日本で一番売れてるベンツの燃費はいいのか 悪いのか?


 6年連続で輸入車ブランド販売NO.1に輝いたメルセデスベンツ。かつては、大排気量エンジンのパワフルなモデルが多かったが、昨今は時代の流れに乗り、ダウンサイジングターボや、クリーンディーゼル、プラグインハイブリッドなど、環境対応技術もいち早く取り入れてきている。

 しかし、性能が重視されるプレミアムブランドであるだけに、なんとなく「燃費悪いのでは!?」と思っている方は多いだろう。そこで本稿では、メルセデスの各クルマと、国産車でのライバル車との燃費の違いを比較、考察してみようと思う。

文/吉川賢一
写真/メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】燃費はいいの? 悪いの? メルセデスベンツの各グレードを見る!!


■Aクラス:A200dが比較的良燃費

メルセデスベンツのエントリーモデルであるAクラス。ボディのラインナップは幅広い

 メルセデスのエントリーモデルにあたる「Aクラス」。しかし、Aクラスといってもボディのラインアップは広く、ハッチバックとセダン、派生車として、クーペルックのCLA、そのCLAのワゴン版シューティングブレークと、4モデルに分類される(SUVのGLAとGLBは、ここではいったん除外)。

 想定ライバルとしては、カローラスポーツのGASとHYBRID、そしてMAZDA3ディーゼルをとりあげた。

 Aクラス(ハッチバック)のパワートレインだが、通常モデルには1.3リッターターボ、メインモデルには2リッターターボディーゼル、そしてスポーツモデルのAMGモデルには2リッターターボに加え、同排気量でハイアウトプット仕様をラインアップしている。それぞれのWLTCモード燃費は下記の通りだ。

趣味性が高いスポーツモデルのA35、A45は、高速走行では14km/Lとまずまずだが、決して褒められる燃費ではない エンジンのパワーやフィーリングを重視するユーザー向けモデルとして割り切っている

 このなかで特徴的なのは、ディーゼルモデルA200dの燃費の良さだ。WLTCモード総合で19.2km/Lは、MAZDA3と比べてもまずまずで、市街地ではMAZDA3に及んでいないが、高速モードでは、MAZDA3よりも優れている。

 実際に、両車に乗った印象でも、Aクラスは街中発進時のキビキビしたレスポンスよりも、高速走行での巡行走行に長けたエンジンの印象を受けた。

 そして、その特徴は、ベーシックモデルA180(1.3リッターターボ)にも共通する。カローラスポーツGASと比べ、WLTC総合燃費はほぼ互角だが、市街地での燃費は苦手だ。

 しかし、このクラスでは電動車のないメルセデスに、国産ハイブリッド車を比較してしまうと、まったくお話にならない。欧州の厳しい燃費規制において、電動化も待ったなしの状況には変わりないメルセデスが、Cセグメントのニューカーをいつどのような形で作ってくるのか、今後の戦略が楽しみなところだ。

■Cクラス:ディーゼルターボの良燃費が際立つ

ハイクラスエントリーグレードのCクラス。バリエーションの豊富さはAクラス以上だ

 エントリー高級メルセデスのCクラス。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレと、Aクラス以上にバリエーションが多い。だが搭載されるエンジンのラインアップは、共通しており、以下の表のように、5パターン程度に分けられる。

レクサスのハイブリッドの強さは目立つが、ディーゼルターボのC220dの燃費も侮れない

 現時点でのベースモデルは1.5リッター4気筒ガソリンターボエンジンのC180だが、これは次第に、48Vハイブリッドシステムを搭載したC200へと置き換えらえるだろう。

 通常のスターター・オルタネーターに48V電気システムを組み合わせ、発進時のトルクをモーターで発生させてくれるBSG(Belt-driven Starter Generator)というマイルドハイブリッドシステムにより、ターボラグをカバーし、発進時は力強くスムーズになる。

 回生充電もしてくれるので、燃費も良くなるといった効能もある。C200とC180 を比較したとき、WLTCモード燃費の上では、12.7km/Lが13.6km/Lへと約7%の改善代があるが、高速モードでは両者の差はほぼなく、フルハイブリッドのレクサスIS 300hの燃費18.0km/Lには、遠く及ばない。

 しかし、Aクラス同様、ディーゼルターボに関しては、優秀な燃費だ。高速シーンであれば、19.2km/Lの低燃費であり、IS300hも真っ青のレベル。1600~2800rpmの間で400Nm(40.8kgfm)ものトルクがあり、どこからでも悠々と加速をして進む様子は実に頼もしい。

AクラスもCクラスもディーゼルターボの燃費は優秀だ

 このディーゼルエンジン(OM654)は、ディーゼル特有のノイズを許容できれば、現時点でCクラスのベストバイグレードといえる。

 このOM654というディーゼルエンジンは、2018年10月のビッグマイナーチェンジで更新されたもので、ノイズは前型OM651の「ガラガラ」という音から、「ジャラジャラ」という音に若干改善してはいるが、ガソリンの滑らかなフィーリングを期待すると、ひっくり返るレベル。それくらいノイズはやかましい。

 筆者は、ビックマイナーチェンジ前のC220dに乗っているが、冷間スタート時は、なかなか激しいガラガラサウンドを響かせる。ただ、エンジンが温まった高速走行中には、エンジンの存在感が消えていくのは面白い。

 しかし、これを凌駕しているのが、マツダ6の2.2Lディーゼルだ。しかも、半額ほどの価格。マツダ6のディーゼル6MTに乗ったことがあるが、トルクフルでとても扱いやすく、実燃費もめちゃくちゃよかった。マツダ6は、もっと評価されていい。

 ハイパワーグレードのC43 4MATICエンジンは、最高出力390ps/最大トルク520Nmの3リッターV6ツインターボ(390ps/6100rpm、520Nm/2500〜5000rpm)だ。

 WLTC総合燃費は9.7km/Lと、えらいことになっているが、これは、スカイライン400Rの3リッターV6ツインターボ、最大出力405psと同じくらいの燃費。C43の燃費は、現存する3リッターターボ車のレベルとしては、妥当といえるのかもしれない。

次ページは : ■Sクラス:S400dの良燃費は、LS500hでさえ及ばない

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ