新型エクリプスクロスPHEVは驚きと魅力度高し! 三菱のこだわりがギュッと詰まった!!


■懐が深い制御に驚く!

 ハンドリング性能はアウトランダーよりはるかにスポーティ。ボディを含めた剛性が高く、足の動きも軽やかだ。狙ったラインにたやすく乗せることができ、連続するコーナーもリズミカルに駆け抜けていく。自然な操舵フィーリングと群を抜くトレース性の高さが光っている。

 懐が深くコントロールできる領域が広い、システムの制御は絶妙だ。4WDを意識させることなく、気持ちいい走りを実現。それを体感できた。意のままにクルマが動き、運転する楽しさもある。エクリプスクロスPHEVの最大の特徴であり、魅力と言えるだろう。

あらゆる路面に対応する「S-AWC」の凄みを体感できるのが上イラストで色分けされた選べる4つの「ドライブモード」。ノーマルからターマックまで、状況や好みで走りを味わえる
4WD制御の「S-AWC」は自在に駆動力を配分することが可能になり、レスポンスも素早い!

 魅力といえば、ビッグMCといえるほどフロントマスクは凛々しく変わり、リアのダブルウィンドウを廃したことで後方視界もよくなった。姿も進化した、ということだ。

 1充電で57.3km(WLTCモード)をモーター走行できるからチョイ乗りではガソリンを使わないし快適性も高い。また急速充電器を使える点も高ポイント。“クルマ魅力値”がかなり高いモデルである。

【画像ギャラリー】単なる仕様追加にあらず! 新型エクリプスクロスPHEVの魅力を写真でチェック!!