ホンダが中国で新型「M-NV」を発表! 低価格路線EVは将来の台風の目となる!?


 2020年11月に開催された広州モーターショーで、東風ホンダ(ホンダと東風汽車の中国合弁会社)が『M-NV』という新型電気自動車を発表し、大いに注目されている。問い合わせも多数来ているそうな。

 今や電気自動車など当たり前の中国で、なぜM-NVなんだろうか? このクルマの面白さは、中国ブランドの電気自動車を除き、236~252万円という驚くほど安い価格を付けてきたことだ。

 以下、なぜ安いのか理由を説明するけれど、M-NVが採用しているリチウム電池を日本でも搭載してきたら、ハイブリッド車より安い価格を付けられることだろう。さらに補助金も受けられるとなったら、エネルギーコストを含め圧倒的に安価になります。M-NVは日本の自動車の常識を変える存在になるかもしれない。その注目のモデルについて詳しく紹介したい。

文/国沢光宏
写真/Dongfeng-Honda

電動化加速で日本上陸もあり得る!? 東風ホンダから発表された新型SUV『M-NV』の全貌


■信頼性は日本基準 価格はEVとして驚くべき設定!

 クルマに限らず中国において日本ブランドが信用されている。中国ブランドは、いろんな意味で玉石混交。なかでも不安を抱くのは信頼性&耐久性だという。日本ブランドは壊れ難いし、壊れてもキチンとしたアフターサービスを受けられる。中国ブランドは、テスラと同じくディーラーがないケースも多く、トラブル出た時に困ることも。

 加えてM-NVの価格とスペックは中国の電気自動車補助金の対象になっており、実質的にガソリンエンジン車と同じくらいの価格で購入可能。中国も日本と同じくガソリン代より電気料金のほうが安いため、総合して考えれば電気自動車はトクなのだった。さらに壊れず信頼性高いとなったら売れて当然かもしれません。

洗練されたデザインのSUV「M-NV」。236~252万円という驚きの価格で登場

 驚くべきは航続距離。ホンダの発表データによればフル充電で480km走れるという。電池容量こそ未公開ながら、走行100kmあたりの電力消費量は13.7kWhとのこと。この数値から推算すると65.76kWhという日産「リーフe+」の62kWh以上の電池を搭載していることになる。電池搭載量からすれば236万円は超格安といってよい。

 なぜ安い価格設定が実現できたのか? どうやらCATL(寧徳時代新能源科技)製の電池を搭載しているようだ。CATLは中国最大のリチウムイオン電池メーカーで、ホンダも出資している。ここにきて大幅な性能向上と価格低減に成功したと言われており、M-NVは安価な新世代リチウム電池を搭載していると考えていいんじゃなかろうか。

 車両価格を120万円と考えたら、電池代が120万円。65kWh搭載しているとなれば、1kWhあたり2万円ということ。現在「ホンダe」が搭載しているパナソニック製のリチウム電池の3分の1くらいの価格ということになる。1kWh=2万円が実現すれば、もはやハイブリッド車より電気自動車のほうが車両価格+エネルギー価格の合計で安くなる!

■M-NVはゲームチャンジャーになりうる実力あり! その存在に要注目

 もう少しわかりやすく説明してみよう。現在中国で販売しているホンダ「ヴェゼル」の価格は201万円。日本と“ほぼ”同じ価格といってよかろう。236万円のM-NVもヴェゼルのプラットフォームを使っているため、兄弟車と言ってよい。価格差35万円だ。

サイズはほぼヴェゼルと同じ。サイドのスタイリングもヴェゼルに近い

 ヴェゼルの実用燃費を12km/L。M-NVの電費を6km/kWhとすれば、走行1万kmあたり8万円以上浮く。いや、中国だと価格差分の補助金が出るため最初からM-NVは安い。もし日本でも安価なCATLのリチウム電池を搭載したヴェゼルを236万円で出せたら、補助金(2021年は80万円)使うことで最初からガソリン車より安くなってしまう。こうなるとゲームチェンジだ。誰だって電気自動車を買うことだろう。

 CATLのリチウム電池を搭載したホンダ車を日本で売る時が来るだろうか? こらもう「遠からず来る!」と予想しておく。御存知のとおり日本の外交能力は極めて低い。中国政府から安全性の保証を付けられた上、貿易不均衡解消のためにもCATLのリチウム電池を買うように圧力掛けられたら、簡単に屈すると思う。

 もちろん安全性は重要。ただ前述のとおりホンダもCATLに出資している。日本水準の安全性をクリアさせることは難しくないだろう。それ以前に、M-NVが搭載しているのは安全面で極めて優れているリン酸鉄リチウム電池かもしれない。この電池、CATLの得意分野で、安価かつ安全で寿命も長いという素晴らしい特性を持つ。

 M-NVの評価が高まり、トラブルなど起きなければ99%の確率でホンダは日本でもCATLのリチウム電池を搭載したモデルを出してくると思っていい。2022年か2023年になるか不明ながら、そうなったら日本で販売されるホンダの半分くらいが電気自動車になるんじゃなかろうか。ぜひM-NVに注目していて欲しい。

高級感が漂う本革調シートの室内。ヴェゼルの特徴である広い後席空間も継承する

 参考までにM-NVのスペックを挙げると、全長4324×全幅1785×全高1637mm。ヴェゼルの4330×1770×1605mmと極めて近く、でホイールベースは共通の2610mm。モーターが最大出力163ps、最大トルク28.5kgmを引き出す。動力性能は0~100km/h加速が、日産の「標準型リーフ」と同等の9.3秒となる。

電動化加速で日本上陸もあり得る!? 東風ホンダから発表された新型SUV『M-NV』の全貌

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ