気づけば去っていた愛すべきクルマたちの事情と長所 6選


■トヨタラッシュ/ダイハツビーゴ 2006〜2016年

ダイハツラッシュ
トヨタラッシュ

 地味ながら、生活SUVとして復活の声が高いのが、ラッシュ/ビーゴだ。サイズは全長3995×全幅1695×全高1690mmとコンパクト。

 一見「なんちゃってSUV」に見えるが、実はかなり本格派。ビルトインラダーフレームのシャシー、FRベースのセンターデフロック付きフルタイム4WD、悪路走破性を考慮した前後アングルと最低地上高200mm(4WD車)、5速MT(4WD車)、LSD(4WD車)の設定など、ダイハツの小型4WD車開発の歴史が生んだ真面目なオフローダーの一面も持っていた。

 ライバルといえるジムニーシエラはあくまで軽自動車がベースだが、こちらは専用ボディの普通車でエンジンも1.5Lを搭載。小さくとも十分なパワーと快適な居住スペースも確保していたのも魅力だった。

 2006年の発売から10年のロングライフを全うし、残念ながら国内からダイハツのタフな乗用四駆は消滅した。

 しかし、その魂は、海外戦略車である3代目テリオスに受け継がれ、今後も新興国で活躍していく。いや、このプラットフォームがあるなら、SUV人気の今、日本復活も有りだと思うのだが。

 一説によれば新型車の開発は進んでいるという。復活を期待したい。

■日産ラティオ 2012〜2016年

日産ラティオ
日産ラティオ

 サニーの後を埋めるべく、上品さを備えたコンパクトカー、ティーダのセダン版として生まれたティーダラティオは覚えていたが、セダンのみとなったラティオの存在は、正直、この原稿に手を付けるまですっかり忘れていた。

 思い出したのは発表時のことで、第一印象は「地味なビジネスカー」だったことも告白したい。

 よく言えばコンサバなクルマなのだが、その背景には、現行型マーチ同様に、新興国を含めたエントリーセダンの役割を担ったこともある。

 名前と仕様は違えど、アジアを始め、インド、ブラジル、アメリカなど幅広い地域で展開される、まさに日産の顔のひとつ。残念ながら、日本では消滅となったが、他国では現役バリバリなのだ。

 ベーシックセダンとしては作り込まれており、一つ上のクラス並みの車内空間とゴルフバック4つを収納の出来るトランクを確保していた。キャラは薄かったものの、実に真面目なクルマだった。

次ページは : ■日産ムラーノ 2004〜2015年

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ