三菱エクリプスクロスPHEVのスゴさは“コントーラブルの楽しさ”にアリ!!!

三菱エクリプスクロスPHEVのスゴさは“コントーラブルの楽しさ”にアリ!!!

 2020年10月15日、三菱のミッドサイズSUV、エクリプスクロスに待望のPHEVモデルが追加されることが正式に発表となった。

 エクリプスクロスのデビューは2018年3月。当初は1.5Lガソリンターボエンジンのみだったが、翌2019年6月、2.2Lディーゼルターボが追加されていた。

 なお、今回のマイナーチェンジでは、PHEVモデルが設定される一方、ディーゼルターボが廃止されている。

 トヨタ RAV4を筆頭にライバルひしめくミッドサイズSUVのカテゴリー。その荒波に耐えうるだけの力はあるのか? その実力と魅力を探った。

■ここがエクリプスクロスマイチェンのポイント
・アウトランダーと同じ前後2モーター式PHEVパワートレーンを新設定
・2.2Lディーゼルターボは廃止となった
・ダイナミックシールドをより強調した新デザインのフロントマスク
・ダブルウィンドウのテールゲートからシングルウィンドウに変更し、リアスタイルを一新
・大型モニターを採用するなど、インテリアも上質に進化

【画像ギャラリー】性能を考えると大バーゲン エクリプスクロスPHEVの真価をじっくり写真で検証

※本稿は2020年10月のものです。試乗日:10月7日
文/鈴木直也、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■フロントマスク、リアスタイルともにイメージ一新!

 PHEV追加が大きなトピックスなのだが、パッと見てわかるように、フロントマスクのデザインが一新され、シュッと伸びやかでシャープな“顔つき”に変身。

 全長が140mm延長されており、これ、ほとんどがフロントオーバーハング。

フロントマスクの変化も大きいが、テールゲートのダブルウィンドウがシングルウィンドウになった新型は、リアビューの変化も大きい
フロントマスクの変化も大きいが、テールゲートのダブルウィンドウがシングルウィンドウになった新型は、リアビューの変化も大きい
全長は140mm延長され、伸びやかになった印象だ
全長は140mm延長され、伸びやかになった印象だ

 三菱のファミリーフェイス『ダイナミックシールド』がより強調されたフロントマスクが印象的なのだが、ヘッドライトはバンパー両サイドに埋め込まれたアクセサリーランプ風の部分で、グリルサイドの、通常のヘッドライトの位置にあるのは常時点灯のデイライト。

最上部のヘッドランプ風の部分は常時点灯のデイライト、本当のヘッドライトはこの写真の中央部、バンパー両サイドにレイアウトされている。最下段はフォグランプである
最上部のヘッドランプ風の部分は常時点灯のデイライト、本当のヘッドライトはこの写真の中央部、バンパー両サイドにレイアウトされている。最下段はフォグランプである

 これはデリカD:5やeKクロスなどの手法と同じ。ヘッドライトの下はフォグランプだ。

 リアも大きく造形を変更。従来型はテールゲートに垂直部の上部、リアコンビランプを左右につなぐガーニッシュの下部にもガラスエリアを設けたダブルウィンドウだったが、新型は一般的なシングルウィンドウとした。

 左右をつなぐ赤いガーニッシュが廃止されたことでリアコンビランプが強調され、スッキリしたリアスタイルに進化した。

●高級感が増したインテリア

 インパネデザインは、基本造形に変更はないものの、モニター画面が8インチに大型化されるとともに、エアコン操作パネルのデザインを変更し、上質感が増した。

インテリアでは8インチ大型モニターの採用が大きな変更点。PHEV車は専用シフトノブとなるのが特徴
インテリアでは8インチ大型モニターの採用が大きな変更点。PHEV車は専用シフトノブとなるのが特徴

 また、PHEVモデルはシフトノブが専用デザインとなることで、インテリアの印象も全体的に一新された印象。

 シートは表皮のデザインが変更されるとともに、ブラック基調のほか、室内が明るく感じるライトグレーのコンビネーションインテリアが追加されたのもポイント。

●パワートレーンはPHEVを中軸に ディーゼルを廃止

 冒頭でもお伝えしたように、PHEVが追加された一方、ディーゼルターボを廃止。1.5LガソリンターボとPHEVの2本立てのパワートレーンラインナップとなった。

 10月15日に発表となったが発売開始はもうちょっと先の12月から。価格はPHEVが385万~450万円程度、1.5Lガソリンモデルが255万~335万円程度となるとのことだ。

次ページは : ■乗って実感! 三菱の4輪制御技術に感激

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します