加速する電動化! でも一般ユーザーの不安はトラブルがあった時のこと EVトラブルどう対処!?


 日本のみならず、海外メーカーからぞくぞくとEVが発表さているが、価格的な問題以外にも、航続距離が短く電欠の不安が付きまとうのは嫌だ……という声が多い。

 EVでトラブルが起きた時はどのような対応がとられるのか? もし立ち往生(雪や地震などで)したらどう対応するべきなのか? ゲリラ豪雨で水没したらEVに触ってはダメというのは本当か? など、これから来る電動化社会のトラブルへの対応を一挙にまとめてみた。ぜひご一読いただきたい。

文/高根英幸
写真/NISSAN、JAF、Adobe Stock

【画像ギャラリー】ヨーロッパでシェア拡大中のEVたちを写真でチェック!!


■EVは今購入してもいいクルマなのか?

 米国や中国だけでなく、このところ欧州でもEV車の販売比率が高まっているが、それとともにEV車ならではのトラブルも増えている。

 バッテリーの電欠による立ち往生くらいなら、オーナーの計算ミスなどが原因であった場合もあり、後日笑える話として扱えなくもないが、降雪時など極寒状態の中であれば、生死に関わることもあり得る。日本でも日本海側の大雪など、今冬は特に気象条件の悪さがあってEVの利便性、信頼性は大いに気になるところだ。

 日本市場でもEVがぞくぞく発売されて、ラインナップが充実しつつあるが、EVは今購入してもいいクルマなのか、クルマを購入しようと思っている人であれば、悩むことも少なくないだろう。

 クルマの航続距離や充電ステーションの整備状況なども大いに影響しているが、最終的にはドライバーの性格によって向き不向きがあるのも事実。つまり使う環境によってもEVの向き不向きはあるが、(あくまでも現時点ではだが)EVに向いているドライバーと向いていないドライバーが存在するのだ。

充電スポットは、カーディーラーやスーパー、コインパーキングなどに設置されている。しかし、設置数が少なく充電に時間がかかるので要注意(e185rpm@Adobe Stock)

 早い話、これまでガス欠でロードサービスを要請した経験のあるドライバーは、EVを選ぶのはヤメたほうがいいだろう。歩いてガソリンスタンドへ向かい、携行缶などを貸してもらってクルマに給油できた時代(それくらいガソリンスタンドがあちこちにあった)なら、どうにかなっても、今や高速道路では200キロ以上給油できないエリアが存在するような状態である。

 そこで自車の航続可能距離や給油のタイミングがコントロールできないドライバーにはEVはストレスの溜まる、それでいて電欠のリスクが高い乗り物となるからだ。

 一方、日頃からクルマのコンディションにある程度注意を払い、長距離ドライブの際には事前に頭中でルートを想定して休憩や給油などのペース配分を考えられるような人はEVでも安心して利用することができるだろう。

 たとえ行き当たりばったりのドライブでも、給油のタイミングを逃さないドライバーもいる。そうした適応力や判断力に優れた人であれば、レンタカーでもカーシェアリングでも対応できるのではないだろうか。最近はガソリンスタンドもずいぶん減って、ガス欠の可能性も高まってはいるが、まだまだハイブリッドや純エンジン車のほうが、気兼ねなしに乗り回せるクルマであるのは間違いない。

 それでも自宅で深夜に充電できて、行動半径が限られるような使い方であればEVは給油の必要がなく、万が一の停電の際にはクルマから家屋に給電して電力を使うこともできる。自分がクルマを使う環境、目的を明確にできる人であれば、そのEVが自分の使い方にマッチしているか判断できるだろう。

■電欠はロードサービスを呼ぶしかないが……

 EVが電欠になった場合の対応は現在のところどうなっているのか、気になる人も多いだろう。実は10年前にJAFは日産と共同で、給電機能が搭載されたロードサービスカーを製作し、EVの電欠に対して駆け付けて充電するという実証実験を行ったことがある。その実験は終了しているが、その後どうなっているのだろうか。

日産「アトラス」をベースに開発されたEV用充電器付きロードサービスカーは、JAF神奈川支部に配備され実証実験が行われた

 結論から言うと、給電機能付きのロードサービスカーは現在は使われていない。というのも、この10年の間に充電ステーションの整備が進んだこともあって、通常のロードサービスカーで充電ステーションまで牽引していくことで対応できるようになったからだ。

JAF会員ならば15kmまで無料でけん引してもらえる。ほかにも富士スピードウェイの入場料の割引などはちょっとうれしい(xiaosan@Adobe Stock)

 つまり、もし電欠になってしまった場合、ロードサービスを要請してサービスカーが到着し、最寄りの急速充電ステーションまで牽引していってもらい、そこで充電することになる。そうなると電欠になった場合、走行可能な状態に復活するまでには2~3時間は要するとみておいたほうがいいだろう。それくらい時間に余裕があれば問題ないが、仕事の足に使う場合はそこまでゆったりと待つ余裕はないハズだ。

 このところ急速にEVに注目が集まっているが、JAF広報室によればJAFでは給電車などを新たに配置するようなことは検討していないようだ。今後、EVの販売比率が高まってくれば、いずれは給電機能付きのロードサービスカーが導入されるかもしれないが、現時点ではその予定も計画もなさそうだ。

 また給電車の製作などを行なっている企業、京都のモビリティープラスにも話を聞いてみたが、以前から給電車を商品として用意しているが、まだ納入した実績はほとんどないようだ。給電車の需要はもっぱら北海道など厳寒の地や山奥でEVの開発テストなどを行なうメーカーが、近くに充電ステーションがないことからレンタルで給電車を利用している、というものらしい。

 バッテリーの充電残量はあっても、大雪などでスタックしてしまい立ち往生してしまった場合、どうするか。単独であればロードサービスによる救援を要請することになるし、高速道路などで多数のクルマが立ち往生している状態であれば、周囲のクルマと一緒に道路公団のパトロールカーなどのサポートを受けることになる。

 どちらにせよ、その場で充電することはできないので、電欠になってしまったら牽引して充電ステーションまで運ばれることになる。それだけならまだいいが、救援を待つ間に電欠になってしまうと暖房も使えなくなってしまう。低体温症などになってしまう危険性もあるので、もし立ち往生したら早めに救援などの行動を起こすべきだし、寒冷地にEVで行く際には、毛布などの防寒グッズを忘れずに積み込むことだ。

次ページは : ■ゲリラ豪雨や台風などの大雨時も大丈夫?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ