長く乗る人はやはり気になる! クルマはどれだけ走ると壊れる?


 クルマの使用年数はどんどん長くなっている。それに旧車ファンもたくさんいる。また、昨年はコロナ禍でいままでマイカーを持たなかった人が、数年落ちの低価格な中古車を購入するケースが多くあったという。

 いろんな事情で年数が経って長く走っているクルマのユーザーは多いわけだが、そこで気になるのは「クルマってどれだけ走ると壊れてしまうの?」ということだろう。

 クルマはどの部分がおおよそ何年、何万kmほどで壊れてしまうものなのか? その耐久性について、整備士の資格を持つ鈴木伸一氏に解説してもらった。

文/鈴木伸一
写真/Adobe Stock(Success Media@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】「10年10万km」はもう過去の話! クルマ部品の耐久性は劇的に向上!!


■消耗パーツを交換していれば今のクルマは壊れない

オイルや消耗品の交換をすれば、最近のクルマはほとんど壊れなくなった(kelly marken@Adobe Stock)

 近年、クルマの使用期間が長くなっており、コロナ禍で低価格の中古車を購入する人も増えている。が、クルマはあくまで機械物。何の手入れもせずに走らせ続ければ、いずれ壊れて動かなくなるので注意が必要だ。

 ただし、その壊れ具合、メンテナンスフリー化が進んだ今のクルマと昔とでは、歴然とした差がある。今のクルマはとにかく壊れない。新車で初期不良に見舞われることなく1年経過したなら、その後は車検1~2回、それこそ何もすることなく通ってしまうのだ。

 そして、エンジンオイルをはじめとした油脂類、摩耗することで機能するタイヤやブレーキパッド、そして使用していれば詰まりを生じるエアフィルター、オイルフィルターといった消耗パーツ類をきっちり交換していれば10万㎞は余裕。20万㎞も夢ではなくなってきている。

■平成初期までのクルマは寿命が短いパーツがあった

昭和や平成初期のクルマに比べると最近のクルマは壊れなくなった

 とはいえ、一般ユーザーにとって10万kmはやはり敷居が高いと思われる。

 昭和モデルが現役で走り回っていた1900年代後半(平成初期)、「10年10万km」がトレンドとなった。当時のクルマは5万~6万km走るとガタが出始め、「10年10万km」を超えて使用するとなるとかなり気合いを入れる必要があったからで、いかに乗り越えて長持ちさせるか。それがクルマ好きの間でブームとなったのだ。

 ちなみに、その当時からタクシーの寿命は40万~50万kmといわれており、クルマの入れ替え時はもっとも頑丈な「デフレンシャルギヤ」が壊れた時といわれていた。つまり、クルマ本来の寿命はかなりあったのだ。

 しかし、長持ちさせるためには細やかな手入れが欠かせなかったわけで、メンテナンスフリー化が進んだ今と昔のクルマとでは各部に使われているパーツや素材の耐久性が格段に異なる。昭和から平成初期にかけてのモデルには数年もしくは数万kmが寿命とされるパーツが多々使われていたのだ。

次ページは : ■コックドベルト時代は10万km持たなかったが……

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ