのでしょう。燃費の中でタイヤの性能が占める割合=寄与率は、一定速度走行で20~25%、モード燃費試験で10~20%、市街地走行で7~10%(JATMAホームページ)なのだそうです。

 市街地走行では、タイヤの転がり抵抗が10%減ると、その10%(寄与率)が燃費に反映されるので、1%の燃費向上が期待できます。

 タイヤグレーディングの転がり抵抗は、「B」⇔「A」、「A」⇔「AA」などランクごとの間がおおむね10%と考えていいので、転がり抵抗「B」のタイヤから「A」に履き替えると1%、「B」から「AA」に履き替えると2%、「AAA」に履き替えると3%くらい燃費がよくなると考えられます。

 なんだ1%か、と思われるかもしれませんが、実燃費20km/Lのクルマはタイヤを履き替えるだけで20.4km/Lになるわけです。これが高速道路主体になると寄与率は20%近くが見込めますから20.8km/Lになります。

 経験上、ちょっと燃費に気をつけて走るようになるだけでさらに燃費は向上しますから、お得感は少なくないと思います。

NDロードスターを使ってベストカー本誌が2018年にテストを実施。ヨコハマタイヤの「アドバンスポーツ V105」、「アドバンフレバ V701」、エコタイヤの代表的存在「ブルーアースA」を用意して、転がり抵抗の違いをテストした
テストの結果は、やはり転がり抵抗が低いようで、ブルーアースAがアドバンスポーツよりも16mほど長く転がった。特に10km/h以下に速度が落ちてからの転がり抵抗に差があるようだ

 もうひとつの疑問、走りの性能は犠牲にならないのだろうか? について。
大雑把な印象でいうと、ほぼ違和感なく走れると思います。注目ポイントはウェットグリップのグレーディングです。ドライグリップとイコールではありませんが、ウェットグリップ「a」「b」だとかなりしっかりとしたグリップ感が期待できます。

 操縦性についても、スポーティ、スポーツタイヤにも転がり抵抗低減の動きがみられるようになっています。

 ウルトラハイパフォーマンスタイヤのミシュラン「パイロットスポーツ4」の一部サイズに低燃費タイヤがあります。このほかミシュラン「パイロットプライマシー」や、ブリヂストンの「プレイズシリーズ」、ダンロップの「ビューロVE304」や「ル・マンV(ファイブ)」、ヨコハマの「ブルーアースGT」、トーヨータイヤの「プロクセス・スポーツ」の一部サイズなど、操縦性と転がり抵抗を両立した走りの楽しいタイヤも多くみられるようになっています。

 タイヤキャラクターと、タイヤラベリングを参考に選んでみるといいと思います。

上記で紹介したタイヤ以外にも、ヤリスが純正装着するブリヂストン「エコピア」、ヤリスクロスが純正装着するダンロップ「エナセーブ」などの低燃費タイヤを装着している

 じつは最新のスタッドレスタイヤも表記はされていませんが、かなり転がり抵抗が少なくなっています。これは接地面を均一にすることでタイヤへの負担≒エネルギーロス少なくするような設計をしていたり、低温時のグリップとともに転がり抵抗を少なくする効果があるシリカが多く使われるようになったことが理由にあるようです。

 いまやスタッドレスタイヤも極端な燃費の悪化を心配することなく、走ることができるようになっているのです。

【画像ギャラリー】省燃費に貢献! 純正でも低燃費タイヤを装着してる最新モデルたち

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ