面倒くさがって積もったままではダメ!! 雪載せ車が引き起こすトンデモない危険

 日本海側を中心に、この冬は降雪量が例年を上回るほど多く、高速道路での立ち往生など積雪によるハプニングも増えている。ひと晩で降り積もる雪の量も相当なもので、朝の通勤時には自宅やカーポート付近、クルマに積もった雪を除雪してからの出発となる。これは結構な手間がかかる上に寒さに耐えながらの作業は辛いものだ。

 トラックやバスなどの屋根など高くて大き過ぎるヤツはともかく、乗用車の雪はドライバーひとりで除雪できないほどの作業ではないハズ。しかし、クルマに積もった雪を完全に除雪せずに走っているクルマを見かけることは、珍しくはない。

 首都圏でけっこうな積雪があると、視界を確保するために窓部分だけ除雪して、あとは放っておいても溶けるからと、クルマに乗り込み走り出してしまうドライバーを見かけることもある。通勤や買い物など目的は違えど、時短を図ろうというのは、忙しい現代人の生活ぶりを表していると言えるのではないだろうか。

 けれども雪を載せたままのクルマを走らせることは、実は決して褒められた行為ではない。それどころかデメリットはあるし、さまざまな危険性をはらんでいるのだ。

文/高根英幸
写真/Adobe Stock(Philipimage@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】クルマに雪が積もったら⁉ 知っておきたい運転時に心がけること


■雪載せ車にあるデメリットとは

 まずはデメリットについて考えてみよう。雪を載せたまま走行することで、自分のクルマにどんなデメリットが生じるだろうか。

 誰でもすぐに想像できるのは、重量増による燃費の低下だろう。だがそれは承知の上で、少々の燃費悪化よりも寒い中で冷たい雪を取り除くことを避けたい、あるいは単純に急いでいるから、除雪せずにクルマを走らせているのではないか。実際、重量増での燃費悪化は1日だけで見れば大した費用負担にはならないだろうから、忙しい時にはそうした判断をするドライバーもいるのは理解できる。

滑る路面、暖気運転、だだでさえ燃費にとっては厳しい条件が重なるところに、雪による重量増となれば最悪の燃費を覚悟しなければならないだろう

 もうひとつのデメリットは、ルーフ上に冷たい雪を載せ続けていることによりボディが冷却されることで、室内も冷やされ続けるから暖房が効きにくいことだ。頭寒足熱で頭を冷やしてスッキリさせるからいい、なんて思う人もいるかもしれないが、実際には冷気が室内に流れ込み続けるのは、暖房の無駄につながる。

体の芯から冷える寒さの中での運転において、重要な救いとなる暖房も、雪を乗せた状態では効きも半減!?

 最近のクルマは燃費性能を高めるために、エンジンや変速機の油温を早く暖めることにも冷却水の熱を利用するので、暖房に冷却水の熱を使い過ぎるとファーストアイドル(アイドリングの回転を上昇させて早く暖める)の時間が長くなったり、エアコンの使用時間が増えて燃費低下につながる可能性もある。こちらのほうが重量増よりも燃費を悪化させる影響力は大きいかもしれない。

 そしてルーフの雪が滑り落ちてくることで塗装面に傷が付くことを想像するかもしれないが、ボディとの接触面は水の膜があるため、滑り落ちることでボディが傷つくようなことはほとんどない。

 しかし、続いて考えるリスクについては、そんなに軽く考えるのは、ちょっと危険だ。

■雪載せ車には、意外なほどたくさんのリスクがある

 前述のルーフに載せた雪がボディから滑り落ちた時に起こり得るトラブルは、1つや2つではないのである。

 まず車速がそれほど高くない状態では、ちょっと強めにブレーキペダルを踏んだことでルーフの雪が自分の前に落ちれば、そこにタイヤが乗り上げてクルマの姿勢が乱れることにつながる。

載せたままのルーフの雪がクルマが走行中に徐々に下から溶け始め、ブレーキをかけた拍子にドサッと落ちてきた場合、安全確保は困難、パニックは必至……(hiro@Adobe Stock)

 またワイパーに雪の塊がぶつかることで、ワイパーブレードが折れたりワイパーアームが曲がってしまうこともある。再び雪が降ってきた時にワイパーが壊れていては視界が確保できないから、これは結構なダメージになる。

 路面のギャップを通過した際など車体に伝わる衝撃などで、ルーフの雪が落ちて、他車に迷惑をかけることも多いにあり得る。溶けかかっているシャーベット状の雪であれば問題はないが、日陰などに駐車したことで全体が再び凍ってしまうと硬い氷の塊となり、それが落下して後続車のボディを直撃すれば、ボディ外板など簡単に凹んでしまうだろう。

 後続車は適切に車間距離を取る必要があり、前方でハプニングが起きたとしても回避できる余裕をもって運転することが義務付けられているが、だからといって落下物を落としたドライバーに責任が課せられない訳ではない。

 道交法で積載物は落下しないようしっかり固定することが義務付けられている。だがクルマに積もった雪は積載物にはあたらないだろう。しかし積載物にあたらなくても、雪が氷となってから落ちたことで起こる危険性が予見できるものと判断されれば、落としたクルマのドライバーに責任が及ぶことは有り得る。

雪道を走行する際のリスクは運転者が追わざるをえない。しかし、自らの不始末によるリスクをほかのクルマの運転手に負わせてしまうことは、絶対にあってはならないことだ(f1.8 studio@Adobe Stock)

 そもそも雪を載せたまま走行することで、安全運転義務違反で検挙される可能性もある。首都圏では積雪自体が少ないから、そうしたことはまずないだろうが、寒冷地では実際に検挙されたケースもあるようだ。

長野県では、道路交通法71条6号に基づいた県の規定、「長野県道路交通法施行細則」の第14条により、雪載せ運転は違反が取り締まりの対象になる(kelly marken@Adobe Stock)

 中途半端に溶けた雪の塊は重く、表面が凍っていて硬くなっている場合もある。除雪された道路上で、自転車やオートバイの進路上に雪の塊を落とし、それに乗り上げたことで転倒し交通事故などにつながれば、やはり雪の塊を落としたクルマのドライバーが事故の責任を問われることになる可能性は少なくない。

 以前であれば、雪を落としたクルマの特定など難しく、これで罪に問われるようなことはなかっただろう。しかし、ドライブレコーダーの装着率が高まっている昨今では、自分が気付かないうちに交通事故の一因を作っていることを、のちに立証されてしまう可能性もある。

 ある日突然、警察官が自宅にやってきて、交通事故の当事者として任意同行を求められたり、行政処分を受けることだって有り得るのだ。あるいは損害を受けたライダー、ドライバーから民事訴訟を起こされて、損害賠償を請求される、なんてこともないとは言い切れないのだ。

 ルーフに積もった雪は、T字型のワイパーなどで手前に引き落とすようにすると、比較的簡単に(積雪量にもよるが)落とすことができる。ルーフに残したまま走行するのは止めることだ(特に路面に雪がない場合は絶対)。

普段雪の少ない都市部で積雪すると、写真のような中途半端な雪下ろしをした状態で走行しているクルマを見かける。この状態がさまざまな事故リスクを内包していることを認識すべきだ(Animaflora PicsStock@Adobe Stock)

 それとボディサイドの地面に落とした雪が溜まるので、乗り込む際には靴の裏側に雪が詰まってペダル操作のしまわないように注意したい。シートに座ったら、身体を90度回転させて両足先をクルマの外に出し、両靴同士で叩き合って雪を落としてから正しいポジションに座り、フロアマットで水気を落としてからブレーキペダルを踏んでみて、滑らないことを確認してから運転操作する。これは雪道走行の運転準備の基本だ。

【画像ギャラリー】クルマに雪が積もったら⁉ 知っておきたい運転時に心がけること

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】GT-RにマイルドHVあり!? 知りたい情報を全部載せ!! |ベストカー3月10日号

 今号は読者の皆様が知りたがっているスクープ情報を一気に掲載する集中BIG特集として「全部載せSCOOPスペシャル」をお届け!   スープラGRMNやGT-Rマイルドハイブリッド、レクサスLFなど「選択と集中」で見せる全11台の情報をお届け…

カタログ