日産が抱えるラインナップ問題! 日本を見捨てたマーチ、マーチを見捨てた日本人

日産が抱えるラインナップ問題! 日本を見捨てたマーチ、マーチを見捨てた日本人

 日産『新型ノート』がe-POWER専売になったことで、ノートのガソリン車を購入したい人にディーラーからおススメされるのは『マーチ』だという。

 しかし、現在もマーチは売り上げが伸びておらず、SNSなどインターネット上の反応を見ても、「ノートの代わりをマーチが担うことは難しい」といった否定的な意見が多くを占めている。

 マーチはなぜ売れないのか? 海外では『マイクラ』として売っていて、デザインがカッコいいと評判なのに、日本向けはいつまでも不評なデザインを引っ張るからなのか? それとも別の理由があるのか?

 今回は、かつてはコンパクトカーカテゴリーで人気を博したものの、急激に失速することになった『マーチ』が抱える問題について考察していく。

文/渡辺陽一郎
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】日本人に愛された歴代『マーチ』と日産コンパクトカーの世界戦略車を写真でチェック!!


■ノートのガソリン仕様の代役は「マーチ」? 日産の思惑とは違う厳しい実情

 2020年11月に発表された日産『新型ノート』は、ハイブリッドのe-POWERのみを搭載して、ノーマルエンジン車の用意はない。理由を開発者に尋ねると、以下のように返答された。

 「先代ノートでは75%前後をe-POWERが占めた。また新型は内装の質を向上させており、同じインパネを低価格のノーマルエンジン車には採用できない。2種類を造り分ける必要も生じるから、新型ノートはe-POWERに限定した」

すべり出しは絶好調の『新型ノート』e-POWER。発売後約1カ月で月間販売目標の2.5倍となる2万台を突破した

 先代ノートは確かにe-POWER比率が高かったが、25%前後はノーマルエンジン車が売れていた。その売れ筋グレードの価格は150~160万円であった。一方、e-POWERのみを搭載する新型ノートの価格は、販売構成比が84%に達する「X」で218万6800円だ。ノーマルエンジンを搭載する先代ノートに比べて約60万円高い。

 しかも、運転支援機能のプロパイロットを含んだセットオプション(42万200円)、LEDヘッドランプを含んだセットオプション(9万9000円)を両方とも加えると、合計額は270万6000円に達する。

 ここまで新型ノートの価格が高まると、購入予算を200万円以内に抑えたいユーザーは困るだろう。特に法人の場合、社内規定で購入する車両の価格などが決められている場合も多い。どのように対応しているのか販売店に尋ねた。

 「日産のコンパクトカーには、ノートのほかに『マーチ』も選べる。以前のマーチはインテリジェントエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)などが用意されず、購入しにくかったが、(2020年7月の)マイナーチェンジで安全装備を幅広く充実させた」

 マーチ以外の車種はどうか?

 「先代ノートから『デイズ』や『デイズルークス』に乗り替えるお客様も多い。軽自動車だが、天井の高いルークスの車内は、先代ノートよりも広い。安全装備は新型ノートと同様に先進的だ。価格はルークスの場合でも先代ノートと同程度だから、乗り替えにも適する」

2020年度の販売台数は2車種合わせて14万4000台に上る『デイズ』と『ルークス』。日産の総販売台数が46万8千台なのでその人気ぶりがわかる

 マーチが安全装備を充実させたのは2020年7月だから、改良がユーザーから評価されたなら、翌月以降は前年に比べて売れ行きを増やす。しかし実際は、マーチの売れ行きは伸び悩む。2020年10月以降の国内販売は、コロナ禍の影響を脱して対前年比が増加に転じたが、マーチの1カ月当たりの登録台数は400~800台だ。前年に比べると110~120%で若干増えたが、コンパクトカーとしては少ない。

 ちなみに2021年1月には、2020年末から納車を開始した新型ノートが約7500台、トヨタ『ヤリス』は『ヤリスクロス』の台数を除いても約9200台、ホンダ『フィット』も約5900台を登録した。マーチの売れ行きは、新型ノートやヤリスの10%前後だ。

■マーチはなぜ売れない!? すべてが後手に回った不振のワケ

 現行マーチが売れない一番の理由は商品力だ。発売直後から、外観や内装のデザインと質感、乗り心地、安定性、操舵感、エンジンノイズなどが不評だった。

 従って売れ行きも2010年の発売直後から伸び悩んだ。

現行4代目マーチは2010年7月に発売された。10年前の設計では古さを感じてしまう、趣向は違うが走りに特化したNISMOバーションであればまだまだ売れそうだが……

 2011年は東日本大震災が発生したので、2012年の登録台数を見ると、1カ月平均で約3300台だ。当時のトヨタ『パッソ』、マツダ『デミオ』、スズキ『スイフト』、日産『キューブ』などを下まわった。2015年になると1カ月平均の登録台数は約1300台に下がり、2019年は約780台、2020年は約480台と低迷した。

 必要な改良を施さなかったことも、売れ行きを落とした要因だ。特に衝突被害軽減ブレーキは、2012年頃から軽自動車にも採用が開始され、2016年頃には、低価格車を含めて大半の売れ筋車種が装着していた。先代ノートも、2013年には単眼カメラを使った歩行者を検知可能な衝突被害軽減ブレーキを採用している。

 ところが、マーチは衝突被害軽減ブレーキを採用せず、前述のとおり2020年7月のマイナーチェンジでようやく装着した。これでは売れ行きが伸びなくて当然だ。つまりマーチの販売低迷は今に始まった話ではなく、発売直後からその傾向が見られた。加えて衝突被害軽減ブレーキの不備などを放置したことで、毎年売れ行きを下げていった。

 先代ノートは前述のとおり2013年に衝突被害軽減ブレーキを採用して、2014年には1カ月平均で約9000台を登録する人気車になった。2016年にe-POWERを加えると売れ行きをさらに伸ばし、2017年には1カ月平均で約1万1600台、2018年には約1万1400台、2019年には約9900台と好調に売れた。2018年には小型/普通車の登録台数ナンバーワンになっている。マーチとはケタが違う。

 先代ノートがここまで好調に売れたのはe-POWERの効果だが、商品力が低く安全装備の充実しないマーチの顧客を引き寄せた結果でもあった。いい換えれば先代ノートの好調には、マーチの販売不振もプラスの効果を与えていた。

 直列3気筒1.2Lノーマルエンジンを搭載する先代ノートとマーチを並べられたら、大半のユーザーは先代ノートを選んだだろう。同程度の装備を採用したグレード同士で比べると、価格は先代ノートが15万円ほど高かったが、内装の造り、乗り心地、安定性、後席の足元空間などで勝っていたからだ。

 この実力の違いを考えると、新型ノートでノーマルエンジン搭載車を選べないから、ユーザーがマーチを買うことは考えにくい。販売店が指摘したとおり、先代ノートから乗り替えるならデイズやルークスだろう。

 マーチは2020年7月に衝突被害軽減ブレーキを追加したが、デイズやルークスでは、2台先を走る車両も検知して早期にドライバーへ警報を発する。つまり安全装備は今でもデイズやルークスが優れているから、マーチは進化したものの、依然として魅力が乏しい。

現行マーチに採用されたインテリジェント エマージェンシーブレーキ。クルマだけでなく、人との衝突回避もアシストする

 以上のように、もはやデザイン、車内の広さ、乗り心地といった限定的な話ではなく、さまざまな分野でマーチは新旧のノート、デイズ、ルークスに負けている。しかもマーチの粗い造りは、販売店の試乗車で街中を少し走った程度でも、スグにわかってしまう。いわば日常的な欠点だ。ユーザーが難色を示した時、セールスマンがデイズやルークスを推奨すれば、それを選ぶだろう。これらの軽自動車の販売は堅調だ。

次ページは : ■なぜマイクラの日本導入はない!? 海外市場も含めた日産に求められる変化