RX-VISIONはお蔵入り決定!? 日本が世界に誇る発売されなかった悲運のスーパーカー

日本が世界に誇る発売されなかった悲運のスーパーカー

 日本のクルマ界は基本的に大量生産、大量消費が前提となっているが、これまで多くのスーパースポーツカー、スーパーカーと呼ばれるエキゾチックなモデルが企画されてきた。

 少量生産のスーパースポーツカー、スーパーカーが発売されるのは非常にレアケースゆえ、悲運のモデルはたくさんあるが、その志は壮大なものがあった。

 最近ではマツダのコンセプトカーのRX-VISIONもRX-9という車名で登場するのではないかと期待させたが、残念ながらお蔵入りの気配が濃厚だ。

 本企画では世界が注目していたにも関わらず発売されなかった悲運の和製スーパースポーツカー、スーパーカーを集めてみた。

文/伊達軍曹
写真/MAZDA、DOME、NISSAN、YAMAHA

【画像ギャラリー】このクルマが発売されないのは日本の大きな損失!! 蔵出し画像でRX-VISIONをフラッシュバック


■マツダRX-VISION

2015年の東京モーターショーで世界初公開

 2015年10月の第44回東京モーターショーにて、マツダファンのみならず、ほぼすべての自動車ファンを熱狂のるつぼへと巻き込んだマツダのロータリースポーツコンセプト「MAZDA RX-VISON」。

 超ロングノーズ&ショートデッキというスポーツカーデザインの古典を踏まえながら、同時に現代的でもあるそのフォルムは、まさにマツダの「世界一美しいFRのプロポーションを作りたい」との宣言がフカシではなかったことを証明した。

RX-VISIONの主要諸元は、乗車定員:2名、ホイールベース:2700mm、全長4389mm×全幅1925mm×全高1160mm。エンジンはSKYACTIV-Rを搭載し、駆動方式はFR、タイヤ:前245/40R20、後285/35R20、リム:前9.5J/後11Jを履く
随所にマツダのスポーツカーの歴史を感じさせるデザインモチーフを織り込み、今も変わらないスポーツカーに対するマツダの情熱を表現

 コンセプトカーゆえ詳細なスペックは不明だったが、「次世代ロータリーエンジン『SKYACTIV-R』を搭載!」、「駆動方式はFR!」とは正式にアナウンスされたことで、世の車好きは「うむ、これが次のRX-9に違いない!」と大盛り上がり。

 そして「RX-9用に取得した特許が公開された!」、「発売は2020年中らしい!」などとその後も盛り上がったわけだが、以降はぷっつり音信不通に。

 「RX-9の開発計画は凍結されました」との正式アナウンスはないが、凍結されているとしても不思議はないほどの音信不通っぷりである。

 2015年の東京モーターショーでMAZDA RX-VISONが初披露されて以降の次世代ロータリーにまつわる正式な動きといえば、コンパクトSUVのMX-30に2022年前半から順次、ロータリーエンジンを発電機として使用するマルチ電動化技術を採用したモデルを投入されるということ。

 そして、『グランツーリスモSPORT』用のバーチャルレースカーとして「RX VISION GT3コンセプト」が“デビュー”した程度。

グランツーリスモSPORTで2020年にデビューした「RX VISION GT3コンセプト」。一度聞くと癖になる甲高いロータリーサウンドと、卓越したコーナーリング性能で人気の1台

 このGT3コンセプトが「リアルなRX-9発売に向けたマーケティング戦略の一環」と見ることもできるが、真相はあくまで藪の中である。

 RX-9の登場を期待したいのはやまやまだが、厳格化されるいっぽうの燃費規制等々の現状から鑑みると、MAZDA RX-VISONが「そもそものコンセプトどおりに市販される」という望みは、そろそろ捨てたほうがいいのかもしれない……。

■童夢-零

1978年のジュネーブショーで世界初公開

 株式会社童夢は、日本におけるレーシングカー・コンストラクターの草分けといえる林みのるが1975年に京都で興した会社。1994年にはF1への挑戦を開始し、現在は滋賀県に本社を置いてスーパー耐久シリーズなどに参戦している。

 そんな童夢が1978年のジュネーブモーターショーで初公開した和製スーパースポーツが「童夢-零」だった。

 「どうせ作るからには何か“世界一”となる要素が欲しい」と考えた林氏は、童夢-零の全高を「980mm」という世界一低い寸法に設定。

「世界一全高が低いクルマ」というコンセプトを掲げてデザインされた全高は、カウンタックより低い980mm

 そのうえで、開発には当時の日本を代表するレーシングカーデザイナーたちが参加した。ちなみに童夢-零はショーカーではなくあくまで市販を前提としたスーパーカーであるため、エンジンはメンテナンス性と供給性の観点から日産のL28型直6SOHCが選ばれている。

 スチール製のモノコックシャシーにFRP製の超絶ウェッジシェイプなボディを載せたフォルムはまさにスーパーカーそのものだったが、残念ながら日本では型式認定が取得できなかった。

ヘッドライトはリトラクタブル、ドアはガルウィング。生粋のスーパーカーとしてデザインされた1台

 そのため、アメリカの法規に合わせた改良モデル「童夢 P-2」を製作し、走行テストも行われたが、結果として資金難から計画は頓挫。 もしもあのまま童夢-零またはP-2が市販されていたなら……もしかしたら今ごろ、MJブロンディさんはカウンタックではなく「童夢」に乗っていたのかもしれない(……いや、それはないか)。

次ページは : ■日産MID4&MID4II