新型エクリプスクロスPHEVは驚きと魅力度高し! 三菱のこだわりがギュッと詰まった!!


 2020年12月4日、三菱『エクリプスクロス』がマイナーチェンジ。全長が140mm伸び、ソリッドな顔つきなどデザインが一新されたが、最大の注目点はPHEVモデルが加わったこと(一方で2019年に追加されたディーゼルが今回廃止されたが……)。

 三菱が得意とするPHEVがどのように進化しているのか!? 同じ“電動車”を愛車にする片岡英明氏に「普段使いのPHEVモデル」としてどうか、試してもらった。

文/片岡英明
撮影/平野学
初出/ベストカー2021年1月26日号

【画像ギャラリー】単なる仕様追加にあらず! 新型エクリプスクロスPHEVの魅力を写真でチェック!!

■EVを愛車にする筆者が気になるPHEV!

 ボクが電動車に興味を持ったのは、発売前に乗せてもらった三菱『i-MiEV』の気持ちいい走りに魅せられたからだ。モーターは瞬時にパワーとトルクが立ち上がり、シームレスな加速を披露した。しかも驚くほど静か。この印象は強烈で、その後縁あってBMW『i3』が愛車となった。

 EVの弱点のひとつは航続距離が短いこと。だからそれを延ばせるレンジエクステンダーモデルを購入。現在の愛車はピュアEVのホンダ『ホンダe』だが、ロングドライブでの安心感はエンジン付きのレンジエクステンダーにかなわない。

「EV偏執狂だから」と笑う片岡さんの愛車はホンダ『ホンダe』。電動車を普段から使うだけに、エクリプスクロスPHEVも気になっていたという。印象は?
『ホンダe』は加速感は魅力だが電気残量の不安はある、という

 そんなEV偏執狂のボクだから、レンジエクステンダーより実用性の高い三菱のプラグインハイブリッドには期待を持っている。モーターを前後に配し、4輪の駆動力と制動力を最適に制御することで優れた操縦安定性を実現する車両運動統合制御システムの「S-AWC」を採用したアウトランダーPHEVは、電動車両の新しい姿を見せてくれた。

取りざたされる「2035年ガソリン車廃止」。その未来を先取りする、三菱が推し進める電動車技術を搭載

 当然、最新のエクリプスクロスPHEVにも興味津々。今回、念願の試乗だ。ご存じのようにハイブリッドシステムに充電ポートを追加し、家庭などで充電してモーター走行による距離を延ばしたのがPHEV。駐車中に充電するから発電にエンジンを使うことが減り、燃費がよくなるのである。

■ガソリン車には真似できないパワーとトルクが瞬時に!

 エクリプスクロスPHEVの基本的なメカニズムはアウトランダーのものと変わっていない。車両重量も大差ないが、ステアリングを握ってみると、走りの印象は大きく違う。ただのエコカーでは終わっていないのだ。

シルバーのアクセントが上質さとスポーティさを醸し出す、エクリプスクロスPHEVのインパネと室内

 「EV走行モード」は、街中を主体にした走りで真価を発揮すると感じる。ガソリンエンジンには真似のできない上質な走り味に魅了された。特にパワーとトルクが瞬時に立ち上がり、レスポンスも鋭いからスッとクルマが前に出るのだ。ウィンカーの音が耳障りと感じるほど静粛性も高かった。

 エンジンで発電し、モーターで走る「シリーズ走行モード」は、基本がモーター走行になる。瞬時にパワーが湧き出し、軽やかにスピードを乗せていく。エンジンで走る時の静粛性も、兄貴分のアウトランダーより上の印象だ。

2.4L MIVECエンジン搭載のPHEVシステム。力強い加速感とEV走行距離57.3kmがウリ。近所ならガソリン要らず!

 さらに「パラレル走行モード」ではエンジンが主役になる。効率のよい回転域を使うため滑らかに加速し、モーターが後押しすると身軽になると感じた。

 全体を通して制御がより緻密になり、洗練された印象だ。

全長が140mm伸びたが、室内空間は同じ

次ページは : ■懐が深い制御に驚く!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ