東京都知事2030年に純ガソリン新車販売禁止明言! できるか? やるのか?? 真意と可能性


 小池百合子都知事は2020年12月8日の都議会本会議で「ゼロエミッション化を進めることが気候変動に立ち向かう世界の大都市の責務」と答弁し、東京都における純ガソリン車の新車販売を2030年までにゼロとする方針を明らかにした。

 これまで東京都はCO2排出を2050年までに実質ゼロにする「ゼロエミッション東京」を2019年5月に発表したが、ここにきて急展開をみせた。

 この2030年という目標年は、米カリフォルニア州や中国、そして我が国が目指している2035年より5年早く、イギリスと同じだ。

 本当に、東京都内で、2030年までに純ガソリン車の新車販売禁止が実現できるのか、モータージャーナリストの国沢光宏氏が解説する。


文/国沢光宏
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 ホンダ スバル

【画像ギャラリー】あと10年で新車市場から消滅? 10年後には新車で買えない純ガソリン車たち


都議会本会議で2030年までに純ガソリン車の新車販売禁止を打ち出す

国会議員時代の小池都知事が三菱i-MiEVを購入した際、ベストカー本誌が取材した時の写真
2.4L水平対向4気筒エンジンを搭載する純ガソリン車の新型BRZ。こうした純ガソリン車のスポーツカーもなくなっていく運命にある
2020年12月23日に発売する新型ノートはe-POWERのみで純ガソリン車のラインナップなし

 2020年12月8日の都議会本議会で小池都知事が突如「都内で販売される新車について、2030年までに脱ガソリン車とする」という方針を表明した。

 ちなみにハイブリッド車はガソリン車に含まれないという見解。ハイブリッド車なら売ってよいということになる。この表明を受け、勉強不足のメディアは一斉に「国より5年間先行した!」と持ち上げてます。

 しかし2030年の脱ガソリン車はすでに決まっていること。我が国の場合、2020年3月に2030年からCAFE(corporate average fuel economy=企業別平均燃費基準)を導入することを決定しているのだった。

 参考までに書いておくと、CAFE2030の数値はWTLCで25.4km/L。これを達成しようとすれば最低でハイブリッドしかない。

 ヤリスで最も燃費よい1L車は20.2km/Lですから。はたまたCR-Vの2モーターハイブリッドでも21.2km/Lとなり、CAFE2030に到達できない。

 トヨタですら純粋なガソリン車を全廃しない限り無理。トヨタ以外のメーカーからすれば、電気自動車やハイブリッドに切り換えるしかない状況だった。

 小池さんはそこから全く抜け出せていないです。もちろん自分が決めたことでもありません。

軽自動車も対象となると全車フルハイブリッドになる?

 強いて興味深い点を挙げるなら、軽自動車です。白ナンバーの普通車についていえば、簡易式ハイブリッドじゃ到底規制値に届かない。

 フルハイブリッドが必須。けれど軽自動車ならスターターモーターを使う安価な「マイクロハイブリッド」でなんとか25.4km/Lをクリアできることだろう。アルトの場合、25.8km/Lですから。

 つまり「マイクロハイブリッドを認めるかどうか」ということになる。もしマイクロハイブリッドを「ガソリン車じゃないね。立派な電動車だ!」と認定するのであれば、これまたCAFE2030と全く変わらない。

 ここまで読んで「だったら小池都知事は何が言いたかったのか?」と思うだろう。私も全く理解できないでいる。

 参考までに知事の意向だけで強制力を持たせられるかとなれば、明確に「できる!」。

 なにせ「CAFE2030をクリアしなければ国交省は新型車の認可をしない」といったベースがあるため、当時の石原都知事がディーゼルの排気ガス規制を前倒しした時と同じく販売しているすべての車種にCAFE2030を適用すればいいだけ。


■世界各国のガソリン車、ディーゼル車禁止の動き
●ノルウェー/2025年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●デンマーク/2030年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●スウェーデン/2030年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●オランダ/2030年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●ドイツ/2030年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●フランス/2040年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●イギリス/2030年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止、HV車は2035年販売禁止
●スペイン/2040年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●アイルランド/2030年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●アイスランド/2030年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●アメリカ・カリフォルニア州/2035年、ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止
●中国/2035年にはガソリン車の販売を禁止しHVに。EVやPHV、FCVなどを含むNEVについても新車販売の50%以上を目指す

電気自動車のレースを都内で開催?

2016年末、丸の内でデモ走行したフォーミュラE

 強いて今回の指針表明で興味深かった点を挙げるなら「電気自動車のレースを行う」というくだり。

 一時、横浜でもフォーミュラEを開催しようとしていた。台場あたりで開催するということなんだろうか? それとも独自に電気自動車レースを主催しようということか。後者なら興味深いイベントにあるかもしれない。

 一方、フォーミュラEを考えているなら、プロモーターに美味しいことを吹き込まれているのかもしれません。

 フォーミュラE、2021年限りでアウディやBMWが撤退を決めており、資金難に直面している。実際、盛り上がっていないし面白くもないです。東京都のようなお金持ちがスポンサーになってくれたら渡りに船。

 もし電気自動車レースを開催するという楽しくて素敵な構想を持っているのなら、ぜひとも東京都が主催して欲しいと思う。

 日本にも実力のあるレースプロモーターはいる。フォーミュラEのような盛り上がらない電気自動車レースよりずっと楽しい内容になるだろう。台場なら全長2~3kmのコース設定が可能です。

【画像ギャラリー】あと10年で新車市場から消滅? 10年後には新車で買えない純ガソリン車たち

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ