自動運転技術での「日本」の現在地 【自律自動運転の未来 第1回】


 世界中で進められている自動運転技術の開発は2021年を境に状況が一変、実用化に向けた段階へと本格的に突入します。これを受け、ベストカーWebにおいて短期集中連載「シリーズ 自律自動運転の未来」を掲載いただくことになりました。

 シリーズ前段では、先進技術技術が自動運転技術へと昇華されてきた経緯を改めて整理し、実装されていく自動化技術についての解説を行います。中盤では、実社会で自動運転技術を運用するにあたり法律上の課題や免許制度、さらには保険制度との関係を整理します。

 その過程で、数年前から盛んに聞かれていたGoogleやApple、UberといったIT企業による自動運転車両の開発はどうなったのか、現状はどうなのか、という点もご紹介します。

 また、運転操作の楽しみはいかにして残せるのか、社会的受容性はどのように高めていくのかなど、我々の生活と自動運転技術の関係性を結びに代えていく予定です。

 加えて、乗用車以外の乗り物、具体的には小型~大型トラック・バスなどの商用車、そして二輪車(モーターサイクル)への実装が進む自動運転技術についても、交通コメンテーターである筆者自身の試乗レポートを交えてご紹介します。

文/西村直人(交通コメンテーター) 写真/HONDA、Adobe Stock

【画像ギャラリー】自律自動運転はどこまで進んでいるのか、日本はどの位置にいるのかを画像で見る

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ