レクサスLS試乗 国産車最高級車の進化度を辛口評価!! この乗り心地でいいの?


 レクサスのフラッグシップサルーン『LS』が2020年11月19日に初めてのビッグマイナーチェンジを行った。

 日本だけでなく世界中をターゲットとした高級サルーンである新型LSの走りはライバルと比べてどう評価されるのか!? 今回はV6、3.5Lハイブリッドの『LS500h』で、そのなかでも最上級の「エグゼクティブ」グレードに鈴木利男氏が試乗!

 レーシングドライバー、そしてGT-R開発のテストドライバーとして著名な鈴木利男氏はいかなる評価を下すのか!?

※本稿は2021年1月のものです
レポート/鈴木利男 写真/平野学
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号

【画像ギャラリー】レクサスのフラッグシップはどう進化した!? 新型LSの全貌をチェック!!


■何かが足りない……低速での乗り心地に課題あり

 レクサス『LS』には縁がなく、乗るのは今回が初めて。だからマイチェン前のモデルに対してどう変わったかは語れないのですが、今回のクルマそのものの評価をしてみたいと思います。

 下道をゆっくり走っていると、乗り心地が気になります。小さな揺れがけっこう体にきて、サスペンションでいなしていない印象です。ボディ全体が揺れている感じがするのです。

国産フラッグシップセダンにふさわしい堂々たる体躯だが、クーペのようなスポーティな印象も受ける。

 荒れた路面で振動が出るのはしかたない。大事なのはどう振動させて、どう収束させるかなのですが、このクルマは細かい揺れがずっと続いています。コンフォートモードも試してみましたが、あまり変化はありませんでした。

 凄く細かい指摘で、決して「乗り心地が悪い」というわけでもないのですが、車両価格1687万円の高級車なら、そのへんは期待したいところ。大きめの入力が入った時にもドシンという振動がきて、これでいいのかな? という印象を持ってしまいました。

ボディサイズは全長5235×全幅1900×全高1450〜1460mm、ホイールベース3125mm

 ただスピードを上げ、70km/hくらいになると細かな揺れは気にならなくなり、フラットな乗り心地になります。おそらく高速道路を走っている時には、高級車にふさわしい快適性が楽しめるのではないでしょうか。

■開発陣の苦労は認めるも、「LSでなければならない」という要素が足りない

 一方で、ワインディングを少し速めのペースで走った時の操縦性はかなりいいです。かなり大きなボディで、車重は2290kgもあるのですが、そんな重くて大きなクルマを運転している感覚はありません。ハンドリングはなかなかのものです。

 パワーユニットはスムーズで静か。特にドラマチックな印象はありませんが、高級車にふさわしいユニットであると感じます。

先進性と落ち着きを併せ持ったインテリア。内装色も豊富に揃う。<レクサスLS価格>LS500h:1219万〜1687万円(FR)、1260万〜1728万円(4WD) LS500:1073万〜1539万円(FR)、1114万〜1580万円(4WD)
最上級のエグゼクティブは後席居住性を極めたグレード。電動オットマン付き22way調整式パワーシートのほか、後席用の11.6インチディスプレイ(左右)も標準装備となる

 もっとどっしりとした乗り味を予想していたのですが、意外にそうでもないですね。逆に、それがワインディングでの軽快感に繋がっているのかもしれませんが。

 スピードが上がれば快適になるのは確認できましたが、おそらく一般ユーザーは下道を50~60km/hで走るシーンがほとんどでしょう。そこで上質感のある乗り心地を提供できないのはどうなのかな、と思ってしまいます。

2290kgの巨体でもWLTCモード13.6km/Lの燃費を実現するV6、3.5Lハイブリッド

 「このクルマでなければならない」という魅力には少し欠けるというのが正直な感想です。先進安全システムを始め、最高の装備が付いているのはわかりますが、クルマそのものの上質感がもうちょっと欲しい。

 開発陣の苦労も知らずに勝手なことを言っているなと自分でも思ってしまいますが、低速域での細かな揺れが気になるのは事実。世界と戦うためにはそのあたりの上質さが必要だと感じます。

新型LS 主要諸元表 ※すべてFR車のスペック。両車に4WDの設定あり

【画像ギャラリー】レクサスのフラッグシップはどう進化した!? 新型LSの全貌をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ