【アウトランダー、MINI、VW】プラグインハイブリッドで買うべきクルマたち

 EVだ、ハイブリッドだ、環境に優しいクルマが多く登場している今日この頃。家計にも優しいエコカーではあるものの、いろいろと課題がある。

 EVは運転は楽しいものの、航続距離にはまだまだ課題が多く残る。かといってハイブリッドは街中に溢れているし、なんだか乗っていてつまらないと思う人も多いはず。

 そこでEVとハイブリッドの間ともいえる、プラグインハイブリッドはどうだろう? 充電すれば一定区間はEVになるし、電池切れをしたらハイブリッドにもなる。

 だからどちらの魅力も楽しめるんじゃないか!? ってなことで若手のライター大音氏に「買い」のプラグインハイブリッド3選を挙げてもらいました!!

文:大音安弘/写真:平野学、池之平昌信、VW


■ネックは価格のみ!? 気になるPHVのメリットは?

 世界的に自動車の電動化が進む今、愛車の選択肢として、EVの存在を意識し出した人もいるはず。圧倒的な静かさや淀みのない加速などの特徴を持つEVは、エンジン車とは違うクルマの世界を見せてくれる。

 しかしながら、航続距離はガソリン車に遠く及ばず、走行に必要なインフラや充電時間など、まだまだ大きな課題を抱えている。

 私自身、1週間ほど新型リーフを利用してみた際、連日、200kmほどを移動していたため、毎日の充電が必要となった。自宅に200Vコンセントがないので、全て帰宅途中に急速充電器を利用したが充電スポットの探しや充電時間などを煩わしく感じたものだ。

 そこで注目したいのが、より電動化の恩恵を気軽に味わえるプラグインハイブリッドカー(PHV)の存在だ。ハイブリッドカーとの大きな違いは、大容量の走行用バッテリーを搭載することで、一定距離を電気自動車として使えること。

 どのクルマもモーターのみで100km/h以上で走れるので、日本の道路環境では、電気のあるうちはEVと変わらない。さらにEV同様に外部充電も可能。

プラグインハイブリッドの走りは楽しい。しかしいかんせん高すぎるという問題も
プラグインハイブリッドの走りは楽しい。しかしいかんせん高すぎるという問題も

 もちろん、電気がなくなってもハイブリッドカーなので、必ずしも充電の必要もない。だから日常生活の移動はEV、長距離移動やドライブは、ハイブリッドカーとして使える。まさにEVとハイブリッドカーの良いとこどりなのだ。

 またPHVは、メカニズム的にも高価格となることもあり、上級グレードとして開発されているため、各社のPHVは、充実装備の快適性に加え、走行性能もしっかりと作り込んできている。決して、単なるエコカーではないのだ。

 唯一の欠点は、やはり価格の高さ。例えば、プリウスとプリウスPHVの価格差は、標準車のSグレード同士の比較でも約78万円ある。性能や装備差があるとはいえ、意外と大きいと感じるはずだ。

 救いとしては、より進んだエコカーとして、グリーン化特例による減税とCEV補助金の国からの優遇があること。プリウスPHVでは、35万円前後が補助される。これにより価格差が、少しでも圧縮されるのは嬉しいところだ。

■オススメの3台は三菱、MINI、VWだ!!

【三菱アウトランダーPHEV 価格:365万9472円~468万1260円】

 人気のSUVをPHEV化したアウトランダーPHEV。2013年より発売され、既にフェイスリフトを含むビックマイナーチェンジも実施済み。このため、メカニズムもしっかりと改良が行われ、熟成領域にある。

 フロントの2.0L自然吸気エンジンに加え、前後にそれぞれ走行用高出力モーターを搭載した電子制御AWDシステムによる高い走破性を備える。

すっかり国産プラグインハイブリッドの代名詞となったアウトランダーPHEV。SUVでプラグイン、そして安定の三菱の4WDとくれば無敵感満載だ
すっかり国産プラグインハイブリッドの代名詞となったアウトランダーPHEV。SUVでプラグイン、そして安定の三菱の4WDとくれば無敵感満載だ

 EVモードでは、最大60.8km(JC08モード)の走行が可能。EVモードだけでなく、HVでの走行も静かなので、高級SUV感覚もある。充電は200Vだけでなく、急速充電にも対応しており、利便性が高い。

 特徴的なのが、給電機能。車内の3つのコンセントから100V1500Wの電力を取り出せるほか、V2H機器を用いれば、車両から住宅に、バッテリーだけで1日、エンジンによる発電も合わせると最大10日分の電力供給が行えるなど多機能なのは、実に日本車らしい。

 またPHVのSUVとしては、最も手頃なモデルでもある。アグレッシブになったエクステリアに比べ、インテリアがちょっと古臭さを感じるのが、唯一の欠点か。

【ミニ クロスオーバーS E オール4 価格:479万円】

 昨年7月に日本上陸したばかり、ミニ初のプラグインハイブリッドカー。

 前輪を1.5L直3ターボエンジン、後輪をモーターで駆動するが、エンジン+モーターを組み合わせることでAWD化しているのが特徴的。このため、EVモードでは、後輪駆動となる。

 EVでの航続距離は、最大42.4kmを確保。充電は200Vのみの対応となる。「クーパーS」を名乗るだけに、やんちゃな走りを連想させるが、EVモードでの走行は、MINIのイメージを大きく覆すほど、静かで快適。HVモードでも想像するよりも、ずっと大人っぽいクルマだ。

オシャレなミニのプラグイン。価格は高いが、走りは断然ガソリンよりこちらのほうが評価も高い
オシャレなミニのプラグイン。価格は高いが、走りは断然ガソリンよりこちらのほうが評価も高い

 性能面人気のMINIだけに、周りからの受けも良く、リセールバリューも期待できる点もマル。装備もACCを始めとする先進機能やカーナビなども標準化されている。

 ただ見た目での差別化は少なく、黄色のアクセントカラーのみなので、PHVと気が付かれることは少ないかも……。

【VWパサートGTE ヴァリアント 価格:548.9万円】

 VWのPHVシリーズの総称が「GTE」だ。ゴルフGTIの姉妹車扱いとなるゴルフGTEもあるが、GTIの名を意識するなら、素直にゴルフGTIを選ぶべき(GTEにGTI要素を期待するとちょっとガッカリかも!?)。

 そこでおススメしたいのが、上級車パサートのPHV、しかもツーリングワゴンのGTEヴァリアントだ。

 元来、静粛性と乗り心地に優れる新型パサートには、同クラスのライバルと比較しても見落とししない素性の良さがあり、EVというキャラクターも似合う。

 先進安全機能も充実しており、“GTEアドヴァンス”フル液晶ディスプレイやヘッドアップディスプレイなどが欲しい人以外なら、標準車のGTEでOK。上級グレード扱いなので、やはり装備は充実している。

GTEにGTIの要素を期待すると物足りないという意見も。その点ヴァリアントはいい選択かも
GTEにGTIの要素を期待すると物足りないという意見も。その点ヴァリアントはいい選択かも

 セダンも選べるが、価格差は20万円なので、多目的につかえるヴァリアントが良い。VWのPHVは、1.4L TSIエンジンにモーターを組み合わせた前輪駆動車のみ。EV航続距離は、最大47.9km。充電は、200Vのみ対応となる。

 基本的にグランツーリスモだが、走行モードでGTEモードを選ぶと、エンジンとモーターを同時に使うなど、パワフルな走りが楽しめ、スポーティワゴンに変身する。

■PHVには他に変えられない魅力がある

 まだ選択肢が限られるPHVだが、各社共に、燃費などの環境性能や静粛性の高さだけでなく、充実した機能や装備を与え、さらにPHVであることを積極的に走りの良さに繋げたモデルばかりだ。予算が許すなら、HVよりPHVが断然面白い。

 もし購入するなら、できれば駐車場に200Vコンセントを用意したい。これがなければ、EVモードを楽しむ機会が限定されてしまうので、勿体ない。バッテリー容量もEVほど大きくないので、200Vでも3~4時間程度で満充電が可能。

 日常生活でEVライフを楽しむなら、かなり現実的な選択と感じるはずだ。ただマンションなど、物理的にEVの所有が難しい人にも、走行中にエンジンによる充電優先モードがあるため、電気を貯めればEV走行を楽しむことができることを付け加えておきたい。この点もPHVの魅力といえるだろう。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ