消えゆくミニバンの定番装備!? フルフラット&回転対座シートはなぜ廃れたのか


■高まる安全への関心や“座り心地”重視の流れも影響

写真は現行型セレナの2列目シート。このようにキャプテンシート採用車が増えたこともフルフラットシート機構が減った一因に

 フルフラットシートも同様で、開発者のコメントにあったとおり、全席フルフラットを可能にするには、座面や背もたれを短くしなければならない。

 そして、シートとして乗員の体をしっかり支えられる形状にすると、フルフラットにした時には、表面に大きなデコボコができてしまう。シートの機能とベッドの寝心地は比例せず、どちらを取るかを迫られる。

 今のミニバンでは、2列目にセパレートシートを採用する車種が増えた。このタイプでは、2列目の中央部分が抜けるから、フルフラットにしても寝心地が悪い。むしろ2列目に足を支えるオットマンを装着して、これを持ち上げて、背もたれもリクライニングさせた方が快適だ。

 子供のいる世帯では、チャイルドシートが普及した。ミニバンの2列目にチャイルドシートを装着すると、フルフラットシートのアレンジが可能でも、使用頻度は大幅に下がる。チャイルドシートを脱着する必要が生じるからだ。

 昔は後席のフルフラットシートに子供を寝かせながら走っているワンボックスワゴンやミニバンを見かけたが、衝突時や急ブレーキ時の安全確保を考えると、きわめて危険な使い方だ。このようなユーザーが減ったことも、フルフラットシートのニーズが下がった理由だろう。

 ステップワゴンのホームページを見ても、フルフラットシートの写真は掲載されているが、シートの上に長い荷物を載せている。寝転んでいるような写真は掲載されていない。もちろん駐車中なら寝ていても問題はないが、誤解を招く可能性も皆無ではない。

 結局のところシートでは、疲れにくい快適な座り心地が重視される。今は疲労の防止を含めた安全意識の向上もあり、フルフラットシートや回転対座シートは人気を下げた。当然の成り行きだ。

実用性の高いミニバンは自転車などを搭載できる積載性を売りにしているモデルも多い。更なる安全性の向上も課題のひとつだろう

 それでも安全意識の課題は残る。カタログやウェブサイトに、後席を畳んで自転車を積んだ写真を掲載する車種は少なくない。

 その開発者に「自転車を積んだ状態で衝突安全試験(あるいはシミュレーション)を行い、乗員への加害性を確認しているのか」と尋ねると、知っている限りではすべて「そのような試験は行っていない」と返答された。

 「自転車などを確実に固定できるフックをディーラーオプションで用意しているのか」という問い掛けにも、用意していると返答された車種は少ない。

 「ディーラーオプションで用意すると、安全性を確認する必要も生じて、用品の価格が高まる。だから敢えて用意していない」という返答もあった。

 関心の高い衝突被害軽減ブレーキは進化したが、置き去りにされた安全性もある。シートアレンジを利用して荷物を積んだりする時は、「この状態で交通事故に遭遇したらどうなるか」ということを常に考えていただきたい。

【画像ギャラリー】車内に出現する広大な空間!! 減りゆくフルフラット&回転対座シート