なぜ今なのか!? マツダ「コスモスポーツ」の絶版部品復活に秘められた狙い

 マツダの名を世界に轟かせた名車「コスモスポーツ」のブレーキ関連部品などを、パーツメーカーである「日清紡精機広島」が復刻させ、オーナーズクラブに納品したことを発表。今後もレストア事業を強化していくことも表明している。

 近年、国産自動車メーカーが旧車部品の復刻やレストア事業にも乗り出しているが、サプライヤー自身で、このような発表を行うケースは珍しい。日清紡精機広島に、復刻の経緯と狙いについて取材した。

文/大音安弘
写真/日清紡精機広島、MAZDA

【画像ギャラリー】日清紡精機広島が手掛けたこだわりの復刻部品でコスモスポーツがよみがえる!!


■その原点はマツダと共に……

「夢のエンジン」と謳われたロータリーエンジン。その歴史は、ひとりの男の決断で大きく変わったといってもいいだろう。当時の東洋工業(現:マツダ)の社長である松田恒次氏だ。

 その可能性に注目した松田恒次氏は、早速、特許を持つNSU社とライセンス契約を結ぶ。そこからマツダは、ロータリーエンジン開発に挑むことになるが、それは極めて困難な道であった。何しろ、特許を持つNSUヴァンケル社さえ、深刻な課題を抱えたままだったのである。

 しかし、その未来に掛けたマツダの技術者たちの努力により、製開発の2ローターエンジンの量産・実用化に成功。軽量・高性能というロータリーの特性を体現するモデルとして、1967年に「コスモスポーツ」を発売。そのニュースは、国内のみならず、世界にも衝撃を与え、マツダのアイデンティティのひとつへと発展していく。

世界初の実用・量産ロータリーエンジンを搭載して、1967年に登場した「コスモスポーツ」

 そのブレーキ関連部品などを供給していたのが、辰栄工業(現:日清紡精機広島)であった。

 辰栄工業は、1952年(昭和27年)に広島県広島市に消防ポンプなどを製造する会社として、広島県呉市の実業家、澤原梧郎氏が創業する。その際の発起人のひとりとして力を貸したのが、同じく広島の実業家で、東洋工業(現:マツダ)の創業者の松田重次郎氏であった。

 その繋がりから、辰栄工業の技術を活かしたブレーキ部品の製造が持ち掛けられ、1954年(昭和29年)より同社は、消防ポンプの製造から自動車部品製造を主力とし、マツダのサプライヤーとなる。それを機に、マツダとの関係はより深くなり、子会社化。

 しかし、バブル後のマツダの経営危機により、関連会社を売却。辰栄工業も、2001年にコンチネンタル傘下のコンチネンタル・テーベス社に買収されることになる。その後、コンチネンタルの広島工場として稼働するが、グローバルへの部品供給を強化すべく、生産工場の中国に移転することが決定。

 だが、同社はマツダへの部品供給も行っていたため、コンチネンタルの日本展開で協業を行っていた日清紡績(現:日清紡ホールディングス)が、辰栄工業の製品を受け継ぐ新会社「日清紡精機広島」を2007年に設立。現在は、自動車用吸排気制御バルブなどのエンジン部品とマスターシリンダーなどのブレーキ部品の開発製造を手掛けている。

日清紡精機広島のライン風景。左は量産専用機、右は補修品専用機

■コスモスポーツ部品復刻に向けて

 日清紡精機広島によると、実はコスモスポーツの部品復刻は、今回が初ではないという。2015年にマツダがレストアを行った「コスモスポーツ」でも、補修部品供給の相談を持ち掛けられ、協力を行ったそう。

 管理保管されている当時の図面を基に、構成部品を忠実に再製作しオリジナルのデザインでマツダへ納品した。ただ当時の資料などは一切なく、マツダより現物を借用し、それを基に少数の製造を行い、供給した。

 今回は、コスモスポーツオーナーズクラブからの依頼によるものだが、元々はマツダへ相談が行われ、その紹介で日清紡精機広島にバトンが渡されることになった。

 製造コストと価格のバランスから、供給分として、100セットの製造を決定。対象部品は、ブレーキマスターシリンダー、クラッチマスターシリンダー、そしてクラッチレリーズシリンダーボディの3点となった。

今回部品復刻されたブレーキマスターシリンダー、クラッチマスターシリンダー、クラッチレリーズシリンダーボディの3点
実車に取り付けられたブレーキマスターシリンダー、クラッチマスターシリンダー

 マツダの依頼で復刻経験がある部品とはいえ、量産は初の試みである。今回も対象部品を借り受け、3Dスキャナーを活用し、部品をデジタル化。そのデータで強度、振動、熱などの解析ソフトで検証。その結果をフィードバックした再設計を行い、新規に金型も起こしたという。

 開発から製造まで1年間の期間を要したが、2019年12月に、無事、コスモスポーツオーナーズクラブへと納品。すでに購入者の多くが部品を装着済みで、その評判も上々だそう。安全に関わる重要備品であることも大きいが、何よりも現代の材料を使用して新品となったことの操作フォールの向上と安心感が、オーナーを喜ばせているようだ。

●コスモスポーツの部品復刻だけじゃない! マツダの補修部品を手掛ける「日清紡精機広島」はこんな会社

■なぜ今、復刻部品を手掛ける!?

 マツダ車の補修部品を手掛けているとはいえ、なぜ旧車部品の復刻に取り組むのだろうか。その大きな目的は、技術の伝承にあるという。

 今、日清紡精機広島の主要製品は、エンジン関係が主体。ブレーキ関連部品は縮小傾向にあるという。特に、2020年5月にマツダ商用車の「ボンゴ」が生産終了したことで、継続生産されるブレーキパーツがなくなったことも大きかったそうだ。

 そこでブレーキシリンダーなどの同社の得意とするブレーキ部品の技術を失わないためにも、今後も旧車への対応を行う決断をしたのだ。これはマツダ車に限ったことではなく、まとまった数の依頼であれば、さまざまな車種で行っていきたいとしている。これは旧車ファンにとって救いとなりそうだ。

■今も新旧マツダを支える日清紡精機広島の匠たち

 マツダ傘下から離れたことで、継続部品を除き、マツダへの新規部品がなくなった時期もあったが、2016年より、マツダ新型車用のエンジン部品を受注。

 SKYACTIV-G2.5Tエンジンの排気バルブに加え、2019年からSKYACTIV-Xのインテークマニホールドも手掛けている。まさにマツダの今を支えているメイドイン広島なのだ。

 ただ辰栄工業時代に比べると会社の規模は縮小され、現在の従業員数は70名弱。マツダから離れたあと、リーマンショック、東日本大震災、タイの洪水など影響で、経営危機に陥り、大リストラを断行したこともあった。そのなかで、生き残りをかけて奮闘した結果、マツダとの新規ビジネスが業績回復の大きな足掛かりとなったという。

 ただ現在も辰栄工業時代からの社員が多いというだけに、マツダ車への想いも深いものがあるのだろう。それが同社の復活の大きな力になったに違いない。

 もちろん、新車だけでなく、マツダの従来車向けの部品も製造しており、取材時にはマツダ「RX-7(FD3S)」のエアーコントロールバルブの組み立てが行われていた。熟練の職人によりひとつひとつ丁寧に手組で生産しているという。このように旧型車の部品は、多くの中小企業に支えられていることを、我々は忘れてはならない。

「RX-7(FD3S)」のエアーコントロールバルブ組立風景。熟練の職人によりひとつひとつ丁寧に手組で生産されている

【画像ギャラリー】日清紡精機広島が手掛けたこだわりの復刻部品でコスモスポーツがよみがえる!!