あおられる側にも“傾向”あり!!? あおり運転 する側&される側の心理学

 新型コロナウイルスの感染拡大で、「三密」での移動を避け、クルマのハンドルを握る機会が増えた、という人は少なくないだろう。

 マイカーの存在価値が見直された2020年、あおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道交法が施行された。

「いつ自分が巻き込まれるか」。心配なドライバーの皆さんに向けて、この問題に詳しい明星大心理学部の藤井靖准教授に取材した。加害者の心理、被害に遭わないポイントとは──。

【画像ギャラリー】「衝動買いをする」人は要注意!!? 「あおり運転危険度チェックリスト」をギャラリーで見る

※本稿は2021年1月のものです
文/堀 晃和、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号


■あおり運転『する側』の心理状態

●あおり運転する人は、他者への共感性がすごく低い

「脳の動きがひとつのポイントとしてあります」

 藤井靖准教授は10年以上前から「あおり運転」について研究してきた先駆者のひとりだ。

 走行中のあおり行為は昔からあった。しかし、これほど社会問題化したのはここ数年のことだろう。

 2019年、茨城県守谷市の常磐道で起きた事件は記憶に新しい。高級外車に乗った男が蛇行運転を繰り返した後、走行車線で後続のクルマを停止させ、運転席の男性に暴力をふるった。

 男性のクルマのドライブレコーダーで記録された一連の恐怖の映像は、メディアで大々的に報じられ、世間に衝撃を与えた。男は全国指名手配され、傷害などの容疑で逮捕された。

 こんな異常な行動を人はどうして取ってしまうのか。なぜここまで激高するのか。

 人間の脳には額の部分に「前頭葉」という理性を司る部位がある。藤井准教授によると、前頭葉の抑えが利かなくなると、感情が率直に出やすいのだという。

脳の前頭葉の抑えが利かなくなると感情的になる。あおり運転の医学的メカニズムだ(写真はイメージです)

 では、なぜそうなるのか。クルマへの考え方が強く起因している。1)移動手段としてのクルマへの思い入れが強すぎる 2)車内はプライベートな空間──などと感じている人は、「前頭葉に疲れが出た時に、感情や注意力を制御する機能が低下しやすい」という。

 前者のケースを考えてみる。早く移動できるはずのクルマなのに、道路事情で思いどおりに進まないとイラっとする瞬間は誰にでも起こりうるはずだ。思い入れが強いために、感情が強く出てしまうということなのだろう。

 後者の考察が興味深い。

「そういう人たちにとって車内は自宅にいるような感覚。自分好みに車内を変えたりしています。しかし、運転中は車間距離を取り、サイドミラーで安全を確認するなど『社会的な場面』です。『プライベートな空間』にいながら、いろんなことに注意を向けて運転しているので、前頭葉の感情の制御が疎かになりやすい」

 注意機能は、朝よりも疲労が蓄積しやすい夕方に低下する。

「個人差はありますが、あおり運転は午前よりも午後が多かったりします。『クルマに乗ると人が変わる』と言いますが、それは制御する力が低下したことで素の部分が出ている状態なのです」

 あおり運転への世間の不安から、2020年6月30日に改正道交法が施行され、妨害運転罪が創設された。

2020年6月に道交法が改正され、「妨害運転罪:が創設された。免許取り消しの罰則もある
違反点数と免許の欠格期間

 2017年に神奈川県大井町の東名高速で起きた一家4人死傷や常磐道の事件など、あおり運転が続発したことが背景にある。罰則は、最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金。免許は取り消しとなる。

 あおり運転を「妨害運転」と規定。急ブレーキや車間距離不保持、急な車線変更など10の違反を対象とした。

 警察庁は、あおり運転についてホームページで注意を呼び掛け、「思いやり・ゆずり合いの安全運転」を奨励している。

「思いやり」の精神を持つことは、防止につながる大切なことだが、藤井准教授はこうも指摘する。

「標語としてはいいと思います。ただ、他者への共感性がないと、思いやれない。あおり運転をする人は、共感性がすごく低いということを知っておくべきでしょう」

■あおり運転『する側』の特徴とは?

●車両価格400万円以上の高級車で、色は白か黒

 どんな人物があおり運転をしてしまうのか。どんなクルマに、その傾向が見られるのか。ドライバーにとっては特徴がわかれば知りたい情報だ。

 海外の研究では、高級車に乗っている人に、加害の傾向が強く出るという結果が出たそうだ。藤井准教授の検証で導き出されたデータは、もっと詳細だ。

「車両価格が400万円以上のクルマを保有する人に、運転中の怒りが喚起されやすく、あおり行動を取りやすいという結果が出ました」

 次のような心理が考えられるという。

「自分は、ほかの人は手が届かないような高級なクルマに乗っていて特別なんだ」

「スピードも出るし、高級じゃない、遅いクルマはどいてほしい」

 要するに、自分の優位性を示したいという「マウンティング」の思考だ。それには、他人よりも「車格」の高いクルマに乗ることが、わかりやすい。

 人の上に立つ発想で、少しでも見栄えがいいクルマに乗りたい心理。クルマ選びの時点から、マウンティングは始まっているのだろう。

「輸入車は、国産車と比べると結果的に値段は高いので、あおりが多い傾向はみられる。常磐道のあおり行為も、加害者が乗っていたのは高級外車でしたよね」

 もちろん、違うケースもある。2020年秋に、藤井准教授がメディアでコメントを求められた鹿児島でのあおり運転の映像に映っていたのは、黒い小型のワゴンだった。

「片側1車線で、センターラインをはみ出して蛇行していた。前のクルマをせっついて、とにかく自分の存在をアピールしたいという感じでした」。

 これも、「誇示」したいという点では、マウンティングと同根だろう。

「車格」以外で、決定的な特徴がほかにもある。「色」だ。「圧倒的に白か黒です」。色彩心理学で、その傾向がわかるのだという。

「あおり行為をしやすい人は、無意識にちょっと価格が高そうとか、迫力がある感じの色を選ぶ。黒は高級感のイメージ。それに威圧感もある。迫力という意味では白も同じ。膨張色ですから大きく見える。自分が色に持つイメージをクルマに投影しているのです」

あおり運転で逮捕された男が乗っていたも黒の高級輸入車だった。クルマに罪はないのだが……(写真はイメージです)

 逆に、あおりの対象になりやすいボディカラーもある。

「ピンクと黄色、薄いブルーといったパステルカラー系は、その傾向が高いです」

 その色彩イメージは「女性的」だったり、「優しい」だったり。「攻撃しても文句を言ってこないだろう、反撃されないだろうというイメージにつながる色だからです」

 特にその色のクルマに女性ひとりが乗っている場合はターゲットにされやすい。「やっぱり、人を見ているわけです」

■あおり運転『される側』の特徴とは?

●『される側』には『する側』との共通性がある

 あおり運転をする側の心理、行動分析だけではない。藤井准教授は、被害を受けた側の特徴も長年にわたって研究してきた。

 それが認識できれば、トラブルに巻き込まれないよう日頃から気を付けることができる。実際、被害を受けやすい人は、大きく分けて3つの要件に当てはまるのだという。

警察庁が実施した「あおり運転の被害経験」アンケートでは、約35%が過去1年間に被害ありと回答。約15%は3回以上も被害にあっていたという(写真はイメージです)

 1点目は「追い越し車線を低速で走り続けるクセのある人」だ。

「例えば、高速道で追い越し車線なのに、いつまでも遅いスピードで走り続けているクルマは、あおり運転の引き金になりやすい。そもそも道交法上、走行車線に戻らなければなりません」

 認識していない読者がいるかもしれないが、高速道で「追い越し車線」を走行し続けるのは違反行為にあたる。

 では「追い越し車線」と「走行車線」はどう違うのか。

 道路交通法第20条には、「車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない」と規定されている。

 一番左側が走行車線だ。高速道では片側3車線の区間もある。この場合は、一番左側が第1走行車線、真ん中が第2走行車線となる。

 一方、「追い越し車線」は一番右側。追い越しが終了したら、速やかに走行車線に戻る必要がある。走り続けていると、通行帯違反(1点、普通車6000円)に問われる。

 あおり運転を受けやすい被害者の特徴の2点目は「信号で止まるタイミング」だ。

「赤信号で止まる時に、かなり前からブレーキを踏んでいる。例えば、信号の停止線まで、ゆっくり、じわっと止まるような運転の仕方です。これが、あおり気質の人を刺激してしまう可能性が高い」

 藤井准教授がシミュレーションを行って導いた成果だ。車間距離をかなりあけた状態で走るクルマも同様にあおり行為を受けやすい結果が出た。

 2要件から考えると、「ゆっくりの走行スタイル」が、ドライバーをイラつかせ、あおり行為を誘発してしまうということだろうか。

 3点目の要件は「サイドミラーやルームミラーを見る回数の少ない人」だ。

 これは、あまり周囲を気にせずに、走行している行為につながる。場合によっては、車線変更で車体が接近したり、見通しの悪い交差点でヒヤリとするような状況ですれ違ったり。

 知らず知らずに危険な運転をしてしまっているということなのだろう。

「イラっとさせるような運転になっているのでしょうね」

「自分は正しい症候群」という言葉が聞かれるようになった。自身の言うことが正論であり、非があったとしても他人に責任を求めてしまう考えだ。加害者にありがちな思考でもある。

 藤井准教授が言う。

「あおられた経験のある人に、その後の運転を聞くと、『変わっていない』と答える。被害者を悪く言うつもりはないのですが、自分の運転を客観的に省みないという点では、あおる人も、あおられる人も共通性があったりします」

 結果的に迷惑な運転をしてしまってはいないか。不本意なトラブルに巻き込まれないためにも、今一度、自身の運転を見つめ直すことも大切だろう。

■あおり運転『する側』のカウンセリング例

●『ばかばかしいこと』と自覚しててもやってしまう

「あおったり、窓を開けてほかのクルマについ文句を言ってしまうんです」

 3年ほど前、藤井准教授のもとを、こんな悩み事を抱える男性が訪れた。40代で営業職。取引先を回るため、1日の勤務時間の大半は社用車の運転に費やす。

 大切な商品を積んでいることで神経は過敏な状態。道路事情で遅れてはいけないと、常に時間が気になる。

 このため「気付いたらクラクションを鳴らしまくり」「無理やりに右折」「前のクルマとの車間距離をつめてしまう」ことがよくあり、やめられないのだという。

 藤井准教授は臨床心理学が専門だ。男性には「認知行動療法」でカウンセリングを行った。

「損得勘定法」というワークシートを用い、行為の具体的な日時や状況、理由を聞いたうえで、それは自分にメリットがあるのか、デメリットなのかを認識させる手法だ。

あおり運転危険度チェックリスト(監修:藤井靖准教授)

 男性はある日、「急な割り込みをされた」ことで、そのクルマを追いかけ、前に割り込んだ。「こらしめないと、わからない」「仕返し」が動機だった。

 この対応について男性が自身の心理状態を自己分析すると、「仕返しに失敗したら、かえってイライラして次の仕事に悪影響が出るかも」などデメリットの度合いが、「気持ちがスカッとする」などといったメリットを大幅に上回った。

 客観視したことで、男性は自身の行為にほぼ利点がないことを改めて認識し、運転時の感情の抑制に結びつけることができたという。

 あおり運転が社会問題になったこの1年は、同様の悩みで藤井准教授のカウンセリングを受ける人は急増。

 約30件を超えた。きっかけは、2019年の夏の常磐道でのあおり運転による事件が大々的に報道された影響が大きい。

「その前はほとんどいなかったんです。3年前に相談を受けた会社員は、『あおり運転』という意識ではなく、運転時に自分の怒りが収まらないという悩みでした。あの常磐道の事件以降、僕もメディアで解説する機会が多くなったので件数が飛躍的に増えました」

 実際に、あの事件の状況を映像で見て、「自分も似ている」と、カウンセリングを受けに来た男性もいた。

「クルマを1回抜いたんだけど怒りが収まらなくて、スピードを緩めて、そのクルマを待ってしまう、と。何かしてやらないと気が収まらないというのです」

 自分で「ばかばかしいこと」と自覚していてもやってしまうのが特徴のひとつだという。

■あおられた時の対処法は?

●スマホのカメラを向けるのはNG!

「安全な場所から110番通報」「ドライブレコーダーを積極活用」。警察庁は、あおり運転を受けた際にはこの2点を呼び掛けている。

 安全な場所とは、高速道ならサービスエリア、パーキングエリアなど事故の危険性がないところ。

「車外に出ることなく、ためらわずに110番通報」することが肝要だ。ドラレコについては「妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効」と説明している。

 藤井准教授もこれはずっと以前から言い続けてきたことだという。

「大切なのは、(あおられた)自分に非がなく、正しいと思っていても、怒鳴りつけたり、威嚇してくる人には、対応しないことです」

 あおり運転で事件になったケースでは、窓を開けたために、殴られるなど身体に危害を加えられたことが実際にあった。場合によっては、車体を蹴られたり、器具で叩かれることもあるだろう。

 愛車を傷つけられるのは耐えられないことだが、「自分の身を守るのが第一です」と説く。

 現代はほとんどの人がスマホを所持している。動画で記録するために、相手にスマホのカメラを向けてしまいそうだが、この行為はNGだ。

「『何を撮ってるんだ!』と、相手を刺激する可能性が高い。もしスマホで記録するなら、手元に置いて音声だけを記録するのも有効です」

 理想は車内も映るドラレコの設置。2万~3万円台の製品もあるので、必要なコストと考える時代なのかもしれない。

藤井 靖氏(ふじいやすし・明星大学 心理学部准教授)…1979年、秋田市生まれ。早稲田大学大学院博士後期課程修了。明星大学心理学部心理学科准教授、公認心理師、臨床心理士。ニュース番組「ABEMAヒルズ」(月~金曜日)のほか、さまざまなメディアで活躍している。

【画像ギャラリー】「衝動買いをする」人は要注意!!? 「あおり運転危険度チェックリスト」をギャラリーで見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】GT-RにマイルドHVあり!? 知りたい情報を全部載せ!! |ベストカー3月10日号

 今号は読者の皆様が知りたがっているスクープ情報を一気に掲載する集中BIG特集として「全部載せSCOOPスペシャル」をお届け!   スープラGRMNやGT-Rマイルドハイブリッド、レクサスLFなど「選択と集中」で見せる全11台の情報をお届け…

カタログ