電動化で大幅進化!最新技術で選ぶ注目のハイテクSUV3台


 かつてはベストカー編集部、そしてNAVI編集部に在籍していたフリーランスの自動車ライター塩見智氏。ベストカー本誌ではホンダN360の連載や輸入車試乗の記事などでおなじみだ。

 そんな塩見氏はランドローバーディフェンダーを購入するなど最近はSUVにぞっこんだ。そこで彼に今注目のSUVを紹介してもらった。

文/塩見 智、写真/ベストカー編集部、TOYOTA、Land Rover

【画像ギャラリー】自動車ライター塩見智氏がオススメ&注目する国産SUVを写真で見る!


■今はSUVがお気に入り! 注目のSUVをご紹介

塩見氏の現在の愛車、ランドローバー ディフェンダー。塩見氏のはじめてのSUVはゴリゴリの本格派だ

 わたくしごとで恐縮だが、昨年末ランドローバーディフェンダー110を買った。初めてのSUV。20代まではスポーツカーしか眼中になく、変速機も絶対MTという嗜好だったが、30代前半でやや心境が変化し、ATでもいいかなと考えるようになった。

 それでもミニバンやSUVはないと思っていた。30代後半になると乗り心地をはじめ快適性を重視するようになり、40代では快適性に加え、ユーティリティーや経済性などの優先度が上がり、ミニバンやSUVもいいなと考えるようになった。

 家族構成などライフステージの変化も絡んでくる話ではあるが、よくあるクルマ好きの好みの変遷ではないだろうか。

 いったんクルマ好きになったら歳をとっても嫌いになることはないものの、好きは好きでも楽しみ方が変わるのだろう。例えば運転そのものから、クルマでだれとどこへ何をしにいくかに。クルマが目的から手段になるのだ。

 ここのところ――といっても優に10年以上前からだが――SUVが人気なのは、手段としてのクルマとして最適だからだと思う。

■西海岸風のワイルドなルックスが目を引く トヨタRAV4

トヨタ RAV4。ハイブリッドの副産物としてのパワーアシストが心地よい

 ともあれ、僕がよいと思う、あるいは注目するSUVを挙げていきたい。

 最近出たSUVで、性能と価格を総合的に考えて最も出来がよいと思うのは、トヨタRAV4だ。角張ったワイルドなルックスは西海岸風(キャルルック)でイカす。

 TNGAコンセプトに基づいて開発されたGA-Kプラットフォームの出来がよく、乗り心地がよく、それでいて活発に走らせても腰砕けせず頼もしい。リアモーターの出力がグーンと上がったのがよい。

 あくまで燃費向上を目的としたハイブリッドだが、副産物としてパワーアシストの役割もこなす。アクセルペダルを優しく踏めばエコカー、ガバっと踏めばスポーティーカーというわけだ。

 昨年PHV仕様が追加された。これがまたハイブリッドよりずっと容量の大きいバッテリーを搭載し、満充電から95kmもEV走行することができる(WLTCモード)。

 その豊富な電力を存分にパワーアシストに割り振れば、0-100km/h加速を6秒と、かなり速いクルマとなる。86より速いんじゃないか。電気ターボSUVだ。

 給電機能があって、アウトドア活動時、ひと晩中エンジンをかけることなく電力を使うことができるほか、バッテリーの電力を使い切ったら、そこから先はエンジンをかけて発電機として使えるため、災害時に頼もしい存在になる。

 惜しむらくは、RAV4 PHVは生産能力を超える注文が殺到し、現在受注が停止されている。

次ページは : ■山坂道が楽しい! 三菱エクリプスクロスPHEV

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ