ホンダSUVのエースが大激変! 新型ヴェゼル世界初公開!! 販売No.1奪回なるか

 ついにホンダ製コンパクトSUVの要、「2代目ヴェゼル」の姿が明らかになった!! 

 ホンダは、2021年4月に発表予定の新型ヴェゼルを、オンラインにて世界初公開した。全面刷新したエクステリア、インテリアのデザインをお披露目したほか、主要装備や新採用したアイテム、新たなグレードなども発表。

 ヴェゼルはこの新型で、かつて得た「国産SUV販売台数No.1」の称号を取り戻すことを目指す。

 本稿では、メディア向けの実車撮影会で目の当たりにして感じた新型ヴェゼルの魅力と可能性を、お伝えしたい。

文/吉川賢一 写真/奥隅圭之

【画像ギャラリー】未掲載写真含む29点! 王者奪還を目指す新型2代目ヴェゼルをみる


新型ヴェゼルはクーペライクなSUVへと進化!!

2021年4月に発売予定の新型ヴェゼルが世界初公開。オデッセイなどにも採用される6角形グリルを採用

 今回はデザインのみのお披露目であり、詳細なスペックデータは未公表。そのため、ボディサイズなどの詳細は不明のままだが、従来型とほぼ同等のサイズで、全高はやや低めているそうだ。

 大きく変わったのがフロント、およびサイドからのシルエット。フロントは、初代ヴェゼルのなだらかに傾斜するフェイスから、切り立ったフロントノーズへと変わり、薄目で存在感のあるヘッドラライト、ボディと同色のグリルなど、旧型ヴェゼルとは明らかにコンセプトを変更してきた。

 6角形グリルは、インサイトやマイチェン後のオデッセイと同コンセプトであり、新しいホンダデザインの共通アイコンとしているようだ。

新型は、よりクーペルックで清潔感のあるデザインに。従来型(全長4330mm×全幅1770mm×全高1605mm)よりも、全長が伸びているように感じる

 サイドシルエットは、フロントフェンダーからテールランプまでつながるラインによって、清潔感のあるデザインとなっている。

 また、ルーフ後端から大胆にカットし、大きく寝かせたバックドアによって、トヨタハリアーやマツダ MX-30のようなクーペライクなSUVへと大変身させてきた。

 全長はほぼ変更していないそうだが、伸びているように見えるデザインだ。足回りは、225/50R18サイズのミシュランプライマシー4が標準タイヤ。これは、現行ヴェゼルツーリングが装着していたタイヤだという。

左右連結タイプのテールランプを採用し、純正装着タイヤは225/50R18サイズのミシュランプライマシー4を採用

 リアは、左右連結タイプのテールランプが特徴的。そのテールランプは、小さなチップが集まったような模様を織り込んだデザインが新鮮だ。

 開口部も大きく、現行ヴェゼルの広大な荷室(この手のSUVではナンバー1の広さだと思う)は、維持している。なお、テールゲートには予約クローズ機能付のパワーテールゲートを採用したそうだ。

現行の魅力はそのままに、さらに昇華したインテリア

新型ヴェゼルの車内は、欧州車のような雰囲気を醸し出しつつ、シフトレバー、ナビゲーションを使いやすいようにしている

 インテリアは、部分的なソフトパッド化されたインパネやダッシュボードの質感が増し、ワンランク上のクルマのクオリティを感じさせる。

 ステアリングホイールやメーターデザインも、一時期のホンダのインテリアに多かった青々としたド派手なものから脱皮して、欧州車のような雰囲気だ。9インチのナビゲーションモニターも、もっとも見やすい位置に鎮座しており、操作も非常にしやすい。

 フロントシートは、サイドのサポートはそれほど張り出してはいないが、座り心地の良い素材で、身体を支えてくれるタイプだ。小柄な身体の方でも、やさしくホールドをしてくれるだろう。ワンポイントの「AMPマーク」も、遊び心があって面白い。

前方席、後席ともシートの座り心地はよく、居住性が良い。さらに後席のシートを収納することでラゲッジスペースが広がり、フィット譲りの積載性をもつ

 後席シートは、居住性が素晴らしい。膝前スペースが広く、頭上にも余裕があり、現行ヴェゼルの良さが残されている。後席シートを折りたたんだ時に、足元に倒れ込み、荷室が完全にフラット(しかも床面の高さが非常に低い!!)になる機構は、相変わらずお見事だ。

 このホンダのパッケージングの巧みさは世界一だと思う。これを目的に購入しても良いくらい、優れている。

パワートレインは、1.5Lガソリンと、e:HEVの2本立て、ターボは廃止に

新型ヴェゼルのパワートレーンには従来型と同様の1.5Lガソリンエンジンと新たに2モーター式となった「e:HEV」を用意

 パワートレインは、現行ヴェゼルにもある、排気量1.5L DOHC i-VTEC+CVTのガソリンエンジンと、2モーターハイブリッドシステムの「e:HEV」を用意。

 グレード構成は、ガソリン「G」(2WD/4WD)、「e:HEV X」(2WD/4WD)、「e:HEV Z」(2WD/4WD)、そして最上級の「e:HEV PLaY」(2WDのみ)の7グレードだ。

 日産が企業戦略的にノートやキックスを電動モデル(e-POWER)のみに絞ったのに対し、ホンダはガソリンモデルを残してきた。現行ヴェゼルにあるVTECターボエンジンは現時点では廃止となっている。

 また4WDモデルは、4輪へ最適な駆動力配分を行う、リアルタイムAWDというシステムを採用した。開発担当者は、「この4WDの出来が非常に良くできた」と自信を見せていた。今後の試乗が楽しみだ。

 コネクティッド機能も新世代に進化、「HONDA Total Care プレミアム」として登場した。いくつかの機能があるが、我々がお世話になる頻度が高いのは、自動地図更新サービス、車内Wi-Fi、緊急サポートセンター、といったところだろう。ただし、有料のサブスクリプションになるという。

 スマホをキー代わりにできるというHondaデジタルキー機能(量産車初)は、なぜか通常のキーも持っている必要があり、スマホひとつですべてが済む「未来の世界になった」ということではないそうだ。

 また、もともとクオリティの高かったホンダ先進支援技術も、新型ではぬかりなくアップデートされている。後方誤発進抑制機能、近距離衝突軽減ブレーキ、渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール、オートハイビームを新採用。

 そのほか、駐車時に俯瞰でみることができるマルチビューカメラシステムや、ブラインドスポットインフォメーションも新たに搭載。

 もちろん、LKAS(レーンキープアシストシステム)や衝突軽減ブレーキ、歩行者事故低減ステアリングなど、HONDA SENSINGも進化している。

国内爆進中のトヨタSUVを止められるのか!?

2020年SUV販売No.1に輝いたトヨタ ライズ

 ヴェゼルは、2014~2016年、そして2019年のSUVカテゴリにおける新車販売台数ランキング(暦年)で、4度の1位を獲得している人気モデルだ。

 昨年2020年も、1位のトヨタ ライズ(12万6038台)、ハリアー(6万6067台)、RAV4(5万4848台)、C-HR(3万3676台)に続く、5位(3万2931台)にランクイン、すでに8年目に突入したモデルとしては、大健闘している。

 それゆえ、ヴェゼルは今回の新型で、トヨタSUV勢の勢いを止められるか、注目が集まっている。

 売れに売れていた2014年に初代ヴェゼルを購入したお客様は今年が7年目、2016年は5年目と、車検タイミング、つまり買い替えのタイミングと重なる。新型ヴェゼルは、クルマとして充分に魅力あるモデルに仕上がっている。

 あとは、マーケティングだ。売り方、魅せ方、SNSの活用など、インパクトのある仕掛けをどう仕込んでいくのかも、重要なところだ。アッと驚く方法で国内デビューを飾っていただきたいと思う。

【画像ギャラリー】未掲載写真含む29点! 王者奪還を目指す新型2代目ヴェゼルをみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ