新型ノートの評価と気になる受注状況 e-POWER専売になってその反響は!?


■e-POWER自体は高価ながら 主軸モデルは従来モデルよりも値下げ

 価格設定は2WDだと車両本体価格が202万9500~218万6800円で前モデルのe-POWERの205万9200~246万9500円に比べると2万9700~28万2700円の値下げとなっている。

 ライバルのトヨタ『ヤリス 1.5Lハイブリッド(FF)』の199万8000~229万5000円、ホンダ『フィット 1.5Lハイブリッド(FF)』の199万7600~232万7600円に比べると、上級の主軸モデルでは10~20万円も安い設定となっている。

 ただ、これは額面通り受け取る訳にはいかない。安く設定するために主要装備をメーカーオプションにして外してある可能性があるからだ。

 メーカーである日産は、傘下日産店に車両本体やメーカーオプション&付属品のサジェッションプライスを提示しているが、今回は商品性の引き上げによるコストアップにもかかわらず、実質値下げを実施したと説明している。

液晶パネルを多用し一気に時代をワープしたコックピット。シックでシャープなイメージに一新

 一方で販売店のマージン幅も引き下げている。このため50万円程度のオプション&付属品を装備しても、「値引きは5~8万円に引き締め、これ以上上乗せすると販売店の収益はなくなってしまう」と説明している。

■現場が語る新型ノートへの期待と今後の動き

※証言1:首都圏日産店営業担当者
 当面は従来型ノートe-POWER車からの代替えが見込めるので、受注は急ピッチで進んでいる。

 しかしながら、新型ノートはe-POWER車のみのラインアップだから、1.2L NAやメダリストを希望するお客さんには応えられないので厳しい。どうしても1.2L NAを希望するお客さんに対してはマーチを勧めるようにしているが、モデルが古く、安全装備も十分でないので、ライバルのヤリス、フィットなどに取られてしまうケースもある。

 新型車ではコストアップしているのにe-POWERにしては安い価格設定をしているので売りやすいが販売店のマージン幅が絞られているので、車両本体からの値引き余力がない。10万円以上を値引きすると赤字になってしまいできないので、ライバル車と今後競合したら負けるケースが多くなる可能性がある。

※証言2:首都圏日産プリンス店営業担当者
 2021年1月4日現在の納期は、2021年2月中旬で1カ月半の納車待ちになっている。今後は急速に受注が増えているので1週間もすれば2カ月以上の待ちになると予想している。

 一般向けはベーシックの「S」と、シートの本革仕様、アルミホイール、プロパイロットが標準装備された上級グレード「X」の2タイプがあり、Xのほうが半分強と売れ行きがよい。

 e-POWER車だけだとガソリンNA車希望のお客さんの希望に添えないので、今後販売台数を伸ばすのは難しくなるかも知れない。

【画像ギャラリー】思わず乗ってみたくなる!新型日産ノートを写真で紹介!